So-net無料ブログ作成
京都府 ブログトップ

京都駅&お土産 「ちょこっと京都 12」 [京都府]

二条城から京都駅へはタクシー

今回 3回ほどタクシーを利用したのですが

どの運転手さんも皆さん かなりのお喋り好き

京都の良さをアピールしているのでしょうが

途中から聞き疲れて ( ´O`)ふぁ~


さて タクシーで京都駅に着く直前に運転手さん

「ここから 建物に映る京都タワーが見えるんですよ!」

「あ! ホントだ !!!」
P2021822.JPG

そして 烏丸口から入ったのですが京都駅内
P2021824.JPG

なんとも分かり難い (=_=)
P2021823.JPG

ちなみに この階段の所々に喫煙コーナーがありまして

愛煙家の私は助かります (^。^)y-.。o○

喫煙コーナーから京都タワーを1枚 (^_-)-☆
P2021825.JPG

駅直結の伊勢丹で 2種類ほど土産を購入 (^_^)/

「京つけもの西利」の からし漬大根
P2031829.JPG

仄かな辛みで美味 (*^^)v
P2051831.JPG

細かく切って お茶漬けに入れたら (◎o◎)ℊ かも!

虎屋の 桃山・雲居の道
P2031827.JPG

販売は 京都地区限定なんだそう
P2051835.JPG

 こし餡と白餡を合わせた物        抹茶餡
P2051837.JPGP2061842.JPG

私も妻も 抹茶餡の方が美味しいかと!


実質

京都に滞在していたのは 睡眠時間も含め23時間半 \(◎o◎)/

何とも駆け足の京都旅行?なのでありました


ちょこっと京都 お終い (^o^)丿

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

元離宮二条城 4 「ちょこっと京都 11」 [京都府]

本丸を出ます

西橋から見た内濠と天守台
P2021811.JPG

そして 西側の本丸への入口は?
P2021812.JPG

しっかりと 「食い違い」になっています

西橋を渡り 右へ廻ります

ここには 西北土蔵(重要文化財)
P2021814.JPG

米蔵だそうです
P2021813.JPG

そのまま右回りに歩くと

北中仕切門(重要文化財)
P2021816.JPG

P2021817.JPG

P2021815.JPG

城内の北側を東西に分ける門で 反対側には南中仕切門もあります

ん! 加茂七石?
P2021819.JPG

P2021818.JPG


八瀬真黒石・鞍馬石・畑石・糸掛石・紅加茂石・紫貴船石・畚下石を言い

これら七石が 一堂に揃って見られる石庭があるのが二条城です

そして 遠目に見る事しか出来ない

北大手門(重要文化財)
P2021821.JPG

P2021820.JPG

二条城の最後はコチラ (^o^)丿
map_zentai.jpg

いやはや

世界遺産とは知っていましたが 国宝があるだけで無く

こんなに重要文化財があるとは驚き w(◎o◎)w

見学に1時間以上費やしてしまいました

ちなみに 二条城の前から乗ったタクシーの運転士さん曰く

「庭園までゆっくり見たら 2時間はかかるよ!」

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

元離宮二条城 3 「ちょこっと京都 10」 [京都府]

撮影不可の二の丸御殿を見学した後は

二の丸庭園
P2021800.JPG

特別名勝の二の丸庭園(池泉回遊式庭園)

慶長7年(1602年)から慶長8年(1603年)頃に

小堀遠州が作庭したとされ

視点が複数ある事から 八陣の庭(意味分かりません)とも言われています

さて 二の丸庭園はサラッと流し

本丸へ

東橋と本丸櫓門(重要文化財)
P2021801.JPG

本丸の正門であり 寛永3年(1626年)に造営
P2021802.JPG

天明8年(1788年)の天明の大火で唯一焼け残った

本丸内の建物なんだとか

内堀(幅は25メートル)
P2021803.JPG

石垣も立派 \(^o^)/
P2021804.JPG

もしかしたら この上に櫓が?

本丸御殿(重要文化財)
P2021805.JPG

この御殿 実は
 
明治26年(1893年)に 旧桂宮邸を移築して再建された物だそう
P2021806.JPG

本丸御殿の玄関
P2021810.JPG

天守閣跡
P2021807.JPG

P2021808.JPG

それなりの高さがあるのですが

京都市街の眺めは 良くありません(写真は本丸御殿方向)
P2021809.JPG

今回は この辺り (^o^)丿
map_zentai.jpg

nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

元離宮二条城 2 「ちょこっと京都 9」 [京都府]

東大手門をくぐり すぐ右側には

番所
P2021788.JPG

将軍が不在の場合(まぁ将軍様は ここには滅多に来ませんが!)

江戸から派遣された武士が 毎年二組(一組50人)

一年交代で番にあたっていたそうです

数少ない 江戸時代の遺構なんだとか
P2021790.JPG

唐門(からもん) 築地(ついじ)
P2021791.JPG

どちらも重要文化財
P2021792.JPG


この唐門は 二の丸御殿の入口にあたり正門となり

後水尾天皇が行幸の際

伏見城から移築された?と云われています

装飾(彫刻)が何とも素晴らしいと思います
P2021793.JPG

唐門をくぐって左手に

釣鐘
P2021797.JPG

説明看板を御覧下さい (^o^)丿
P2021798.JPG

さて次は 国宝に指定されている

二の丸御殿
P2021794.JPG

御殿が現存しているのは珍しく とても貴重なんだそうです

中に入れるのですが 残念ながら撮影不可

徳川家康が豊臣秀頼と会見したり

最後の将軍 徳川慶喜が大政奉還を発表したりと

歴史の大舞台なのであります
P2021796.JPG

ちなみにここは
P2021795.JPG

二の丸御殿の玄関にあたり 「車寄せ」となり(多分)

牛車で中まで入れるんだとか

ちなみに造営は慶長8年(1603年)

33部屋あり 畳は約800畳あるそうです

あ! 我が家は35部屋で820畳 勝った ヽ(^o^)丿

なんちて (^^;

今回は この辺 (^_^)/
map_zentai.jpg

御殿のてっぺん
P2021799.JPG

何故に 徳川の城なのに天皇家の紋章 ???

nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:blog

元離宮二条城 1 「ちょこっと京都 8」 [京都府]

京都二日目の朝

ホテルのチェックアウトは昼12時

なので

ゆっくりと午前10時に起床 ~~~ヾ(^∇^) オハヨー♪

実は?

朝8時半に起きて 予定では伏見の酒蔵巡りをしようと・・・

しかし 寝る前にデカ盛りワンカップを呑んだせいで

(mー_ー)m.。o○ zZZZ なのでありました (;へ:)


さて ホテルから歩く事 ほぼ15分で元離宮二条城

まず櫓が見えてきたのですが その前に

城の前の通り(堀川通り?) なんと5車線もあってビックリ w(◎o◎)w
P2021781.JPG

東南隅櫓(重要文化財)
P2021782.JPG

慶長年間(1596年~1615年)に造営され
 
寛永年間(1624年~1645年)に改修されたもの

現在残っているのは ここと西南隅櫓(こちらも重要文化財)のみ

他にも櫓はありましたが

天明8年(1788年)の大火で焼失してしまったそうです

外濠(南側)
P2021783.JPG

あまり幅が広く見えませんが 西側と共に20メートルあるそうです

(東・北側は10メートル)

外濠の石垣は外周約1.8キロ

戦国時代から安土桃山時代に見られる野面積みと

江戸時代によく見られる 切込み接ぎで構成されているとか


で 入城料を払い

東大手門(重要文化財)から登城します (^o^)丿
P2021786.JPG

寛永3年(1626年)頃に造られた 本瓦葺の入母屋造り

二条城の正門となるそうです

なんとも立派ですね!
P2021787.JPG

後水尾天皇行幸の際 上から見下ろす櫓門から一重の門に変えられ

行幸後にまた 櫓門に戻されたという事です

内側から見た東大手門
P2021789.JPG

さて 二条城は
P2021784.JPG

国宝や重文が目白押し
P2021785.JPG

そして世界遺産でもありますし 4話に分けてブログにしたいと思います

(ブログネタ延ばし ´▽`)

第1話は この辺りです (^^)/
map_zentai.jpg

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

夜の部は一知富士(いちふじ) 「ちょこっと京都 5」 [京都府]

午後5時半にホテル(ユニゾ京都四条烏丸)に帰り

夜の部は ロビーに5時45分集合 (汗”

で ホテルから徒歩5分の地にある

P2011734.JPG

店の前で 男どもがたむろっていますが実は?

なんと 予約が通っておらず (-。-)y-゜゜゜
 
しばらく待たされ 予約したはず?のコースで大丈夫 (ホッ””

という事で ちょっと遅れてのスタートとなりました

店の造りは 京都の町家を改造した感じで
P2011762.JPG

店内は細長 雰囲気も良いです
P2011735.JPG P2011736.JPG

まぁ気にしませんが ハイボールのグラスでビールを乾杯
P2011738.JPG

付出の練豆腐
P2011739.JPG

サラダに ん! 何者?
P2011742.JPGP2011743.JPG

季節の焚き合わせ(おばんざい)
P2011746.JPG

↑ あっさり焚けていて美味 ↑

お造りも良かったのですが
P2011748.JPG

醤油が甘い (´Д⊂ヽ

関東人には 甘い醤油は (=_=) です!

  地鶏の塩焼き 九条ネギを添えて            油物
P2011750.JPGP2011752.JPG

↑ 地鶏と九条ネギを一緒に食べると (*^^)v

鴨ロースの炙り
P2011753.JPG

↑ お酒が進みます(#^.^#) ↑

(私 途中からサワーに)

穴子の柳川風
P2011756.JPG

↑ こちらは汁が甘く 私は全くダメでした (>_<) ↑

高菜とじゃこの温玉のせ石焼
P2011758.JPG

↑ こっちは (^o^)丿 ↑

さて
 
「そろそろデザート? なんか 抹茶アイスが食べたいよね!」

なんて言っていたら?

来ました (^^♪
P2011760.JPG

個人的に

甘い醤油と甘い穴子の柳川風は <(_ _)> でしたが

その他は (^。^)

でも 夜9時前に店を出た時 他の客は一組だけ \(◎o◎)/

nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

北野天満宮 「ちょこっと京都 4」 [京都府]

さて 金閣寺からタクシーでの帰途

まだ ちょい時間があったので 北野天満宮に寄り道 (^o^)丿

同行者が御朱印を集めているので お付き合いです

そして 駆け足で巡ります (^^;

私たちが入ったのは東門から
P2011722.JPG

ちなみに北野天満宮

菅原道真公をご祭神としておまつりする

全国約1万2000社の天満宮 天神社の総本社で

創建は 平安時代中頃の天暦元年(947年)なんだとか

なんか とても立派です!
P2011723.JPG

社殿は八棟造という建築様式の一つで
P2011724.JPG

現在の建物は 慶長12年(1607年)に造営されたもの
P2011725.JPG

歴史的に 非常に貴重な建物(国宝)なんだそう
P2011726.JPG

三光門(重要文化財)
P2011727.JPG

日・月・星の彫刻がある事から 三光門と言うそうです

(実は 星の彫刻は無いんだとか)

末社も立ち並んでおります
P2011729.JPG

なんだろう?
P2011730.JPG

↓ 手振れで 写真では良く分からないのですが ↓

牛の顔が どちらも何とも怖いのであります (゚Д゚;)
P2011728.JPG

P2011731.JPG

P2011732.JPG

実質 滞在していたのは20分ほど

も少し ゆっくり見たかった (´Д⊂ヽ


次は 夜の部 (^^)/

nice!(10)  コメント(2) 
共通テーマ:blog

金閣寺(鹿苑寺) 「ちょこっと京都 3」 [京都府]

ホテルには 午後3時過ぎにチェックイン(ホテルの記事は後ほど (^o^)丿)

手続きしながら

夜の部まで2時間ほどあるので 何処へ行こうかと話し合い

やっぱり 京都と言えば?

タクシーで 渋滞しなければ20分程と聞き 金閣寺にロックオン!

さて 金閣寺の正式名称は鹿苑寺(ろくおんじ
P2011709.JPG

臨済宗相国寺派の寺院で 相国寺の塔頭(たっちゅう)寺院の一つなんだとか

この舎利殿「金閣」が有名なため 一般的に金閣寺と呼ばれます
P2011710.JPG

元は鎌倉時代の公卿

西園寺公経(きんつね)の別荘を 室町幕府三代将軍の足利義満が譲り受け

山荘 北山殿を造ったのが始まりだそう

間違えていなければ 下2枚の建物は方丈
P2011712.JPG

P2011713.JPG

奥の方に 舟みたいな松が見えますが

この陸舟の松って
P2011714.JPG

もしかして 室町時代からの生きている?

雨の鏡湖池(きょうこち) 渋過ぎ (´ー`)
P2011711.JPG

それにしても
P2011715.JPG

ピッカピカ (☆☆"
P2011717.JPG

裏の方へ廻ると

龍門の瀧と鯉魚石(りぎょせき)
P2011718.JPG

龍門の滝を 鯉が登りきると龍に化するといわれる

中国の故事 登竜門に因んだ鯉魚石なんだそう

白蛇の塚 ???
P2011719.JPG

そして 最奥の不動堂へ
P2011720.JPG

写っている方々 皆さん中国語を話しておりました (゜o゜)

それにしても 金閣寺でお願いすれば?
P2011721.JPG

メチャクチャ御利益 ありそう (V)o¥o(V)

nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

東京駅から京都へ 「ちょこっと京都 2」 [京都府]

のぞみ33号は 定刻に東京駅を出発 ('◇')ゞ
P2011695.JPG

少し やっていきますか (^v^)

同行者はコチラ
P2011698.JPG

おいおい! 呑み過ぎに注意だぞ (゚Д゚)ノ

なんせ 東海道新幹線はビジネス客が多く

酔っ払いは白い目で見られます (大汗””

私は 日本酒の真澄を (´▽`)
P2011696.JPG

関ケ原付近でしょうか?
P2011703.JPG

真っ白です
P2021826.JPG

崎陽軒の焼売を肴に私
P2011699.JPG

もう一本 (V)o¥o(V)
P2011701.JPG

もしかして

車内で一番五月蠅いのは私 \(◎o◎)/

京都駅で市営地下鉄に乗り換え
P2011704.JPG

P2011705.JPG

この日の宿に向かいます (^o^)丿

nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:blog
京都府 ブログトップ