So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

夜の浅草 & 燈籠祭 [浅草界隈]

とっぷりと陽は暮れ 徘徊の目的地へ の前に

ちょっと夜の浅草を

尾張屋支店の脇の道 かんのん通り
P9233487.JPG

日曜という事で ホッピー通りは大賑わい \(~o~)/
m_E38284E381BEE38284E383BBE3839BE38383E38394E383BCE9809AE3828A20002.jpg

そして 浅草寺の境内には露店が立ち並び
P9233500.JPG

ん! 露店?

そうそう 今回のお目当は 浅草燈籠祭

(9月15~29日迄で 終了しています)

浅草神社(他の場所有り) 奇麗な燈籠が飾られていました
P9233490.JPG
P9233496.JPG
P9233491.JPG

地元の子供たちが描いたみたいです (#^.^#)
P9233492.JPG   P9233495.JPG

ちなみに私

19年も浅草で働いていて この催しを知ったのは今年

「燈台下暗し」とは この事?

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

尾張屋(支店)の上天丼  [浅草界隈]

さて 米久の牛鍋に舌を奪われそうになりましたが

この日の夕飯は

初めから考えていた 尾張屋の支店
P9233485.JPG

明治3年(1870年)創業の老舗そば屋で 浅草では超有名店ですね!

(幕末に創業と書いてあるサイトもあります)

それにしても くっきり奇麗な店頭ディスプレイ (^0_0^)
P9233486.JPG

で モチロン蕎麦屋という事で蕎麦でしょ!

と思われると思いますが ここは上天丼を

夜ですので 遠慮せずにチビチビ
P9233479.JPG

ていうか 私が注文したのは大関じゃ無く 笹の川なんですけど (-_-メ)

ま! いっか (^-^;

ちなみに お通しは蕎麦味噌らしいです(超ネットリ)

んで 上天丼 着席 \(~o~)/
P9233482.JPG

車エビの尻尾が はみ出しておりますねんて w(◎o◎)w

東京下町の天丼は
P9233483.JPG

天婦羅へたっ 濃い目ながらしょっぱくないタレ

関西の人に いちゃもん ( `ー´)ノ 付けられそうですが

これが 東京下町の天丼なのであります (V)o¥o(V)

ご馳走様でした (''◇'')ゞ

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

ひさご通り商店街から浅草神社へ [浅草界隈]

千束通り商店街が終わり 言問通りを超えると

なんとも目立つアーケード (@_@;)
P9193133.JPG


飲食店が多いものの
P9193134.JPG

観光客は殆ど来ない 普通っぽい商店街です
P9193136.JPG

その 普通っぽい商店街の中で 一際目立つ店舗が

P9233477.JPG

明治19年(1886年)創業のすき焼き

いえいえ 牛鍋屋です

う~ん 後ろ髪 引かれる~ (∩´∀`)∩

のですが も少し足を進めます (/TДT)/

ホッピー通り(煮込み通りとも)では 寅さんの物真似を眺め
P9233478.JPG

P9223207.JPG
P9223208.JPG

なんかイロイロ並んでいるのですが その前に夕飯 (^▽^;)


余談ですが浅草では 通りという通りに名前が付いており

「たぬき通り」や「すしや通り」に「食通街」

もし浅草を訪れる機会がありましたら 通り名も確認してみて下さい (-ω-)/



nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

裏浅草 2 [浅草界隈]

さて 裏浅草をも少し ('ω')ノ

ちょいっと渋い 立派な建物
P9233470.JPG

昭和24年(1949年)創業の

P9233468.JPG

入口の上を覆う緑は藤で
P9233469.JPG

台東区の保護樹木になっているそうです

ちょうど私が 曙湯の全景を撮っている時

カランコロンと 下駄を鳴らして入って行く男性がいまして

「粋だねぇ!」

浅草芸者 今でも健在 (◎o◎)b
P9233471.JPG

P9233472.JPG


途中

気になる名前の お地蔵様がぽつねんと (。´・ω・)?
P9233464.JPG

浅草半助地蔵尊
P9233465.JPGP9233466.JPG

江戸時代
この千束界隈に 牢内で重病になった人を収容する
浅草溜と言う施設がありました
その近くに 半助という名主がおり 病気の因人たちを手厚く看病し
因人たちは半助に感謝し 慈父の様に慕っていたそうです
その半助が没した後 悲しんだ因人たちは力を合わせ
半助を供養する一体の地蔵を彫り 祀った

とされています (/_;)


あ! も少し徘徊 (^_^;)

nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

裏浅草 1 [浅草界隈]

何気に迷い込んだ場所は 裏浅草と言われる地域

観音裏と言う言葉もありますが 地域的には同じ?なのでしょうか ???

地図的には この辺りかなぁ?と !!!
Map - コピー.gif

さて 前回の「とんかつ河金」を過ぎると

P9233463.JPG

過日ブログにした ザ バーガークラフトがある通りになります
P9233462.JPG

訪れたのは日曜日

人通りは余り多くはありません

んで裏浅草

滅多に来る機会がありませんので 少しだけ徘徊 (^o^)丿

食べログで 高得点の店も点在しています

P9233467.JPG

⇧ ゆであずき オムマキが好評なんだとか ⇧

P9233473.JPG

名前の通り 釜飯の店 ^m^

⇩ 「釜めし むつみ」の すぐ隣です ⇩

P9233474.JPG

⇧ ちょっとお高い 町中の洋食屋さん? ⇧

P9233475.JPG

ここ 以前訪れた事がありまして 名物は「ねぎま鍋」

あ! 「ねぎま」と言っても 焼き鳥ではありません
m_o0576043213191939232E381ADE3818EE381BE-afc80.jpg   m_o0576043213191938608E381ADE3818EE381BE-96845.jpg

長葱と鮪の鍋(右は 本鮪かまとろ握り)なのであります (^^ゞ

かまとろ握り 今思い出してもヨダレ ヾ(´ρ`)〃

P9233476.JPG

東京で 一番古いおにぎり専門店なんだとか


風に吹かれて けせらんぱさらん

気になる店が増えるばかり <(_ _)>

nice!(12)  コメント(4) 
共通テーマ:blog

国際通りを南下 浅草へ [北&南千住・三ノ輪・入谷界隈]

飛不動様から そのまま国際通りを南下します

右手に 大きなお寺が見えてきました

西徳寺です
P9233458.JPG

歌舞伎役者 十七・十八代の中村勘三郎のお墓があるそうです

そして しばらく歩くと左手に

P9233459.JPG

同じく左手に

P9233460.JPG

どちらも酉の市で有名ですね

今年は三の酉ですので

11月1日(木)・13日(火)・25日(日)の三日開かれます

いつも 酉の市の時にしか行かないので

いつか 静かな時に訪れてみたいと思います

え! 今回 何故スルーしたかって?

この後 まだ行きたい所があるのであります (-ω-)/

さて

鷲神社から もう暫く国際通りを歩き 途中を左折

あれ! この店は?
P9233461.JPG

偶然にも カツカレー発祥の店の暖簾分け


(余談ですが今年 2018年はカツカレー誕生100周年!)

という事は

いつの間にか裏浅草に到着です

三ノ輪から浅草にかけては見所が点在
Map - コピー.gif

秋のそぞろ歩きには宜しいかと ('◇')ゞ

nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

空飛ぶお不動さま 飛不動 「台東区」 [北&南千住・三ノ輪・入谷界隈]

今回 徘徊する目的のメインはコチラ (^^)/


ここの 飛不動様の御守とステッカーです
P9243225.JPG

(実は 台湾旅行を間近に控えているのであります

ていうか今 滞在中なのであります ('◇')ゞ)

んで 一葉記念館から目と鼻の先です
map.gif

1530年 (享禄3年) に開かれたと云われる 天台宗の寺院ですが
P9233454.JPG

それでは何故
P9233455.JPG

飛不動と呼ばれる様になったのでしょうか?
P9233456.JPG

昨年の11月にも訪れており その時の記事からコピペ

創建後まもなく この寺の住職が 御本尊のお不動様を笈で背負い
大峯山まで修行にでかけたそうな
ある日 ご本尊が留守の江戸の寺に お不動様の分身を携えた人々が集まり
お不動様を観想して一心に祈りました
するとお不動様は 一夜にして大峯山から江戸に飛び帰り
祈った人々の願いを叶えてくれたとか
それ以来 「空を飛び来て 衆生を守りたもうお不動様」
飛不動尊と呼ばれるようになりました

P9233457.JPG

という事で 旅人の守り本尊として
旅先まで飛んできて守ってくれる 「空飛ぶお不動様」
また 病魔や災難等を飛ばしてくれる 「厄飛ばしのお不動様」 として
信仰されたそうです

飛行機に乗る際は

空弁だけでなく ぜひ飛不動様へ!

ようこそ
ema1000.jpg

おいで下さいました (#^.^#)

nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

一葉記念館 「台東区」 [北&南千住・三ノ輪・入谷界隈]

さて 千束稲荷神社から国際通りを南下して
P9233442.JPG

(道沿いは 高層マンションばかり !!!)

途中を左折

数分も歩けば一葉記念公園があり ここには

一葉女史たけくらべ記念碑が建っています
P9233444.JPG
P9233445.JPG

そして ここ一葉記念公園の前には
P9233443.JPG

一葉記念館があります(入館料300円)
P9233446.JPG

平成18年にリニューアルオープンしたという事で
P9233448.JPG

館内は まだまだ奇麗です

幼い頃は裕福だった一葉(本名 夏子)
17歳で父を亡くし 若くして家族を支える事になります
生活の為 小説家を目指しますが 生活は成り立たず
そのため この地の龍泉寺町で荒物や雑貨 駄菓子の店舗を始めます

一葉が始めた店舗の絵
P9233447.JPG

この時の生活経験から 地元の龍泉寺町と 近所の吉原遊郭の物語
「たけくらべ」が生まれたと云われています

一葉宅
P9233449.JPG
P9233450.JPG

~一葉記念館HPより~

吉原の太夫(花魁)が座ったとされる椅子も展示
P9233451.JPG

ちなみに一葉

田山花袋が作 「田舎教師」の主人公のモデル

小林秀三と同じ病の結核で 24歳という若さで亡くなります (´_`。)


近くには

一葉の旧居跡もありますので
P9233452.JPG

お見逃し無き様 ( ⇩_⇩)
P9233453.JPG

nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

千束稲荷神社 「台東区」 [北&南千住・三ノ輪・入谷界隈]

8月の殺人的な暑さは何処へやら

9月の下旬からは 朝晩めっきり冷え込みまして

あれ! もうすぐ冬が来そうな気配 (ノ゚ο゚)ノ

でも 徘徊には良い季節になりました (^。^)

という訳で久しぶりに 東京メトロ日比谷線の三ノ輪駅から (^o^)丿
Map - コピー.gif

で まずは千束稲荷神社
P9233437.JPG

鳥居は文化10年(1813年)の建立で

書家 亀田鵬斉の書とされる 「資生功廣郷里沐調和、化育徳宏閭閻蒙保障」

(神の徳により資生産業は栄え
郷里は 静かに調和を保ち
平安無事な日々が保証される)

と刻まれているそうです(見てませんでした ○o。.)

御祭神は


創建は不明なのですが
P9233438.JPG

1661年~1672年の寛文年間と推測されています
P9233441.JPG

そしてここ 千束稲荷神社の祭りが 知る人ぞ知る

樋口一葉が書いた 「たけくらべ」の1シーンとして出てくるそう
P9233436.JPG

という事で境内には
P9233439.JPG
P9233440.JPG

樋口一葉の文学碑が建てられています


さて

歩いたのは 国際通り沿いを中心に

この 国際通りを南下していきます (^^ゞ

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

THE BURGER CRAFT [浅草界隈]

奥浅草とか観音裏とも呼ばれる千束通り
P9193132.JPG

昨年(2017年)の12月にオープンしたばかりの

P9193131.JPG

つくばエクスプレスの浅草駅から 徒歩5分位でしょうか?

あ! とある日の夜勤明けランチです (^_^)/

店内は
P9193123.JPG

二人掛けテーブルが4?に 四人掛けテーブルが1という小さな小さな店

注文したのは クアトロチーズバーガー(1500円 税込み)

ランチタイムという事で ドリンク付き \(^o^)/

ラッキーと思いきや コーラは? 無い? んですね (ノ_-。)

なので グレープフルーツジュース
P9193122.JPG

20分ほどかかり着席(店主が一人で切盛り)
P9193128.JPG

ちなみに フライドポテトは スモールサラダに変更可

食べログの口コミによると

オーダーが入ってから捏ね 成型して焼いているとか

芳ばしい黒ゴマのバンズがモッチリ
P9193129.JPG

粗挽きのパティは若干 香辛料がキツイものの

肉汁 (゚ー,゚*)ジュルルル

チーズの風味も 濃~いのであります (''◇'')ゞ

あれ! 野菜の種類は何だろう?

もちろん バーガー袋に残った肉汁でポテトを頂きました (^o^)丿


さて 蜂の巣の店主らしき人もそうでしたが

ここの店主もとても優しそうで 笑顔の素敵な方でした (o^-^o)

nice!(10)  コメント(2) 
共通テーマ:blog
前の10件 | -