So-net無料ブログ作成
山梨県 ブログトップ

石和温泉へ行ってきました 15 ちょいっと土産の話 [山梨県]

ちょいっとだけ土産を買いましたので ちょいっとだけ御紹介 (^o^)丿

購入したのは三点ほど
P4195077.JPG

甲府に来たら 桔梗庵の信玄餅は外せませんね!

中身の一つ一つは こんな感じになっております
P4195080.JPG

楊枝は入っていますので 黒蜜を掛けて頂きます
P4195082.JPG

昭和43年から続く 甲府の定番土産

なのですが 食べている最中「きな粉」が散らばりますので
P4195083.JPG

帰りの電車や車の中では 食べない方が賢明です (◎o◎)b

で 土産店で土産類を眺めていると

メッチャ美味しそうなのが 鮑の煮貝なのですが これがまた高価!

なので あわび入り釜めし ミ(ノ_ _)ノ=3

小っちゃいながらも ちゃんと鮑が入っておりまして
P5035119.JPG

これが意外と美味でした

一番有名な「ほうとう」

いろいろなメーカーから いろいろな種類が売っているのですが

カレーほうとうをチョイス

箱の中は 麺とツユだけとシンプル
P5014703.JPG

豚肉と茸をたっぷり入れて煮込むこと数分
P5014704.JPG

最後に ツユ(カレーペースト)を投入し出来上がり \(~o~)/
P5014709.JPG

う~ん! 美味しい (^・^)
P5014712.JPG

でも ん? 辛っ (+o+)

辛いのが苦手な人や 子供には食べられないかも?

ってくらいの辛さです(私は大丈夫でしたが)

甲府

これ以外にも まだまだ美味しい土産が沢山ありますよ (^_^)/

nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

石和温泉へ行ってきました 14 甲府城をちょっとだけ そして帰宅 [山梨県]

駅から こんなに近い城は珍しいかもしれません
P4154879.JPG

甲府城(舞鶴城)
P4165047.JPG

残念ながら 中央線の開通で分断され
04map_1.jpg

都市化で濠等が埋められたりしましたが 中心的な石垣は立派に残っています

では 電車の時間まで1時間ほどですが 折角ですので少しだけ甲府城を (^_^)/

駅の南口を出て左に足を進めると 段差が付けられた重厚な石垣が見えてきます
P4165046.JPG

元々 武田家が支配していた時代は躑躅ヶ崎館が中心でした

武田家滅亡後は織田信長の領国となり
徳川家康が支配を始め その時から甲府城が造られ始めたとか
豊臣の時代になると徳川は江戸へ
そして羽柴秀勝の部下 加藤光泰らによって築城が始められ
浅野長政・幸長父子によって完成
関ケ原の戦い以降 また徳川の城となり 今の姿になった様です

んで 最短で天守跡に向かいたいので案内看板をジロリ ・・・(-_-)
P4165048.JPG

絵図や資料に基づき 平成16年に再建された稲荷曲輪御櫓を眺め (@ @)
P4165049.JPG

天守台に到着 (^o^)丿
P4165050.JPG

もちろん 登ります (◎o◎)b

本丸や
P4165053.JPG

稲荷廓等の眺めが良いだけで無く
P4165052.JPG

甲府市内と富士山が一望なのであります (^^ゞ
P4165051.JPG

あまり時間も無いですし 城下?にお袋を待たせてあるのでササッと下城

駅前の武田信玄像に別れを告げ
P4165044.JPG

ちなみに信玄とは法名で 本当は晴信なんだそう

帰りも「あずさ」にて 新宿駅へ戻りました

めでたしめでたし (^◇^)


それにしても

あと何回お袋と 旅行へ行ける事やら

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

石和温泉へ行ってきました 12 甲州夢小路 [山梨県]

今回の旅行 決めるきっかけになったのは数年前

上諏訪温泉に行った時 甲府駅停車中に見えた この建物
P4154876.JPG

モチロン 見たのは裏側(駅側)からですが ( ;∀;)

で ここは 甲州夢小路
P4154924.JPG
P4154922.JPG

コンセプトは
P4154914.JPG

小江戸情緒が息づく 明治 大正 昭和初期の甲府城下町を再現
P4154916.JPG

なんだとか

寛文年間(1661年~1673年)に設置され 明治初期に取り壊された

時の鐘も再現されています
P4154915.JPG

主に入っている店舗は 飲食店と土産店

P4154923.JPG

P4154917.JPG

P4154920 - コピー.JPGP4154921 - コピー.JPG

P4154919.JPG

他にも数店舗
P4154918.JPG

なんか小さい店ばかりで入り難く ちょっと期待外れ ???

気を取り直して 駅反対側の南口で昼御飯を (◎o◎)b

nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

石和温泉へ行ってきました 11 甲府駅北口 よっちゃばれ広場 [山梨県]

石和温泉駅から また甲府駅へと戻ります

所要時間は7~8分ほどでしょうか?

帰りの電車まで時間がありますので 駅近くを散歩してみます (^_^)/

まずは北口
P4154869.JPG

武田神社へ行くバス停の横に

P4154875.JPG

甲府城の石垣や
P4154870.JPG

武田信虎の像
P4154871.JPG

国重要文化財の 旧睦沢学校校舎があります
P4154872.JPG

そして ちょい先には甲府市歴史公園
P4154877.JPG

この門は 甲府城にあった山手渡櫓門を復元したもの
P4165038.JPG

裏手には 桜が奇麗に咲いていました
P4154925.JPG
P4165042.JPG

太白桜(たいはくざくら)という品種だそうです
P4165039.JPG

天気が良ければ

櫓門と 線路を挟んで向こう側にある甲府城天守台の合間に
P4165043.JPG

富士山が (*´з`)

中央本線で分断されてしまった甲府城
P4154879.JPG

もちろん見に行きますが その前にココを (^.^)/
P4154876.JPG

nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

石和温泉へ行ってきました 5 甲府駅から石和温泉駅へ [山梨県]

余裕をみて旅のプランを作った私

思っていた以上に武田神社に見所があり プラン通りに進んだので

思わず一人でドヤ顔 (`・∀・´)ノ

こんな顔しながら甲府駅に戻り 中央本線にて
P4154926.JPG

今宵の宿がある 石和温泉駅へ
P4165031.JPG
P4154927.JPG

ちなみに 駅ナカにあるのは(改札外)

この店舗だけ
P4154928.JPG

この石和温泉駅

今年の3月16日のダイヤ改正によって 「特急あずさ」が停車しなくなり

減便という事で 地元で物議をかもした駅なのであります w( ̄o ̄)w

でも 考えていた以上に立派で
P4154931.JPG

駅前には 足湯なんぞもあるのであります \(~o~)/
P4154930.JPG

足湯だけにとどまらず イオンまで (@_@;)
P4154929.JPG

(若干左上に 富士山の頭が見えていますが 分かります?)

んでもって この駅前通りを直進し
P4165030.JPG

横目に 残雪が残る山々を見ながら
P4165026.JPG

小トトロみたいな木の目の前に
P4165027.JPG

今宵の宿があるのであります ('◇')ゞ

nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

石和温泉へ行ってきました 4 武田神社 其の弐 [山梨県]

折角ですから 宝物殿も見学します (^_^)/
P4154898.JPG

残念ながら 写真撮影は禁止

全国の武田家関係者から 武田家所縁の遺宝を預かり展示しています

神社だけを見て帰る人も多いのですが

重要文化財を含む貴重な展示品もありますので 時間がある方は是非 (^^)/

宝物殿を過ぎると立派な土塁
P4154900.JPG

こちらが実は 館の正面
P4154901.JPG

大手門(大手口)となります
P4154909.JPG

かなりしっかりとした堀ですね
P4154903.JPG

そして 大手門の前には石垣
P4154905.JPG

ここは大手門史跡公園で 近年発掘調査が行われたそうで

この石垣は 徳川時代の遺構らしいのですが

武田時代に 大手門を守るために造られた遺構(土塁や堀)が確認されたとか

富士山も確認 (◎o◎)b
P4154904.JPG

んで この公園を散策していたら見えた物なんですが

なんだ! この石垣は (@_@)?
P4154908.JPG

これも 躑躅ヶ崎館の遺構かっ ( ;∀;)

登ってみたら 竜華池という貯水池(写真 取り忘れ ○o。.)でした (-_-;)

でも ここから遺構を一望できるのであります (''◇'')ゞ
P4154907.JPG

では

また甲府駅に戻り 石和温泉へ向かいます

nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

石和温泉へ行ってきました 3 武田神社 其の壱 [山梨県]

甲府駅北口 2番バス乗り場から約10分(もちろんバスで)

武田神社に到着です (^^)/
P4154880.JPG

武田家家紋 武田菱の提灯がびっしり \(~o~)/
P4154883.JPG

ここ武田神社 今でこそ神社なんですが

元々は信玄の父 武田信虎が永正6年(1519年)に築いた居館
P4154884.JPG
 

武田氏館とも云われます

なので神社の周りは しっかりと濠が巡っています
P4154882.JPG

もちろん ちゃんと御参りしていきます (^o^)丿
P4154886.JPG

あ! 手水場を見て気が付いた人 いませんよね (^^;)

家紋になっているんです!

そして 神社が創建されたのは大正8年(1919年)の事
P4154887.JPG

御祭神は
P4154888.JPG

武田信玄公です
P4154889.JPG

さて 拝殿横に こんな石がありまして
P4154891.JPG

「さざれ石」と解説板に書いてあり

国歌の君が代に関係あるのかと思ったら 小さな石が

一つの大きな岩の塊になった物を「さざれ石」と言うそうで
P4154892.JPG

なぁ~んだ (-ω-lll)

ちなみに本殿は囲われており 近づく事が出来ません
P4154894.JPG

拝殿の右側には 信玄公御使用井戸
P4154895.JPG

当時の生活を偲ばせる遺構らしいのですが 雨晒し (;´д`)
P4154896.JPG


長くなりましたが 武田神社は甲府市有数の観光地

なので

二話に分けたいと思います(ネタ延ばし ^m^)

nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

石和温泉へ行ってきました 2 甲府駅から武田神社へ [山梨県]

あずさ13号は 定刻に甲府駅に到着 (^^)/

電車を降りて 何気に見えたものがありまして

かふふ来の鐘
P4165032.JPG


旧甲府駅煉瓦倉庫(の一部?)
P4165033.JPG

かふふ来の鐘は 「幸福と甲府に人が来るように」との意で

要するに 幸福の鐘という語呂合わせ?みたいです

煉瓦は明治36年(1903年)

駅の開業当時に造られた(らしい?)倉庫なんだとか

さて甲府駅

山梨県の県庁所在地という事で それなりの規模
P4154864.JPG
P4154865.JPG

駅ビル(CELEO KOFU)もあって便利です
P4154867.JPG
P4154866.JPG
P4165066.JPG

ちなみに甲府市

全国の県庁所在地の中で 一番人口が少ないそうで

武田信玄の父 信虎が の国のという意味から勝手に命名したとか

そして今年は 甲府開府500年らしく
P4165035.JPG

駅内に ちょっとした展示がされていまして
P4165036.JPG

色々なイベントが予定されているみたいです


それでは 少しだけ観光 (^_^)/

北口に出て
P4154869.JPG

バスに乗ります
P4154868.JPG

乗ったバスは ひたすら武田通りを直進
P4154913.JPG

武田神社へ!

あと1週間早ければ
P4154912.JPG

道沿いの桜が 奇麗だった事でしょう (;´д`)

nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

石和温泉へ行ってきました 1 新宿駅から甲府駅へ [山梨県]

延期になっていた(実は妻 転勤でした) お袋 妻 私の三人旅

4月15日から一泊で 山梨県の石和温泉へ行ってきました (^^)/

まずは駒込駅で集合し そして新宿駅から甲府駅へ向かいます

んで新宿駅

ちょっと前 実家へ行く前に下調べをしておいたのですが

上野駅や東京駅に比べて 総菜や弁当店が貧弱

NEWoManという 比較的新しい施設もあるのですが
P3264446 - コピー.JPGP3264444 - コピー.JPG

総菜類はマァマァなのですが弁当類は超少なめ そして少し歩きます

85歳のお袋も居るという事で 南口改札内辺りにある売店で買う事にしました

P4154847.JPG
P4154849.JPG

種類が豊富なので お袋と妻はナカナカ決まりません

総菜はRF1
P4154850.JPG
P4154851.JPG

あ! 成城石井もあるのであります (^^ゞ
P4154852.JPG

両手に弁当と総菜をぶらさげ あずさ13号に (^-^;
P4154854 - コピー.JPG  P4154853 - コピー.JPG

とりあえず私 RF1の総菜と白ワインで (* ̄0 ̄*)ノ口
P4154861.JPG

お袋 静岡いいところ弁当
P4154855.JPG

妻 三陸産あなご かき 鮭 いくら弁当
P4154858.JPG

おーい! 高過ぎ !! だろ ( `Д´)ノ

私 焼き鯖寿し
P4154862.JPG

あれ? 焼き鯖寿し! 去年も上野駅で買った気が (;'∀')


それにしても 月曜日なのに?

満席 (+o+)

nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:blog
山梨県 ブログトップ