So-net無料ブログ作成
本 そして 時々映画? かな ??? ブログトップ
前の10件 | -

田舎教師 「田山花袋」 [本 そして 時々映画? かな ???]

羽生市を訪れた理由は この本

田舎教師(明治42年[1909年]発表)
51D4cgDAwHL__SX353_BO1,204,203,200_.jpg

小説の出だし

「四里の道は長かった
その間に青縞の市のたつ羽生の町があった
田圃にはげんげが咲き 豪家の垣からは八重桜が散りこぼれた
赤い蹴出を出した田舎の姐ねえさんがおりおり通った」

という事で 羽生の町が舞台の小説です

栃木県の足利市で呉服屋を営み 何不自由の無い暮らしをしていた林清三の家族
騙されて呉服屋を失い 埼玉県の熊谷市に移り住むものの
そこでも仕事に失敗し ほぼ無一文で 更に行田市へ夜逃げをする羽目に
貧困の為に進学できなかった清三は 好きな文学の道を諦め
小学校の代用教師として働く事になります
文学の道は諦めたものの 仲間と同人誌を出したりしていたのですが
仲間が進学などで離散していき 同人誌は廃刊
その上 思いを寄せていた女性が 親友と・・・
そんな事もあり 清三の生活は次第に荒れていきます
しかし 好きな文学や恋愛がうまく行かない自分を辛いと思う一方
段々と生活を立て直し 教師という仕事に やりがいを持つ様になりました
しかし その頃に結核に罹ります
再び家族と暮らす様になった清三ですが病状は悪化
日本が日清戦争の勝利に沸く中で
二十一年という短い生涯を終えてしまいます

(iДi)

田山花袋が義理の兄(寺の住職)から聞いた

小林秀三という実在の人物の日記を基に

明治期の羽生や行田 熊谷の風景や人々を 生き生きと描き出しています

そして 林清三(小林秀三)を中心に据えながら

訥々(とつとつ)と物語は進んで行くのですが
 
私 中盤からは思いもかけず 作品に感情移入してしまいました

文体が古くて若干読みにくいのですが

川端康成よりは 面白く読みやすいかな?と思います!


m_E9A4A8E69E9720049.jpg


「秋の末になると
いつも赤城おろしが吹きわたって 寺の裏の森は潮のように鳴った
その森のそばを足利まで連絡した東武鉄道の汽車が
朝に夕べにすさまじい響きを立てて通った」

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

雪国 「川端康成」 [本 そして 時々映画? かな ???]

実は 今年の1月に行った

越後湯沢旅行の直後から読んでいたのですが

あまりにも読みにくい文章なので(途中で 他の本を読んでしまいました)

つい最近 やっと読み終わりました

P5022643.JPG

私の記憶が定かでは無いのですが

確か映画を見て良かったので それで中古の本を買った

そんな風に覚えています

んで今回は逆に 本の内容が分かり難いので

岩下志麻が主演のDVDを購入(1965年)
51+ckMldCWL__SY300_.jpg

物語は 1934年(昭和9年)より1937年(昭和12年)まで

m_P3162346-3c45d.jpg

「かすみの間」に逗留しながらの執筆とされています
m_P3172418-5aa33.jpg

駒子のモデルとなった松栄(まつえ)さん
m_004_jpgE9A792E5AD90.jpg

さて 小説の出だしは有名ですね!
「国境(くにざかい)の長いトンネルを抜けると雪国であった
夜の底が白くなった 信号所に汽車が止まった」
しかし 映画での冒頭シーンは異なります
実は主人公の島村と駒子は 前に違う季節に出逢っており
その出逢いから描かれていて 小説を読んだ人には分かり難い展開になっています
1年に一度だけ訪れる 妻子もあり坊ちゃん育ちの島村を
嫉妬に近い感情で待ち焦がれる駒子
上越の美しい景色を捉えながら 現実の貧しい寒村風景を映し出します
(映画の撮影地は 新潟県の野沢温泉)
もちろん こんな恋が成就するはずなど無く
それに気付いた二人が目撃するのは・・・?
ちなみに 助演「加賀まりこ」の澄んだ声も印象的 (^^)/


古き日本の情緒と原風景を描いた 世界的にも有名な小説の雪国

でも私にしては珍しく 小説より映画の方がグッとくる

そんな雪国なのであります ('◇')ゞ


<余談>

雪国に出てくる信号所とは 現・上越線の土樽(つちたる)駅
鉄道用語的には 列車(電車)が行き違い等のみを行う駅で
旅客や貨物の取り扱いを行わない駅の事を言います
ちなみに小説の信号所は 当時は冬季のみ
スキー客を見込んで客扱いをしていたそうです
1941年(昭和16年)から普通の駅と同様 旅客を取扱う駅になりました

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

大木家のたのしい旅行 新婚地獄編 「前田 司郎」 [本 そして 時々映画? かな ???]

ここ最近 世捨て人になりたい「けせらんぱさらん」です (ー_ー)!!


なんとなく疲れた時に読むと

ほんわりほんわか そして じんわり?する物語 (^ω^)

大木家のたのしい旅行 新婚地獄編
P7153124.JPG

私が持っているのは 2008年(平成20年)第一刷発行となっています

私は見ていませんが 2011年に映画化されています


大木信義と妻の咲
長い同棲の末に結婚し 新居に引っ越したのですが
既に倦怠期の様な状態
春にしては暑い そんな4月の或る日
「五反田とうきゅう」のエスカレーターで
濡れたコートを着て 電気炊飯ジャーを抱えた男とすれ違う
不思議に思い跡を付け 屋上まで来たが男は居ない
男の代わりに咲は女と出会う
「あの じごくへ行く方ですか?」
「え? え?」
そんなこんだで 地獄行きのパンフレットを貰ってしまう
そして 夫婦でグダグダ言いながらも「面白そうじゃん!」
と 地獄行きを決定
信義と咲の 一泊二食の地獄ツアーが始まるのであります ('◇')ゞ


ちょっと独特な文章の書き方なので

流れ的に読みにくいのですが 読み進むにつれ

奇抜な展開に引き込まれてしまいます

(赤い人や青い人 ビーフシチュー温泉に地獄甘エビ @_@?)

こんな展開なのですが 何故かラストはチョイ

;つД`)・・・・涙デソウ!

ちなみに 映画の予告編

よくある事ですが 原作ほど評判は?


でも

私も一度 地獄へ堕ちてみたい (;''∀'')

案外いいかも (^。^)

nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

墓地を見おろす家 「小池真理子」 [本 そして 時々映画? かな ???]

うだるような暑さの毎日 (;´Д`)

こんな時は 背筋がゾゾッとするモダンホラーを (^^)/

ヒィィ((ll゚゚Д゚゚ll))ィィ!!!

1988年(昭和63年) 角川文庫より書き下ろしで刊行

1993年(平成5年)に角川ホラー文庫により刊行された

boti-l.jpg

私が持っているのは 初版の改定発行本です


新築で格安 そして都心に位置する
抜群のロケーションのマンションに移り住んだ
哲平・美紗緒の夫婦と娘の玉緒 そしてペットの犬クッキー
何も問題なく 幸せな生活が始まるはずだった
ただ 家の前には広大な墓地が広がり 奥には寺
墓地の横には 誰も済む人が居ない 廃墟となった都営住宅
0 - コピー.jpg02267000025 - コピー.jpg

しかし 引っ越した翌日 飼っていた文鳥が死ぬ
暴れたのか 沢山の羽が落ちている
そしてテレビを見ていると 謎の黒い人影が映り込む
不思議な事に このマンションには
エレベーターでしか行けない地下倉庫があり
理解できないことが ここで次々と起こり始める
不安に思った住人たちは次々と引っ越しを始め
残るは哲平一家だけになるが 転居を決意
いよいよ転居日となり
哲平の弟夫婦も手伝いに訪れたのだが・・・(*ノωノ)


現実的にはあり得ないストーリーですが 読んでいて
リアルに 情景が目に浮かぶのが何とも怖いのであります (;´Д`)
エレベーターや地下倉庫は勿論
或る意味 マンション自体が密室になった恐怖 \(◎o◎)/
私たち以外の 何者かの存在 (''Д'')
冷房が効いた 仕事帰りの電車内で読んだ私(もちろん再読ですが)
全身の毛穴が 泡粒立ちました ~゜・_・゜~


<笑えた とある人の書評>


物語の最後に 哲平と美沙緒は愛を確かめ合うのですが
(この時 季節は夏 電気が止まっていたので 玄関は開け放たれて
その時ふいにエレベーターが動き出し 家族が住む階に停まります
これは ついに最後か? と普通は思うのですが とある人は?
管理会社の人が やっとやって来て 来てみれば真っ最中 \(^o^)/


nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド 「村上春樹」 [本 そして 時々映画? かな ???]

実は私

村上春樹の小説は だいたい好きなのですが(ハルキストではありません)

作品の中で 一番好きなのがコチラ

P6242596.JPG

1985年(昭和60年)に 書き下ろし長編小説として刊行

1988年(昭和63年)に文庫化

私が持っているのは ん? 文庫の初版本 ???


物語は 暗号処理を職業とする「私」と

鳥以外は超えられない 高い壁に囲まれた世界に住む「僕」

この二人が 二つの世界で同時進行していく物語


老科学者から仕事を受けた「私」は
 
ピンク色が好きで太った 老科学者の娘に出会います

その後 変な二人組に襲われたり 図書館の女性と恋に落ちたり

(この女性 実は胃拡張)

後半には太った娘と

「やみくろ」という 邪悪な生き物が支配する地下に潜るはめに陥ります

ラスト近くには 図書館の胃拡張女性と見事な食べっぷり!

冒険に喰いに まさしくハードボイルドな展開
 

一方「僕」は

最初に街に入った時 門番により影を切り離されます

その街は

額に一本の角が生えた獣が住む 心を持たない人々が住む街で

夢を読む仕事を与えられます


地下に潜った「私」の運命は? そして胃拡張女性との恋の行方は ???

そして
 
「僕」から引き離された影 そして獣が意味するものは?

夢を読む とは何なのか ???

同時進行で進む物語に 読み人は引き込まれていきます


前述した通り 村上春樹の作品の中で 私にとって一位の物語

ちなみに二位は「羊をめぐる冒険」 三位は「海辺のカフカ」

これらの作品は 後ほど記事に出来れば (^o^)丿


んで「1Q84」

この作品は時々えげつない描写があり

容姿で人間性の善悪を表現している様で

村上春樹の作品の中では 個人的に最低(不愉快)だと思っています

なので 読みましたがブログにはアップしません

あ! 「騎士団長殺し」は まだ読んでおりません

てか 文庫本が出るまで買いまへん <`ヘ´>

nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

ぼくの伯父さん Mon Oncle [本 そして 時々映画? かな ???]

1958年(昭和33年) フランスとイタリアの合作

ジャック タチ監督 兼 主演

ぼくの伯父さん(2013年修復版)
91nBGw04MFL__SY606_.jpg

とある町で

いろんなことが自動化された近代的な邸宅に住む ユロ氏の姉家族

しかし息子のジェラールは そんな退屈な家に住むのが堅苦しく

下町に住む 独身のユロ伯父さんと遊ぶのが大好き

その事に不満を持つ両親は お見合いパーティーを企画したり

(モチロン大失敗)

姉の夫の会社に就職させたりと 四苦八苦

そして就職したのはいいけれど これまた失敗続き

地方の支店に転勤させられてしまいます

そんなドジで間抜けで頓馬なユロ氏ですが

無題.png

近所の人には好かれ 知らない人ともすぐ仲良くなってしまう

なんかほんわりした クスッと笑える映画なのであります ('◇')ゞ
 
とつとつと始まるオープニングは

高級住宅街や高層団地 下町と映像を変え

まるで 日本の高度成長期と重なりますし

ある意味 近代化に対する風刺にもとれます


この挿入音楽

一度聴くと 耳に残ってしまいます (^^♪


⇩ タチワールド (^^)/ ⇩

あ! 私

コロンビアの回し者ではありません です はい (^^)/

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

阿寒に果つ (はつ) 「渡辺淳一」 [本 そして 時々映画? かな ???]

死に顔の最も美しい死に方はなんであろうか

生きていた時より美しく 華麗に死ぬ方法はただ一つ

あの死に方しかない

あの澄んで冷え冷えとした死


こんな冒頭で始まる 「阿寒に果つ (渡辺淳一)
PC031367.JPG

1971年7月から婦人公論に掲載

ちなみに 私が持っている文庫本には

昭和59年 (1984年) の19版となっています
 

天才少女画家といわれた時任純子の死体が

阿寒湖を見下ろす場所で見つかった事から始まり

渡辺淳一の初恋体験と言われる 「若き作家の章」

そして

純子を取り巻く 主に男たちの物語が続きます

(画家 記者 医師 カメラマン 姉の蘭子と章が続きます)


主人公の時任純子は実在の人物 加清純子という女性で

高校三年生の冬に行方不明になり

その春 阿寒湖畔で死体となって発見されたんだとか

そして 覚えている人もいるかもしれませんが今年の夏

北海道で行方不明になり 釧路の海岸で発見された中国人女性


愛読書だった?とも言われています

nice!(10)  コメント(2) 
共通テーマ:blog

忍びの国 「和田 竜」 [本 そして 時々映画? かな ???]

今 絶賛放映中の映画の原作です

(あれ! まだ放映中ですよね?)

購入したのは2008年 第三刷
P8060581.JPG

作者は 「のぼうの城」 も書いた 和田 竜

映画化されたのを機に 読み直しました

・・・時は戦国末期 天正6年 (1578年) に起こった第一次天正伊賀の乱の物語

当時の伊賀は戦国時代にもかかわらず 戦国大名では無く
 
地侍達 (伊賀国郷士衆) が治めており 傘下には下人 (忍者) を従えていました

隣国の伊勢を手中に収めた織田信長は 次に伊賀を と

信長は慎重に攻めるつもりでいました が 気は弱いが戦功を焦る次男の信雄

伊賀国郷士衆の策略にはまり
 
そして血気にはやり たかだか8千の兵で攻め入ってしまいます

しかし
 
策略を巡らした伊賀国郷士衆の誤算もあり 初戦は織田軍の勝利が続きます

ヤバイと思った下人の忍者たち 郷士衆を裏切り逃げに入りましたが

何を隠そう 金にはめっぽう弱い彼ら ある事をきっかけに戻り

やがて一大勢力になり 信雄軍を打ち負かし始めます
 
突如反撃を受けた信勝軍は 這う這うの体で逃げ帰り・・・

下人の忍者 無門を軸にスリリングな展開で 一気に読み進んでしまいます


ちなみに映画は見ていないのですが

元々 本 (物語) が面白くて映画になった物の原作を読んでしまうと

やはり 映画は見劣りしてしまう気がするのですが (今までの経験上)

でも もしかしたらDVDを 買ってしまうかも?しれません !!!


ちなみに後の天正9年 (1581年)  第二次天正伊賀の乱では

信雄率いる約5万の織田軍が再侵攻

最初はまたまた難攻が続きましたが 織田軍の調略もあり

やっとの事で 伊賀国を平定したそうです
 
nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

帰ってきたヒトラー (小説) [本 そして 時々映画? かな ???]

昨年 日本でも映画が公開されヒットしたので 見た方も多いと思います

P6291118.JPG

の原作です


2011年8月30日 彼 ヒトラーはベルリンの とある公園で目を覚まします

近くでサッカーをしていた少年たちから声をかけられますが

話がまったく噛み合いません

訳も分からず フラフラと近くのキオスクへ行き 新聞の日付を見てみると?

そして彼は ヒトラーをまねする芸人だと思われ

人々を魅了する演説は コメディとして大ヒット

彼を批判するメディアもありましたが 毒舌で撃破 そして彼の野望は・・・?

含みを持たせた結末で 小説は終わります

え? 私は こんな人が出てきても騙されない ???

そう思っている人ほど騙されるのだそうです (^。^)y-.。o○

あ! 実は私 映画は見ていないのです (;'∀')
P7021120.JPG

DVDを買ってありますので そのうちに ^^;

     ちなみに左がヒトラー本人  右は映画でオリヴァー・マスッチが演じるヒトラー
thCJVBXPVT.jpgP6291119.JPG

映画と小説 また一味違うかと思います


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ぼくの伯父さんの休暇 [本 そして 時々映画? かな ???]

1952年フランス ジャック タチ監督 兼 主演

P6010008.JPG

とある夏の日

汽車に車にと ヴァカンスへ繰り出す人たち

のっぽな主人公のユロ氏もまた
 
♪ バタバタバタ ボンボンッ ♬

と壊れそうな音を出す 小さなボロ車で海辺を目指します

彼が泊まったリゾートホテルには 個性豊かな人々が!

(ちなみに ホテルのチョビハゲ支配人には笑えます ( ^^) _U~~ )

更に その個性豊かな人々を ユロ氏は引っ掻きまわしながら

この映画は とつとつと進みます

th.jpg

ラスト
 
皆が握手で別れの挨拶を交わす中 迷惑男のユロ氏のみ仲間はずれなのですが

彼とは 何故か波調が合うと思い込んでいる英国婦人と

おっかない奥さんの尻に敷かれながら 彼の様子を好ましく見つめていた

老紳士だけがそっと声をかけ 色々あった夏の休暇も終りを告げます


或る意味 日本の昭和初期 (事実 第二次世界大戦直後に作られた作品)

を彷彿させる 風刺も効いた おっとり笑えるフランス映画

時間に追われる今の日本人に ぜひ見て欲しい映画かも? です!


んでもって私 海に行って 波の音を聞くと?

テーマ曲の この音楽を時々ですが 思い出してしまいます

そして チャップリンにも多大な影響を与えた

thI8U5UW87.jpg

ジャック タチなのであります (^^)/

nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog
前の10件 | - 本 そして 時々映画? かな ??? ブログトップ