So-net無料ブログ作成

長瀞蔵 藤﨑摠兵衛商店 「埼玉県 長瀞町」 [酒]

秩父鉄道の長瀞駅から歩いても10分弱

宝登山に向かう途中にあります

P5295461.JPG

創業は享保13年(1728年)

近江商人の藤﨑宗兵衛光重が埼玉県の寄居町に創業

2014年に酒造りを休止しましたが 他の酒蔵からの支援を受け

2018年に長瀞の地に移転し 酒造りを復活したそうです

店舗では酒だけで無く
P5295462.JPG

埼玉の工芸品や食品も買う事が出来ます
P5295463.JPG

2階へ上がると そこはギャラリー
P5295466.JPG

昔使われていたものが展示されています
P5295468.JPG

試飲する事も出来ます(1階のレジ横にもあります)
P5295467.JPG

展示品を眺めながら 試飲するのも楽しそうです (・□・)ノ

奥にある仕込み蔵も
P5295469.JPG

見学する事が出来ますので
P5295465.JPG

興味がある人は
P5295464.JPG

お見逃し無く (@^^)/~~~

あ! 前置きが長くなってしまいましたが

宝登山神社の オッパイを吸うオジサンの彫刻を思い出しながら2本 (^o^)丿

純米 長瀞
P8214953.JPG

何ともしっかりとした酒の香り

ちょっと酸味が強い 辛口な吞み口

純米吟醸 長瀞
P8226146.JPG

ちょっと酸味を感じるものの ふっくらとした香り

吞み口は

仄かな甘味と微かな酸味を感じる 一昔前の日本酒って感じでしょうか

どちらも埼玉県産の酒米 さけ武蔵を全量使用です

[86蔵]

ちなみに オッパイを吸うオジサンの彫刻は

これでしたね
P5295481.JPG

(;^◇^;)ゝ

nice!(10)  コメント(2) 
共通テーマ:blog

横関酒造 「埼玉県 美里町」 [酒]

JR八高線の用土駅 又は 松久駅から歩けば30分?ほど ??

美しい里という町にある

P5285399.JPG

埼玉県で一番小さい酒蔵と云われる
P5285400.JPG

創業は明治13年(1880年)の まだ若い酒蔵です

長閑な埼玉県の田舎町を思い出して 毎度の2本 (^o^)丿

天仁 特別純米酒 無濾過生々
P7305940.JPG

ちょっと酸味を感じる香り

吞み口も若干酸味を感じるものの すっきり柔らかめ

天仁 純米大吟醸原酒 あらばしり
P8014916.JPG

とっても柔らかい吟醸香 呑む前から美味しそう (^ム^)

アルコール度数17度ということで ちょっと重ためな呑み口ですが

甘辛酸の三拍子揃った濃厚旨口

なんにしても 呑み過ぎに注意したいと思います ( ̄◇ ̄;)

[85蔵]

 
nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

滝澤酒造 「埼玉県 深谷市」 [酒]

JR深谷駅から 歩いて10分ちょい?くらいだと思います

P5085182.JPG

元々は 埼玉県の小川町で文久3年(1863年)に創業
P5085184.JPG

その後 交通の便の良さと水の利を求め 今の地に蔵を構えたそうです
P5085183.JPG

ちなみに荒川水系の伏流水は 発酵に有利な硬水なんだそう

それでは 荒川に敬意を表して毎度の2本 (^_^)/

純米酒 菊泉
P7084851.JPG

ちょっと酸味が強めの香り

吞み口は力強く 甘辛酸の調和がとれた一品

純米吟醸 青淵郷(せいえんきょう)
P7114878.JPG

ん! けっこう「くん!」と鼻孔を擽る ほの甘い香り

とても柔らかい甘さを感じる なんとも美味しいふくよかな旨口

ちなみに青淵郷とは 渋沢栄一の雅号なんだそう

[84蔵]

nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

松岡醸造 「埼玉県 小川町」 [酒]

創業は嘉永4年(1851年)

越後で酒造りの家柄の人が 小川町に移り住んで造り始めたそうです

P5085168.JPG

HPによると 小川町駅からは徒歩で25分となっています
P5085170.JPG

実は この蔵で使う仕込み水は
P5085169.JPG

酒の本場 兵庫の灘の水より硬度が高く ミネラル分も多いのだとか

では 蔵から見えた山々と新緑に2本 (^_^)/
P5085171.JPG

彩の酒 帝松 純米
P6194760.JPG

すっきりとした柔らかい香り

仄かな甘味と米のエグミ 柔らかな呑み口

米 麹 酵母など すべてが埼玉県産なんだそう

純米吟醸 和紙のふるさと(ラベルが和紙です)
P6225892.JPG

ちょっと酸味がある香り

柔らかい甘みの中に 仄かに酸味と米のエグミを感じます

[83蔵]

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

晴雲酒造 「埼玉県 小川町」 [酒]

JR八高線 & 東武東上線の小川町駅から 歩いて10分もかからないかと

P5085167.JPG

創業は明治35年(1902年) まだまだ若いですね
P5085166.JPG

店内は明るく そして お酒が一杯 \(~o~)/
P5085162.JPG

店員さんの御好意で 店舗奥の2階も見せて頂きました
P5085163.JPG

一昔前までは作業場の一つだったそうですが
P5085164.JPG

今は使われていないそうです
P5085165.JPG

では 酒林を思い出して 毎度の2本 (^.^)/

純米吟醸 晴雲
P6105763.JPG

若干酸味が強めながらも ふっくらとした酒の香り

微かな甘味と酸味で 米のエグミをしっかり感じる味 

金勝山 特別純米 蔓薔薇
P6085760.JPG

なんか酸味の強い 青りんご風の香り

ん! 蔓薔薇の花から分離した酵母で造った酒 (・。・)?

ちょっと強い酸味の中にも 微かな甘味も感じます

酸味の強い 若い白ワインを感じさせながらも 米のエグミもある吞み口

何とも面白い一品に仕上がっています


[82蔵]


nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

武蔵鶴酒造 「埼玉県 小川町」 [酒]

東武東上線 & JR八高線の小川町駅から 歩いても数分です

P5085158.JPG

創業は文政2年(1819年)

日本酒だけで無く
P5085159.JPG

奈良漬も自慢なんだそう
P5085160 - コピー.JPG

なにはともあれ わっしわっし(和紙の町なので)と2本 ヽ(´~`;

コシヒカリ(100%)純米吟醸
P5275330.JPG

蓋を開けると かなり酸味の強い香り

そしてやっぱり 酸味が強めな呑み口

仄かな甘みも感じ 一風変わった旨口(ちょい剣菱みたい)

純米吟醸 和紙の詩(ささやき)
P5315573.JPG

こちらも 少し酸味が強い香り

辛みと 酸味主体の辛口

そしてラベルが和紙で

紙漉きの絵が描かれているのが なんとも憎いのであります (^^ゞ


[81蔵]

nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

沓掛酒造 「長野県 上田市」 [酒]

しなの鉄道 西上田駅から歩いて5分ほど

交通量が多いのに歩道が狭く ちょっと危険な上田バイパス沿いにあります

P4034752.JPG

創業は元禄年間(1688年~1704年)という事で
P4034753.JPG

もう300年以上 w(-o-)w
P4034755.JPG

福が限りなくあります様にと いつも通り2本 (^_^)/
P4034754.JPG

純米吟醸 福無量
P5145312.JPG

蓋を開けると フンワリと柔らかな甘い香り

仄かな甘みと微かな米のエグミ 呑み易い逸品 (^.^)

福無量 しぼりたて生原酒
P5155322.JPG

もったりとした酒の香り

そして 生原酒という事で アルコール度数19度 \(~o~)/

なので 重たい呑み口を想像していましたが

ん! そんなに重たく?無いです !!

でも ちょっと酸味が強めの辛口

こういう日本酒 呑み過ぎ注意なのであります (;'∀')

[80蔵]

ここの杜氏は 昭和64年(1989年)生まれ

まだまだ若いですね!

nice!(11)  コメント(2) 
共通テーマ:blog

若林醸造 「長野県 上田市」 [酒]

上田電鉄の別所線 中野駅から歩いて数分

信州の鎌倉と呼ばれる 塩田平に蔵を構える

P4024611.JPG

創業は明治29年(1896年)の まだ若い酒蔵です

創業の頃

吉野桜の下で花見の宴の際 満月に桜吹雪が舞っているのを見

命名されたという銘柄を2本

純米酒 つきよしの
P5035115.JPG

吟醸香ではありませんが とてもスッキリとした良い香り

まるで剣菱?

酸味と甘みが調和した逸品

純米吟醸酒 つきよしの
P5035118.JPG

なんとも慎ましい(控えめな) 香るか香らないかの香り

強めながらも ふっくらとした甘み ちょいっと冷やして?が美味 (^v^)

[79蔵]

それにしても 購入時に対応して戴いた女性

何とも控えめ(静か過ぎ)な人で とても買い難かったのであります (;'∀')

あまり 直に蔵で買う人が少ないから?なのかな ???

nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

岡崎酒造 「長野県 上田市」 [酒]

上田駅から 歩いて15分弱でしょうか

旧北国街道の古い町並み 柳町にある蔵

P4024593.JPG

創業は寛文5年(1665年)
P4024594.JPG

かなり永い歴史を持つ酒蔵です
P4024595.JPG

そして
P4024592.JPG

数年振りの再訪となります

なんともめでたい名前を2本 (^_^)/

上田・稲倉の棚田 信州亀齢 無濾過生原酒
P4205085.JPG

何とも しっかりとした酒のいい香り

ちょっと甘さ強めながらも 呑み易い一品

長野県産美山錦 信州亀齢 無濾過生原酒
P4234638.JPG

こちらもかなり しっかり酒って感じの香り

やはり甘さ強めながらも フルーティな吞み口

もしかしたら 杜氏の好みが甘めなのでしょうか?

冷やで呑んだらどちらも かなり甘いと思います

どちらも生酒なので 開栓時に軽くプシュ! そして微かに発泡を感じます

nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

和田龍酒造 「長野県 上田市」 [酒]

上田駅から歩くと 20分超かかると思います

P4024583.JPG

明治20年(1887年)創業の

住宅街に佇む まだまだ若い酒蔵です

応対して頂いた 優しそうな女将(でしょうか?)と会話しながら

どれを買おうかな ???
P4024584.JPG

と いつも通り2本 いきまっせ ( ̄▼ ̄)/

和田龍 純米酒
P4114801.JPG

しっかりめの酒の香り

仄かな酸味と甘みで 呑み易い旨口
 
和田龍登水 純米吟醸山田錦
P4134845.JPG

生酒は アルコール度数18~19度が多いのですが

この登水は16度に抑え 爽やかでフルーティーな吞み口になっています

なんともすっきりした香りの逸品

上田へ行ったら ぜひ押さえたい一品なのであります (^^ゞ


[78蔵]

nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:blog