So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

手作りパンの店 チャチャぷうま 「群馬県 館林市」 [群馬県]

東武鉄道伊勢崎線
 
分福茶釜で有名な茂林寺駅から 徒歩10分くらい

かな?(車ですので)

P5302555 - コピー.JPGP5302556 - コピー.JPG

別荘の様な ウッディな建物

2階はイベントスペースとなっています

狭い店内に
P5302557.JPG

所狭しと
P5302565.JPG

パン達が
P5302566.JPG

並んでおります
P5302558.JPG

美味しそう (*´﹃`*)
P5302560.JPG

あ! 右奥に見えるのは?

イートイン (^o^)丿
P5302561.JPG

この店の自慢は

すべて 国産小麦と天然酵母を使用しているのだとか

では 頂いてみましょう ('ω')ノ

まずは食事系から

3種チーズフランス            エビカツ(潰れちゃいました T_T)
P5302568 - コピー.JPGP5302571 - コピー.JPG

エビカツのソースは マヨネーズにチリソースを和えてあり ちょいピリ辛

ちなみにパン生地は フンワリながらモッチリ歯応え

続いてデザート系

ブルーベリーのチーズなんたらかんたら
P5302575 - コピー.JPGP5302576 - コピー.JPG

板チョコのメロンパン(こっちも名前 忘れた !!!)
P5302579 - コピー.JPGP5302580 - コピー.JPG

どちらかと言えば 総菜系のパンが美味しいかと (^_^;)

ちなみに 「チャチャぷぅま」とは?

古代アンデス地方の守り神なんだそうです
KICX2825.jpg


それにしても

分福茶釜のタヌキの町でフクロウを飾るとは
P5302567.JPG

大胆不敵 \(◎o◎)/

nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

道の駅 おおた 「群馬県 太田市」 [群馬県]

さて 太田市には

成田山新勝寺の門前町の様に 土産を買う所が無いので

P5202868.JPG

ちなみにココでの食事

駅内にレストランや食事処は無く 車での屋台式で提供なのです

あ! スバル360がお出迎え (^。^)
P5202869.JPG

でも売り場は 何とも小さいのであります (~o~)
P5202870.JPG

購入したのは

スバルのボールペン
P5202876.JPG

ごぼうせんべいだもの
P5202877.JPG

すっごい軽い口当たり

「ひもかわ」に「カレーつゆ」
P5202872.JPG

「ひもかわ」は 同じ群馬県の桐生市のB級グルメ

ちゅるちゅるっ
P5202879.JPG

そして「ひもかわ」は

群馬県伊勢崎市の松本製麺(HP等無いので 詳細は分かりません)

「カレーつゆ」は ん? 静岡市の真富士食品 ???

どちらも (◎o◎)b なので 気にしません です はい ('ω')ノ

熊谷市妻沼の 有名な稲荷寿司も売っていました
P5202873.JPG

太田市にも 暖簾分けや修行をした人の店舗が数軒あるそうです

購入したのは 「増田屋すし」という店舗の物

ちょっと甘めの稲荷は (*^^)v でしたが

巻き寿司は (・・?

そして ガリはメチャ ( ̄* ̄ ) スッパ~


やっぱり1泊2日

あっ! という間に終わってしまいました (;_;)/~~~

♪ さらば ス~バ~ル~よ~ ♬

(実は太田市 もう一軒 行きたいレストランがあるのです!)


<妻沼の稲荷寿司について>

ブログに載せた稲荷寿司

なんとも長~いのですが 稲荷寿司の発祥の地は

名古屋 または愛知県豊川市の豊川稲荷と言われています

そして 嘉永5年(1852年)発行の


細長い稲荷寿司を売る商人が描かれていまして
08-1.jpg

(包丁が見えますので 切り売りしていた?)

てな訳で 妻沼の稲荷寿司は

昔からの原形を残している 稲荷寿司なのかもしれません ( ̄。 ̄)ホホーッ!!!


<後日談で もう一つ>

過日 徳光和夫がバス旅する番組で妻沼聖天山を訪れ
 
昔 利根川の水運の人たちが
 
小さいのをチマチマ食べるのが面倒なので大きくなった

とナレーターが入っておりました (*_*; ドッチガホント?

nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

徳川氏発祥の地 (・・? 「群馬県 太田市」 [群馬県]

群馬県太田市の歴史ミステリー (^0_0^)

この地に徳川の地名や東照宮
Map.gif

ましてや 徳川義季なる人物は (・。・?

墓所もあります
P5202861.JPG
P5202862.JPG

さて 世良田東照宮のHPから ちょっとお借りして m(__)m ペコリ!
title_logo.jpg

徳川義季から9代目の親氏は 北朝の猛攻により徳川郷を追われ
同志や一族の居所を頼りに出国
諸国を放浪の後 三河の松平郷に身を寄せ
郷主 在原伸重に入婿 松平親氏と名乗る
それから7代を経て家康公は誕生した
nittaichizoku09.jpg

まぁ 多少歴史を知っている人なら

通説は知っていると思いますので書きません

ちなみに地名と名前の徳川は 得川だという説もあります

そして江戸時代初期 長楽寺には家康の側近

天海大僧正を入れており

徳川発祥の地と謳っている以上

何も無いのは寂しいですからね (*´∪`*)ゞデシュネ!


それにしても

清和源氏の流れの皆さん そうそうたる顔ぶれでありまして

室町幕府の足利家 甲斐の武田家に駿河の今川家&常陸の佐竹家 他

忠臣蔵の吉良家も然り

凄いなぁ (@_@)

nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

長楽寺 他 「群馬県 太田市」 [群馬県]

さて太田市

関東に住んでいる人にも あまり馴染みのない町だと思います

でも

以前ブログにも書きましたが 東日本最大の前方後円墳(天神山古墳)があったり

そして 清和源氏(一般的に謂われる 鎌倉幕府を開いた源氏)の流れをくむ

新田氏が治めた新田荘(にったのしょう)があった町なのであります

てな訳で太田駅の前に 新田義貞の銅像があるのであります

んで 世良田東照宮からスグの所に またまた新田義貞
P5202857.JPG

おっと! 太平記で有名な御仁ですぞ (゚Д゚)ノ

ここは?
P5202856.JPG


新田庄の遺跡を中心とした 太田市の原始から近世の資料を展示しています
P5202855.JPG

入館料200円 格安な割には 展示はかなり充実 (*^。^*)

残念ながら撮影禁止の為 写真はありません

さらに 世良田東照宮を挟んで反対側には

P5202860.JPG

1221年(承久3年)世良田義季(よしすえ)によって開山

しまった! 拝んでおくべき?だった (;''∀'')
P5202859.JPG

この世良田義季という人は 初代の新田義重(源義重)の息子(四男)で

あ! 元々は源氏の一族なので源氏姓なのですが

初代の義重が新田を治めたので新田姓に

で 息子の義季が世良田を治めたので 世良田姓になった

ややこしいですが そういう事です (@_@ 

江戸時代初期の建立とされる太鼓門
P5202858.JPG

なんとも変わった形をしていますが かつでは太鼓が掛けられ

寺の行事等を知らせる合図に使われたそうです

三仏堂
P5202864.JPG

鎌倉時代に建立されたとされ

徳川家光が 慶安4年(1651年)に再造したとか

中には釈迦 阿弥陀 弥勒

過去 現在 未来の三世仏(さんぜぶつ)が安置されているそうです


余談ですが ブログを読んでいる人の中で

何故 こんな場所に東照宮が (・・? なんて思う人が一人でもいれば?

なんて思うのですが まぁいませんよね (~_~;)

実は この近くには
Map.gif

⇧ こんな地名があります ⇧

そして世良田義季には 名前がもう一つ
 
徳川(得川)義季 \(◎o◎)/

♪ もしかして もしかして ♬

nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

世良田東照宮 2 「群馬県 太田市」 [群馬県]

社務所で拝観料を払い(宮司さんの態度が無愛想) 宝物館を見学

宝物殿は とても小さいながら興味深い展示品があり

ちょい見入ってしまい 写真を撮ることを忘れてしまいました (~_~;)

元和4年(1618年) 総社藩主秋元越中守長朝の命により造られた

当時としては日本最大(4.95m)の鉄燈籠
P5202848.JPG

拝殿(重要文化財)
P5202846.JPG

元々 日光東照宮の奥社の拝殿ですので

ここに移設されなければ 日光で見る事になった?のでしょう!

お! 三つ葉葵 (@_@
P5202850.JPG

本名はフタバアオイというそうです

忍藩の老中が寄進した燈籠
P5202851.JPG

この東照宮を修復した際に 御宮の警護をした藩が

落成を記念した燈籠で 他にも数本ほど建てられています

唐門(重要文化財)
P5202852.JPG

本殿(重要文化財)
P5202853.JPG

こちらは日光から移築したものでは無く 創建時に造営されました

左甚五郎の作と伝わる 巣籠の鷹の彫刻が刻まれています

さて 東照宮といいながらも かなり寂れた様子

(前日の妻沼聖天山が煌びやか過ぎた?)

明治になって 神仏分離令により長楽寺から離され

そして 徳川家からの庇護も無くなり衰退

のち 昭和39年~41年には修復工事も行われたそうですが・・・

あ! 時間がある人はコチラも ('ω')ノ

ちょいっと歩きますが!(徒歩2~3分です)

あかずの門(裏側の写真です)
P5202863.JPG

東照宮の正門となります

勅使 または幕府の上使が参拝する時のみ使われる門で

その時以外は開かない事から 「あかずの門(赤門とも)」と言われます

こちらはスグ隣

境内社の日枝社
P5202865.JPG

(右側にあるはずの赤城社が無いのは・・・何故?)

P5202866.JPG


山の地主神 そして農耕や治水の神様です

それにしても 威張ってますな!
P5202867.JPG

(#`皿´)

nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

世良田東照宮 1 「群馬県 太田市」 [群馬県]

個人的に ちょっと残念だった太田の焼きそば

気を取り直して も少し太田市をドライブ (^^)/

P5202841.JPG

江戸時代には

「お江戸見たけりゃ世良田へござれ」とまで謳われ 賑わったと云われます

御黒門
P5202840.JPG

縁結び門とも呼ばれ
P5202842.JPG

江戸時代は 特別な日以外は閉ざされていたそうです

写真はありませんが 門をくぐってスグ左に番所もあります

更に左手には 平成8年に再建された開運稲荷
P5202843.JPG

商売繁盛に御利益あり?

鳥居と拝殿
P5202844.JPG

注連縄が真新しいです
P5202854.JPG

そしてモチロン 東照宮ですから三つ葉葵
P5202845.JPG

ここ 世良田東照宮は

3代将軍の家光が 日光東照宮の社殿を新しくするにあたり

父の秀忠が造った日光東照宮の唐門 拝殿 多宝塔を

元々あった 長楽寺の敷地に移築したもの

御供水井戸
P5202849.JPG

寛永21年(1644年)の創建時に掘られ

今でも絶える事無く 神水とされています

折角ですので拝観料を払い 本殿を見ていきましょう ('ω')ノ
 
nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

岩崎屋 (太田焼きそば) 「群馬県 太田市」 [群馬県]

日本三大焼きそばの一つを食べに ホテルから車を走らせる事 約15分

この でっかい看板が目印
P5202834.JPG

P5202833.JPG

床は別にして 小奇麗な店内
P5202828.JPG

おっと! 失礼 <(_ _)>

メニューは至ってシンプル!
P5202827.JPG

で 三大焼きそばとは

静岡の富士宮 秋田の横手 そしてココ太田

ちなみに太田の焼きそばは これといった定義は無く

各店独自のソースや具材 麺を使用しているそうです

美味しそうなソースの香りを嗅ぎながら 待つ事数分で着席

どわっ! 太っ !! 黒っ !!! \(◎o◎)/
P5202830.JPG

具はシンプルにキャベツのみ

肝心なお味なんですが ソースの味が何とも (*_*;

なので途中 コショウかけたり追いソースしたり (~_~;)

でも 持ち帰りで購入する人 多数なのです

こちらは (*^^)v
P5202831.JPG

群馬県民が愛してやまない焼きまんじゅう \(^o^)/

米と小麦を練り合わせ

麹で発酵させて作った生地を蒸し(饅頭の皮に食感は似ています)

濃厚な甘い味噌ダレを塗って焼いたもの

普段 あまり饅頭を食べない私ですが こちらはパクパク

大きな声で言えませんが

焼きそばは 行田市や栃木市が ⇧ かなぁ(個人的意見)

nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

ワイン食堂44 「群馬県 太田市」 [群馬県]

さて 夕飯は?

セクシーパブ スーパー越後屋 では無く

この越後屋の隣にある ワイン食堂44
P5192795.JPG

太田駅の南口から 歩いて3分ほど かな?

店舗正面は うっかりしていると見逃がしそうな小ささ

メニュー 可愛いっす (o)
P5192811.JPG
P5192812.JPG

もしかして オーナーの名前が「よし」なので44 (・・?

Todays 44 wine
P5192797.JPG

Todaysと書いてはありますが 食べログを見ると

ずぅっとこのワイン (^_^;)

知らないふりして お勧め通り頂きます (^o^)丿

ロゼダンジュ&お通し
P5192798.JPG

とても奇麗な色のロゼ ちょい渋めながら仄かな甘さで超◎

実は 20年前の新婚旅行で飲んだワインなのであります (懐"

ヨッシーの生ハム盛り Sサイズ
P5192800.JPG

なんともムチムチ旨々 (@^^)/~~~

(スーパーで売っている生ハムって?)

本日のチーズもりもり
P5192803.JPG

チーズ好きにはたまりません !!!

帆立貝の香草パン粉焼
P5192804.JPG

亜鉛 タウリン 鉄分etc 栄養豊富でホコホコ帆立 (・´з`・)

半熟玉子とベーコンのビスマルクピッツァ
P5192807.JPG

焼き加減バッチリ とろ玉ベーコン (^_-)

これを食べれば あなたも私も鉄血宰相 (◎o◎)b

この辺で白ワイン
P5192809.JPG

いいなぁ! このコースター ^m^

P5192814.JPG

殻ごと食べてカルシウム補給 ( `ー´)ノ

最後に

前橋市 岡本さんちの 群馬五穀牛サーロインステーキ
P5192818.JPG


適度な脂で よだれ垂れ垂れ (゜¬゜)

そしてデザートのキャラメルチョコムース
P5192819.JPG

むっちり濃厚 (*ノωノ)

ステーキとデザートのお供は赤ワイン
P5192815.JPG

う~ん 良い香り (#^.^#)

各料理 味は若干濃い目

なので お酒がお酒が進む君なのであります ('◇')ゞ

週末は予約必須

そして 厨房はイケメン揃いの
P5192810.JPG

ワイン食堂44でした(妻 大喜び \(^o^)/)

nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

東武鉄道伊勢崎線 太田駅々前 「群馬県 太田市」 [群馬県]

妻沼聖天山の次は酒蔵巡り

そして利根川を越え 宿泊地の群馬県の太田市へ

ホテルにチェックイン後 少しマッタリして夕飯 なのですが

夕飯の前に ちょっとだけ太田駅前を (^o^)丿
P5192790.JPG

時刻は午後6時過ぎ

人影はまばらで いるのは殆んど南米系の人たち

そして 駅横のビル(写真はありません)は

元々 ベルタウンというショッピングセンターでしたが

今はドン・キホーテが入ったものの ほぼ空き状態 (寂”

ちなみに

奇麗な駅ですが 駅中には店舗等は見当たりませんでした (゜_゜;)

反対側の北口には 新田義貞(源 義貞)脇屋義助の銅像
P5192791.JPG

あ! 太田市はスバル(旧 中島飛行機)の企業城下町なのであります (''◇'')ゞ
P5192792.JPG

人が殆んどいないのに 無駄に歩道が広い南口駅前の道路
P5192794.JPG

それにしても 駅前から風俗街が立ち並んでいて

ていうか 店舗のほとんどが風俗なのであります
P5192793.JPG

w(◎o◎)w


んで 待ちに待った夕飯です (@^^)/~~~

ここに食べに行きたかったので 太田に行った?

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

ナマズはお好き? うおとし 「群馬県 板倉町} [群馬県]

とある土曜日 妻が財布からイロイロ出しながら一言

「うおとしのスタンプが一杯だよ!」


「じゃ 行っちゃう?」

P7290500.JPG

P7290499.JPG

帰りに写真を撮ったのですが 閉店前に早や照明が落とされて・・・

店内の入り口付近には 昔のちょっとした農機具や
P7290497.JPG

揚げ船が飾られています
P7290498.JPG

かつて 水害時の交通運搬に使用された舟で

現在は群馬県板倉町近辺で イベント等で使われるみたいです

妻 うおとし六の膳
P7290474.JPG

なまずの薄造り
P7290479.JPG

海の魚みたいに臭みも無く とてもあっさりとした逸品

ポン酢で頂きます

こいのあらい
P7290476.JPG

こちらは酢味噌

こいのあらい 食べると おっぱいがいっぱい?出るそうですよ

他は干し川えびと青首大根サラダに漬物

あとから うなぎ御飯と吸い物が着席です
P7290495.JPG

私 なまずの唐揚げを肴に (こちらもポン酢なのであります)
P7290484.JPG

館林の地酒 分福をチビチビと
P7290481.JPGP7290483.JPG

う~ん まろやかな口当たり (#^.^#)

なまずの身は ほろっ とした淡白な白身
P7290487.JPG

皮の近くや骨の周りの身が 脂が乗って特に美味しいのであります (^^)

私の なまずセットが着席
P7290488.JPG

右上は なまずの薄造りです

なまず天重
P7290491.JPG

なまずの天婦羅と たたき揚げが乗っています

たたき揚げ とは?
P7290493.JPG

なまずを骨ごと潰してミンチにした身に

豆腐や根菜類を練り込んで 一口大に揚げた物

んで スタンプ満欄で頂けるものは?

この たたき揚げが一皿サービス (/・ω・)/
P7290492.JPG

鰻の代用食として注目されている鯰 ぜひ御賞味下さい (^o^)丿



注) 休日は専用メニューとなる場合があり
 
メニューが減る時がありますので御注意ください!

nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog