So-net無料ブログ作成

上松や 「朝御飯と個人的感想」 別所温泉酒蔵紀行 14  [長野県]

赤ワインを呑んで爆睡 (´0`)zzz

と思っていたのですが なかなか寝られず (´Д`)

窓の外に設置してある 室外機の音が気になっちゃいました (>_<)


さて普段 朝御飯を食べない私

ついに来ました 恐怖の時間 (ノД\lll)

前日お願いした時間の8時半に朝食会場に行くと

昨夜来た 宿の主人が何やら説明中

会場に描かれた 切り絵の説明でして
P4034726.JPG
P4034727.JPG

切り絵師 百鬼丸(誰?)の作だそうで お題は

「夏の日の夢~大阪夏の陣 真田幸村と十勇士vs徳川家康」

なんだとか

けっこう圧巻です (^o^)丿


んで 恐怖の時間ですが 可愛いメニュー表が置いてありまして
P4114799.JPG

とりあえず
P4034722.JPG

目の前にあるものは
P4034724.JPG

すべて
P4034725.JPG

頂きました (oノ´□`)ノ

御飯や味噌汁 サラダや飲み物類はバイキングとなっております

え! これだけで足りるの?

と思う人もいると思いますが この量でも私 昼が食べられませんでした (/_;)


で 最後に 「上松や」について個人的感想

朝夕とも料理が美味しいですし 硫黄の温泉も◎
草津や日光は匂いがきつく 2~3日は匂いが残るのですが
ここは そこまでではありません
なのですが 大浴場の湯舟の大きさと洗い場(カラン)の数
最大収容人数が120名との事ですが 洗い場は確か12ほど
閑散期はいいですが 繁忙期にはキャパオーバーになりそう
そういえば 脱衣所の天井付近の埃 かなり目立ちました

そして もう一つ

チェックインしたあと 夕飯や朝食の時間を決めたり説明があるので
後ほど部屋に 仲居さんが来る事になっていたのですが
来たのはナント 部屋に入って30分以上も経ってから
私の後に 団体が到着したかららしいのですが
夕飯までに 風呂に行く時間が無くなるんじゃないかと
まぁ 来た中居さんが とても良い人でしたので帳消しですが
それにしても 中居さんは私のお袋くらいの歳で驚き !!!
次の記事で書きますが 別所温泉自体 かなり厳しい状況なので
従業員が少ないのは しょうがないのかなぁ? なんて

さて もう一回泊まりたいかと聞かれれば?

はい (^o^)/

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

上松や 「夕飯」 別所温泉酒蔵紀行 13 [お宿]

夕飯の前に温泉なのですが

写真は撮れませんので ☞ こちら ☜ を (^^)/

無色透明の硫黄泉で けっこう匂いが (^^;)

でも硫黄の匂い 「温泉に入った!」って気分になりますよね (^ム^)

ちなみにキリッとした湯ですので 肌ツルツルとはいかず

なので冬場 乾燥肌の人には 余り合わないかもしれません


さて お楽しみの夕飯は部屋食です ( ̄▽ ̄)

メニューは この巻物の中に(笑”
P4024696.JPG

題して 「出陣 真田幸村」(≧▽≦)
P4024697.JPG

小さなテーブルに 美味しそうな料理が所狭しと並びます(嬉”
P4024682.JPG

地元産葡萄を使った 赤ワインをお供に頂きまっす \(^o^)/
P4024717.JPG

中央の小鉢は 信州サーモンの小鮨
P4024685.JPG

岩魚 サーモン そして馬刺しで全て信州産  千曲産豚肉の餡かけ
P4024693 - コピー.JPGP4024701 - コピー.JPG

地鶏 真田丸の味噌朴葉蒸し焼き      信州産黒毛和牛に信州福味鶏の塩麴漬
P4024683 - コピー.JPGP4024690 - コピー.JPG

お香子に                 今時珍しい御櫃で御飯
P4024703 - コピー.JPGP4024705 - コピー.JPG

ジュウジュウ焼いて焼いて .。o○.。o○
P4024709.JPG

御飯が御飯がススム君~ ♪
P4024711.JPG

なのであります (''◇'')ゞ

信州産ふじ林檎のコンポート 林檎プリン わらび餅
P4024714.JPG

デザートも美味しく頂き (^^

お腹一杯で もう動けません (・_;)

ご馳走様でした!

残った赤ワインは寝酒に (=_ヾ)
P4024700.JPG

途中
P4024707.JPG

旅館の主人が挨拶に来たのには w(◎o◎)w

nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

上松や 「真田戦国部屋」 別所温泉酒蔵紀行 12 [お宿]

私が泊まった部屋は幸村(禁煙)
P4024678.JPG

一人旅専用の コンセプトルーム(真田戦国部屋)となります

それでは

サービスのウェルカムドリンクを呑みながら 紹介させて頂きます (^~^)/
P4024673.JPG

入ると

囲炉裏を配したテーブルに
P4024668.JPG

奥にシングルベッド
P4024669.JPG

大きなテレビは クローゼットに
P4024671.JPG

それにしても
P4024674.JPG
P4024675.JPG

どこもかしこも 幸村 & 六文銭づくし (^^;)

でも ベッド下にある この冑
P4024718.JPG

夜中に目覚めて見てしまったら チト怖いかも (゚〇゚;)

まぁ ここまでは凄いのですが その他は?

至って普通のバスルームと ショボい(弱過ぎ)ウォシュレット
P4024720.JPG

窓からの眺めは 隣の旅館の壁 |д´)
P4024676.JPG

眺めについては

「じゃらん」の口コミで知っていましたので 特に気にしませんが

それより

発泡酒を呑んでいたら (-。-)y-゜゜゜ したくなりました (´Д`)


そして次は 楽しみな夕飯 (^_^)/

nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

上松や 別所温泉酒蔵紀行 11 [お宿]

信州の鎌倉を散策した後は 今宵お楽しみの宿

P4024663.JPG

別所温泉駅から「くるっとバス」もありますが ゆっくり歩いても10分ほど
P4024658.JPG

日本武尊が 東征の折に発見したとされる信州最古と云われる別所温泉

150年の歴史を持つ旅館です

まずはロビーで 抹茶と茶菓子でチェックイン
P4024667.JPG

ロビー前には小さなテラス
P4024665.JPG

テラスは喫煙所を兼ねており 禁煙の部屋に泊まった私は度々ここで (-。-)y-゜゜゜

(喫煙可の部屋もあります)

それでは部屋に向かいます

建物は古めですが 所々に可愛い飾り (#^.^#)
P4034728.JPG

落ち着いた廊下を通り
P4024679.JPG

今宵の部屋 幸村です (^o^)/
P4024678.JPG

ややっ! またもや六文銭 (;'∀')

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

別所温泉酒蔵紀行 10 北向観音 [長野県]

前の記事に書いた 黒門の前となります

P4024645.JPG

短い参道ですが 両側に店舗が立ち並んでます
P4024646.JPG

平安時代初期の天長2年(825年)
P4024647.JPG

比叡山延暦寺座主の 慈覚大師円仁により開創された霊場なんだとか

本堂が北向きなのは 日本では殆ど例が無いそうで
P4024654.JPG

観世音菩薩のお告げによるものだそうです

この中に 御本尊の千手観音様が?
P4024653.JPG

境内には お堂などが多いです

左から愛染堂 札所観音堂 額堂
P4024648.JPG

鐘楼と護摩堂
P4024649.JPG

温泉薬師瑠璃殿
P4024655.JPG

あ! 女房元気で留守番しておりますが
P4024652 - コピー.JPG   P4024651 - コピー.JPG

ま! いっか \(~o~)/

ちなみに 長野の善光寺と向き合っているそうで

両方お参りすると 御利益倍増?らしいです (=゚ω゚)b


そろそろ チェックイン予定時間が迫ってきました

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

別所温泉酒蔵紀行 9 安楽寺 [長野県]

安楽寺から「さるすべり小道」を通り 安楽寺

さるすべり小道 温泉街の眺めが (*^^)v
P4024631.JPG

案内看板
P4024632.JPG

ふぅ~ん! 信州最古の禅寺なんですねぇ

山門まで ちょっとした急階段 (^^;)
P4024633.JPG

山門をくぐると 鐘楼と本堂が見えてきました
P4024634.JPG

立派な本堂に(扁額に 安楽禅寺と書いてありますね!)
P4024635.JPG

横には これまた立派な庫裡
P4024636.JPG

折角ですから重要文化財で国宝の 八角三重塔(300円)を見て行きましょう (^^)/
P4024638.JPG

またまた急な階段を上がります (^^;;)
P4024637.JPG

渋過ぎ !!!
P4024639.JPG

長野県最初の国宝なんだそうで
P4024640.JPG

四重塔に見えますが 三重塔らしいです

日本で唯一残された 貴重な八角塔だそう

こんな歌もあります

「老の眼に 観る日のありぬ別所なる 唐風八角三重塔」

こちらも重要文化財
P4024641.JPG

二体の座像が安置されております
P4024642.JPG

恐れ多くて 写真は撮れませんでした <(_ _)>

実は 少し離れた所に安楽寺の入口(黒門)がありまして
P4024644.JPG

こちらも
P4024643.JPG

お見逃し無き様 ●~*

nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

別所温泉酒蔵紀行 8 常楽寺 [長野県]

信州の鎌倉と呼ばれる 塩田平別所温泉を含む地域)
P4024615.JPG

何故に そう呼ばれるかと言いますと

鎌倉幕府の重職であった北条義政からその孫まで
三代に渡り約六十年 塩田北条氏信濃の一大勢力として
この地方を統治した事からなのだそう

なので

鎌倉時代から室町時代にかけて造られた神社仏閣など
数多くの文化財が残っており
 
そして

美しい日本の歴史的風土準100選にも選定されているのだとか


では まずは別所温泉駅の近くの常楽寺(100円)へ (^o^)丿

訪れて目立つのは この石柱
P4024620.JPG

本山に準じた 特別な格式を持っている?のでしょうか ???

後ほど記事にする 北向観音の本坊となります
P4024622.JPG

重厚な本堂に
P4024623.JPG

立派な御船(みふね)の松
P4024630.JPG

樹齢350年と云われています

見る位置によって 宝船に見えるそうで

この宝船で 阿弥陀様が極楽浄土へお連れ下さるとか

初めて出会う 座っている六地蔵様(で いいのかな?)
P4024624.JPG

の奥には

重要文化財の石造多宝塔(中央)
P4024625.JPG
P4024626.JPG

ここで 北向観音様が出現したと云われます

こちらは多宝塔の子供達? (^。^)
P4024627.JPG

本堂の裏には
P4024628.JPG

可愛い水芭蕉が ひっそりと咲いていました (^.^)

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

別所温泉酒蔵紀行 7 上田電鉄別所線 別所温泉駅 [長野県]

(~ヘ~;)

上の顔文字の気分で別所温泉駅に到着
P4034744.JPG

駅舎内に待合を兼ねた
P4024613.JPG

小さくて可愛い駅です ∬´ー`∬♪
P4024614.JPG

この駅は大正10年(1921年) 別所信濃駅として開業

昭和5年(1930年)に 別所温泉駅に改名

駅舎は昭和25年(1950年) 現在の駅舎に改造されたそうです
P4034746.JPG

上田市の 都市景観賞にも選ばれています
P4034745.JPG

さて この駅で下車した人数は数十名ほど

ほとんど皆さん すぐに町中歩きに行ったり

駅横から出る 各旅館に無料(別所線利用者限定)で送迎してくれる

くるっとバスに乗ってしまうのですが

駅横の コチラも是非 (^o^)/
P4034743.JPG
P4034742.JPG

残念ながら 車内見学は不可 (ToT)

余談ですが 別所温泉に唯一あるコンビニ
P4034741.JPG

駅を少し下った所にあります


では

旅館のチェックイン予定時間まで間があるので

信州の鎌倉と言われる 別所温泉を散策です (^o^)/

nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

別所温泉酒蔵紀行 6 上田電鉄別所線 [長野県]

別所温泉に行くには

上田電鉄の別所線に乗らなければなりません
P4024607.JPG

乗った電車は 六文銭をあしらった車両なのですが
P4024608.JPG

あまりお洒落じゃありませんね (^^;)
P4024609.JPG

写真で作られた駅名看板はお洒落
P4024610.JPG

この他にも
 
上田電鉄キャラクターの 「八木沢まい」が絵柄の看板もあります

長閑な風景を見ながらのローカル線 (*´ω`*)
P4034748.JPG

なのですが 車内は都会と同じ通勤電車 (´Д`)
P4034747.JPG

さて

途中駅の近くに酒蔵があるという事で 中野駅で一旦下車
P4024612.JPG

ちなみに酒蔵の若林醸造は 駅から歩いて数分の距離
P4024611.JPG

自動販売機だけで無く トイレも無い無人駅でして

電車も1時間に2本しか無く 時間を潰すのが大変でした

そしてモチロン この駅から再乗車する訳ですが

電車はワンマン運転で整理券方式(前以て乗り方はネットで調べてあります)
guidance_img02_big.gif

乗り込んで整理券を機械から取ろうとしたら 機械に整理券が出て無くて

「あれ?」

思わずキョロキョロしていたのですが (・.・ )( ・.・)?

目の前にいて 私を見ているはずの運転士は知らん顔

「スイマセン 整理券は?」と私

面倒臭そうに運転士 「あっちです」

何故 乗り込んだ反対側のドアの機械に整理券? (゚_。)?

楽しかった別所線の旅だっただけに ちと

( ̄へ  ̄ 凸


nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

和田龍酒造 「長野県 上田市」 [酒]

上田駅から歩くと 20分超かかると思います

P4024583.JPG

明治20年(1887年)創業の

住宅街に佇む まだまだ若い酒蔵です

応対して頂いた 優しそうな女将(でしょうか?)と会話しながら

どれを買おうかな ???
P4024584.JPG

と いつも通り2本 いきまっせ ( ̄▼ ̄)/

和田龍 純米酒
P4114801.JPG

しっかりめの酒の香り

仄かな酸味と甘みで 呑み易い旨口
 
和田龍登水 純米吟醸山田錦
P4134845.JPG

生酒は アルコール度数18~19度が多いのですが

この登水は16度に抑え 爽やかでフルーティーな吞み口になっています

なんともすっきりした香りの逸品

上田へ行ったら ぜひ押さえたい一品なのであります (^^ゞ


[78蔵]

nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:blog