So-net無料ブログ作成

国産二八蕎麦 蕎香 エキュート上野店 [上野界隈]

数年に数回ほどある 朝7時頃に終わる勤務

速攻で家に帰ってもいいのですが・・・腹減ったぁ (>_<)

でも開いている店は

牛丼チェーン店やファミレス以外では皆無でしょうか (;´Д`)

あ! そういえば 食べログで高評価の店(3.52)が

上野エキュート内にあるのを思い出しました!

という訳で とある日の夜勤明けランチ

ん? ランチではなくモーニング (・・?

P9153111.JPG

駅ナカの蕎麦屋にしては かなり奇麗な店舗です
P9153110.JPG

注文したのは 海老天のざるそば(800円)
P9153108.JPG

天婦羅 揚げたてみたいでホクホク (^o^

肝心な蕎麦の味は?

個人的評価で3.52というより 3.25? でしょうか!


食べログの評価 けっこう 良く分からない時がありますねんて (◎_◎;)


余談ですが 隣で食べていた人の朝定食(生たまご・国産とろろ)

値段的にも量的にも こちらの方が めっちゃ美味しそう (*''▽'')


nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

蔵王酒造 「宮城県 白石市」 [酒]

JR東北本線の白石駅から 歩いて5分位です

P9092951.JPG

こんな看板を見てしまうと
P9092952.JPG

おおー! 凄い (◎_◎;) と思ってしまいますが

品評会に出すお酒は特別に造る訳で 私達の買うお酒とは違います

創業は明治6年(1873年) 渡邊佐吉?さんが開業
P9092953.JPG

そういえば 壽丸屋敷を作った人も渡邊さんでしたけど 親戚?

店内には お酒に関する展示も少しあります
P9092954.JPG
P9092955.JPG

やっぱり2本 (^o^)丿

秋あがり(ひやおろし) 特別純米原酒 蔵王
P9173426.JPG

もったりとした酒の香り

原酒ということでアルコール度数が高く

若干甘みが強い ちょっと重たい呑み口

氷温熟成 純米吟醸無濾過原酒 蔵王
P9193138.JPG

ん! なんとも仄かに甘い フンワカとした美味しそうな香り .。o○

スッキリながらも 仄かな甘みと米のエグミを感じる旨味 (^▽^)

んで2本とも 蔵限定販売だったのであります ('◇')ゞ

それにしても
P9092950.JPG

大きな蔵なのであります (''◇'')ゞ


[66蔵]

nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

当信寺 & 鎌先温泉一泊旅行あとがき 「宮城県白石市 鎌先温泉一泊旅行」 [宮城県]

鎌先温泉一泊旅行の

感想を含めての後書きとなります


ホントはココで食べたかったのですが 当日はナント臨時休業 (;''∀'')

P9103096.JPG

白石駅から歩いて10分近くかかるので

臨時休業の張り紙を見た時は <(_ _)> でした

そして一言 お袋が 「もう歩くの キツイよ!」

ヤバっ (-_-;)

ていう事で駅に戻る訳ですが たまたま通りかかったのが

P9103093.JPG

慶長2年(1597年)創建の 浄土宗の寺院です
P9103095.JPG

山門は 白石城二の丸大手二ノ門を移築したものだそう
P9103094.JPG

この寺には真田信繁(幸村)の子供達である 阿梅 大八の墓があります

ちなみに現在も 仙台真田家として現在も続いているそうです


さて 今回の旅行は予想外の事ばかり

白石城は てっきり平城かと思っていましたが 実は平山城

始めから お袋は大櫓に登ることは諦めていましたが

大櫓に着くまでに坂道で ここからヘタリ始め
P9092928.JPG

旅館の階段で膝もガクガク(これが一番きつかったそうです)
P9093027.JPG

これから高齢化が進むことですし(私自身も)

建物が斜面に建てられているので 止むを得ないのは理解できますが

こういう事は きちんとHP等で知らせるべきかな?と!

これらを除けば湯主一條

料理が美味しく雰囲気も良い
1536565094309_.jpg

めっちゃ良い旅館だと思います (^。^)y-.。o○

ちなみに お婆(私のお袋)

帰宅した三日後は 歩くのがやっとだったそうです

(歳を取ると 筋肉痛が出るのが遅くなるのです)

まぁ私達夫婦(50歳代)にとっては 全くキツクはありませんでしたが


白石

土産を買う所が無いのが難ですが 温泉もとても良いですし

機会があれば ぜひ再訪したいと思います (^o^)丿

nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

菓子処 たかじん 他土産「宮城県白石市 鎌先温泉一泊旅行」 [宮城県]

ラストを飾る もう一話?です (^_^メ)

白石駅周辺には土産屋が無く 駅近くの和菓子の店舗で購入しました
P9092969.JPG

(矢印は白石駅)

P9103092.JPG

まぁ ほんの少しだけですが ^^;
P9103408.JPG

タルト Blueberry ガレット
P9123422.JPG

    白石川千本桜          白石真田物語(くるみゆべし)
P9123420 - コピー.JPGP9133424 - コピー.JPG

力餅 谷風ゆべし
P9103409.JPG

⇧ これが私の 一番のお気に入り (*´з`) ⇧

和菓子も洋菓子も美味しい「たかじん」 お薦めです (^^)/

あとは温麵

市内に数軒 販売店舗はあるのですが

もし買えないと困ると思い 旅館で購入しておきました
P9103412.JPG


箱を開けると なんとも派手な包装 (^○^)
P9203206.JPG

短っ(9センチ)!
P9203429.JPG

艶っ艶 で コシあります (*^^)v
P9203432.JPG

温麵もお勧めです (^.^)/


おっと! 「あとがき」もあるでよ (^▽^;)

nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

白石うーめん処なかじま 「宮城県白石市 鎌先温泉一泊旅行」 [そば&うどん]

あっ! という間の一泊二日

せっかく白石に来たので ラストを飾るのはモチロン温麵 (^^)/

白石駅前という好立地にある

P9103097.JPG

いいなぁ! こういう店頭ディスプレイ (^。^)
P9103098.JPG

店内
P9103099.JPG

なんか イロイロな物が置いてあります (゜o゜)

壁掛けメニュー
P9103100.JPG

「今から約四百年ほど前のこと
白石城下に住む鈴木味右衛門が
胃病に苦しむ老父を助けようと あれこれ思案していた時に
たまたま通りかかった旅の僧から
油を一切使わない麺の作り方を教わり
さっそく作って食べさせたところ 老父は全快したという
この孝行息子の話を聞いた白石城主片倉公は
温かい思いやりを誉め 温麺と名付けた」

と云われております

それにしても 味右衛門って名前が (''_'')

お袋 味三種うーめん
P9103101.JPG

ツユが ごま くるみ しょうゆ の三種となっています

妻と私 冷やとろうーめん
P9103104.JPG

素麺との違いは

油を使わないのと 長さが約9センチと短い事

思ったより歯応えがあり美味しいです (^^)v

ツユは 素麺のツユと同じ感じですかね!


あ~ぁ 帰らなくちゃ (ノД`)・゜・。

(あ! ラストを飾る もう一話 お土産も・・・!)

nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

鎌先温泉 湯主一條 館内外 Ⅱ 「宮城県白石市 鎌先温泉一泊旅行」 [お宿]

さて本館

日が昇ると 夜とは違う雰囲気を醸し出します
P9103085.JPG

昔は
P9103084.JPG

これらの一部屋ごとに 湯治客が長逗留していたんでしょうね
P9103083.JPG

ホントは 温泉街も散策したかったのですが生憎の雨

旅館の前だけ散策となります

左右どちらも 一條の建物です
P9103089.JPG

道 狭過ぎ !!!

一服しながら ここでボ~っとするのも良いかもしれません
P9103088.JPG

実は 当主の一條家は 京の公家出身(だとか)
P9103086.JPG

今川義元に食客として仕えていましたが 桶狭間の戦いで今川が敗れ

奥羽の地に来た際に 温泉の権利を譲り受け宿屋を建てたという事です

ん? 避難場所って どういう意味 (・・;
P9103091.JPG

では お土産を買って(土産 超少ないです)
P9103087.JPG

湯主一條を後にします (;_;)/~~~

nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

鎌先温泉 湯主一條 館内外 Ⅰ 「宮城県白石市 鎌先温泉一泊旅行」 [お宿]


伝承では 600年の歴史を有する老舗旅館だそうで

せっかくですから 少しだけ館内外を見てみましょう (^o^)丿

それでは 夕飯時に赤ワインを呑み

(妻はグラスに一杯だけなので ほとんど私が ´∀` )

部屋で更にビールを呑んだ 53歳のオヤジがご紹介します (~o~)/
P9093035.JPG

あ! 館内着は写真の他 浴衣も用意されております

部屋の前の廊下
P9093032.JPG

なんとも落ち着いた和を感じさせる造り なのですが

何処へ行くにも階段を数回 上がったり下がったり
P9093027.JPG

エレベーター等 一切ありません

HPにも 旅行会社のパンフレットにも書いていませんので

足が弱い人は注意が必要です(お袋 三日後に筋肉痛で歩行困難に ○o。.)

んで

ちょっとしたライブラリーもありまして
P9093029.JPG

ここにも 宮城県名産 (^○^)
P9093030.JPG

わーい すっぽんぽん \(^o^)/
P9093028.JPG

で ライブラリーには薬湯の入口(男女別です)
P9093031.JPG

600年前から奥羽の薬湯といわれ

傷 火傷 一般手術後 婦人病 リウマチ等に効くとか

塩化物ナトリウム硫酸塩泉で 鎌先温泉の元々の源泉だそうです

メインの大浴場(男女別 露天付き 加温)は別にあり

こちらは今から約90年前 仕事を求めて一條に来た人が

手彫りで洞窟を掘ったところ 冷泉が沸き出したんだとか
 
成分は ほぼ薬湯と同じらしいのですが こちらはショッパイです

お勧めは やっぱり薬湯でしょうか

ただ どちらも洗い場が少ないので注意が必要です

そして こちらは必見 ( `ー´)ノ

食事処の個室料亭匠庵の建物(本館です)

この建物は平成28年(2016年)3月 国登録有形文化財に指定された物

全景を写せないのが残念ですが ちょっとだけ夜の雰囲気を (^o^)丿
P9092989.JPG
P9093026.JPG

こちらの階段はチト怖い
P9093025.JPG

カオナシが歩いているかも?

さて 昼はどんな雰囲気に?

nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

鎌先温泉 湯主一條 朝食 「宮城県白石市 鎌先温泉一泊旅行」 [お宿]

普段 朝食を食べない(一日二食)私ですが

この日ばかりは いそいそと会場に向かいます

(食事会場は 夕飯と同じです)

ちなみに朝食も各自 和か洋かを前日の夕飯時に選ぶ事が出来ます

お袋は和食(席に着いた時の写真です)
P9103040.JPG

白石名物の温麵に 仙台名物の笹カマをサクッと炙ります
P9103042 - コピー.JPGP9103048 - にコピー.JPG

なんともあっさりで 婆にピッタリ (*^^)v

そして 美味しい鮭&塩鯖焼きで
P9103055.JPG

宮城県産ひとめぼれの 御飯が御飯がススム君~♬ なのであります (''◇'')ゞ
P9103057.JPG

(手前は朝 料理長の手作り豆腐)

あれ? そういえば最近 ササニシキって聞かないですね!

妻と私は洋食
P9103045 - コピー.JPGP9103046.JPG
P9103054.JPG

ジュースはトマトとマンゴー


なんとも柔らかい厚切りベーコン そしてオムレツの中は チーズがトロッ !!!

ホイップバター オリーブオイル 料理長手作り無花果のコンフィチュール(左)
P9103049 - コピー.JPGP9103064 - コピー.JPG

んで 右はコーンスープ

そしてモチロン

朝はパン ♪ パンパパン (^^♪
P9103051.JPG

下に温めた石が置いてあるので
P9103065.JPG

いつまでもぬくぬく~!

自家製ヨーグルトにフルーツ
P9103077 - コピー.JPGP9103074 - コピー.JPG

んで お袋 食後はコーヒーを頼んだのですが
P9103076.JPGP9103080.JPG

飲み終わってカップの底を見たら?
P9103082.JPG

ハートが透かしになっていました (@_@)


前の日にたっぷり呑んだ私ですが 美味しく完食なのであります (''◇'')ゞ

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

鎌先温泉 湯主一條 夕飯 「宮城県白石市 鎌先温泉一泊旅行」 [お宿]

それでは夕飯 行きまっせ (◎o◎)b

ここ 湯主一條では 個室料亭の匠庵(しょうあん)という場所で頂きます
P9093004.JPG

こちらも後ほど記事にしますが 大正から昭和初期に建てられた

木造一部四階建ての 本館となる建物なのであります (''◇'')ゞ

(宿泊する部屋とは 別棟になります)

それでは 「森の晩餐」の 始まり始まり~ (^o^)丿
P9092990.JPG

ん? 箸置き 可愛い (^ム^)
P9093022.JPG

まずは食前酒(自家製葡萄酒)と

ル・マゼットルージという 一番安い赤ワインを (*ノωノ)
P9092991.JPGP9092998.JPG

あれ? 食前酒 氷が入っており 味 薄っ (-_-メ)

前菜は8種
P9092994.JPG

どれも美味しそうで 迷い箸しちゃいそう (*''▽'')

お造り(ひらめ重ね・はた酢橘挟み) バジルソース添え
P9093001.JPG

普通に醤油で 又は 紫蘇ドレッシングでカルパッチョ風に

う~ん <(_ _)> ワインがワインが進む君 (~o~)

蓋物
P9093003.JPG

⇩ 焼物は 食事会場に来てから各自選ぶ事が出来ます(3種類から) ⇩

お袋 かさご茸包み焼き
P9093005.JPG

妻と私 仙台黒毛和牛焼き
P9093008.JPG

どちらも超旨旨 \(^o^)/

ここ一條 とても気が利いていまして

食事が始まる前に 御飯の配膳タイミングを聞いてくれます

なので 焼き物のタイミングでお願いしました

舞茸ご飯(白い御飯も選べますっ!) 止め椀は焼き茄子と小葱
P9093014.JPG

南瓜と大根の漬物も こんなに可愛く盛られて (#^.^#)
P9093015.JPG
 
⇩ なんと! 鍋物も選べるのであります (・ω・)ノ ⇩

お袋 吉次鍋(野菜醤油スープ)
P9093011.JPG

(吉次とは 魚のキンキの事です)

妻と私 蔵王フランス鴨鍋
P9093010.JPG

水菓子は 柿グラマンジェジュレちらし柿
P9093024.JPG

いやはや 旨過ぎて申し訳無いっす状態 (●^o^●)


翌日の朝御飯も期待大 (*^^)v

nice!(10)  コメント(2) 
共通テーマ:blog

鎌先温泉 湯主一條 部屋 「宮城県白石市 鎌先温泉一泊旅行」 [お宿]

旅館の送迎バスは 白石駅の次に 白石蔵王駅に寄り

そして市街を抜け

続いて 稲刈り前の田圃を眺め その後 山間を走る事 約15分
P9092975.JPG

目指すは鎌先温泉

生長元年(1428年) 草刈りの最中 鎌の先で温泉を掘り当てた?

と伝えられます

んで 送迎のバスは

5軒ある旅館街手前の駐車場で停車 ここで乗用車に乗り換え

湯主一条の前へ
P9103090.JPG

道が狭く 急な坂道で危ない為 個人の車で来た人も同様に

手前の駐車場に自家用車を停め 送迎を受けるになります

ロビー兼ラウンジでチェックイン
P9092976.JPG

ずんだ餅 旨し (^^♪
P9092977.JPG

枝豆を餡にした餅菓子で 宮城県を中心にした郷土菓子です

後ほど記事にしますが ロビーから部屋までは

階段を上がったり下ったりを繰り返し到着(お袋ヤバイ ;''∀'')
P9092979.JPG

10畳の和室となります
P9092981.JPG
P9092982.JPG

ちなみに 予約した近畿日本ツーリストでは

このタイプの部屋しか パンフレットにありませんでした

トイレはウォシュレットで 洗面だけはチョイっと?お洒落 ???
P9092983.JPG

なのですが

窓からの眺めは 今一つ (・_・)
P9092984.JPG

では 夕飯まで寛ぐとしますか (^。^)y-.。o○
P9092986.JPG


<余談>

私たちが泊まった和室10畳の部屋と 一部の部屋のみ喫煙可 (-。-)y-゜゜゜
P9093034.JPG

お高い部屋は ほぼ禁煙となります

nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:blog