So-net無料ブログ作成
検索選択
福島県 ブログトップ

玉嶋屋 「福島県 二本松市」 [福島県]

早いなぁ ○o。. 

二泊三日の一人旅 あっ! という間におしまい (涙”

日本酒を除く お土産はここで

しらかわ にほんまつ 092.JPG

大正時代に造られた建物で 国の有形文化財になっております

そして 二本松藩御用達の菓子舗だったとか

江戸時代

ここの羊羹は 参勤交代の献上品として奥州を代表する産品として

全国の諸大名に愛好されていたそうです

店内には 巨大な玉羊羹が \(◎o◎)/
しらかわ にほんまつ 179.JPG

飾り物かと思いきや 店の人に聞いたら

食べられる (本物) そうです (凄っ”

てな訳で この店で一番有名なのは・・・?

この玉羊羹
玉羊羹.jpg

スイマセン HPからお借りしました

我が家にはコチラ
さけ みやげ 001.JPG

ハートの羊羹
さけ みやげ 006.JPG

なんとも可愛い

これを食べるには・・・?

お尻をプチッ!
さけ みやげ 007.JPG

ツルン!
さけ みやげ 010.JPG

美味しゅうございました (#^.^#)

そして 玉羊羹を職場のお土産にしたのですが

評判上々 (^◇^)


で ここで買った物を 乗換えの合間に寄った
 
小山駅内のベックスコーヒーショップに 忘れてしまった私なのであります <(_ _)>

(あって良かった!)


<追伸>

今回の旅行にあたり
 
観光パンフレットを送って頂いた 白河市と二本松市に感謝なのであります!

nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

二本松市徘徊 「福島県 二本松市」 [福島県]

白河駅より東北本線にて1時間ちょい
 
郡山駅乗換えで二本松駅へ!
しらかわ にほんまつ 091.JPG

駅構内に待合室がありまして 冷暖房完備なのです (嬉”

でもトイレは? う~ん ○o。.

白河駅同様 とても静かな駅前
しらかわ にほんまつ 121.JPG

駅を出て 出迎えてくれるのは?
しらかわ にほんまつ 090.JPG

二本松少年隊士像

官軍が白河口の戦いで勝ち小峰城を占領

同盟している三春藩の寝返りの噂もあり 主な二本松藩士は藩領境を警護する中

三春藩は噂どおり寝返りし 急迫する官軍に対して二本松城は空虚同然

この城兵不足に 一度引退した老人達や少年達が出陣

そして少年達の主な年齢は14歳 最年少は12歳だったそうです

戊辰戦争の少年兵で有名なのは 会津藩の白虎隊

どうも こちらの影に隠れがちなのであります


さて 二本松の徘徊は

二本松城訪問で疲れ過ぎた為 駅の近くだけになってしまいました (涙”

駅前通りを進むと まず現れるのが

しらかわ にほんまつ 180.JPG

創建は1145年~51年と云われ 二本松藩の総鎮守として信仰されたとか

もちろん 上まで登る気力は・・・ありませんでした ○o。.

何とも渋い 格子窓の肉屋
しらかわ にほんまつ 119.JPG

大正時代の建物の老舗和菓子屋
しらかわ にほんまつ 092.JPG

ここで土産を購入しましたので 後ほどブログに (^o^)丿

数軒先には またまた美味しそうな和菓子屋が !!!
しらかわ にほんまつ 093.JPG

土産を買う時 どちらにしようか正直迷いました (困”

そして この店の脇の道は 二本松城に向かう大手道

ここを入ると ちょっと渋い写真館がありました
しらかわ にほんまつ 118.JPG

その先には
しらかわ にほんまつ 177.JPG

地元の芸術家の作品や古代の郷土資料

そして二本松歴代城主 畠山家や丹羽家の歴史資料を展示する資料館です
しらかわ にほんまつ 176.JPG

入館料100円にしては かなり展示が充実しています (あくまで個人的意見)

ちなみに入り口を入ってすぐ

男性的には ちょっと目のやり場に困る
 
何とも麗し過ぎる 女性の裸像があります (嬉困””


もちろん 二本松城の事はブログに!
 
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

小峰城 2 「福島県 白河市」 [福島県]

本丸にあった石碑
しらかわ にほんまつ 030.JPG

しらかわ にほんまつ 029.JPG

人柱なんて なんとも悲しい話です

ん? でも桜なんて あったっけ ???

本丸を囲む石垣

分かり難いのですが 円形に組まれた珍しい石垣があります
しらかわ にほんまつ 033.JPG

裏側 (堀の対岸) に回ってみました 堀に面する所は土塁ですね
しらかわ にほんまつ 039.JPG

水面から見ても土塁 かなり高いです
しらかわ にほんまつ 040.JPG

更に足を進めると

搦手門があった所でしょうか?
しらかわ にほんまつ 041.JPG

定番通り くい違い虎口になっています

虎口を過ぎたら 土塁がありました
しらかわ にほんまつ 042.JPG

実際 石垣を使わず 土塁の場所も多かったのではないかと思います

かなり高かったです

城から出て 町中に入ってすぐの所に 戊辰薩藩戦死者墓がありました
しらかわ にほんまつ 043.JPG

しらかわ にほんまつ 044.JPG

ちなみに小峰城の城郭 こんなに広かったんですねぇ!
こみね地図.jpg


復元工事中という事で 見られない場所があるのは残念でしたが

工事現場を囲う壁に説明板があり 興味深いので写真に

丹羽長重さん
しらかわ にほんまつ 038.JPG

江戸時代になってから 白河に来たお殿様 (弱そう ○o。.)

今の小峰城や城下町を整備し 白河の基礎を築きます

でも跡を継いだ光重は 二本松へ転封となってしまいました \(◎o◎)/


石垣の直し方講座 (笑”
しらかわ にほんまつ 034.JPG

しらかわ にほんまつ 035.JPG

しらかわ にほんまつ 036.JPG

しらかわ にほんまつ 037.JPG

石垣を造る時の参考にどうぞ (^^)/


さて 白河口の戦いで南東北の要所 小峰城を落とした官軍は

二本松へ向かいます


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

白河市徘徊 2 [福島県]

ちょうど楽蔵の裏側あたりです

白河ハリストス正教会聖堂
しらかわ にほんまつ 061.JPG

大正4年に建てられた ビザンチン様式の教会

内部見学は要予約だそうです

そして 町中を歩いていると時々
しらかわ にほんまつ 060.JPG

この様な鉤形 (食い違い) が見られます

それにしても白河駅近く
 
城下町の 名残の町名が残っているのであります (^。^)
白河地図.gif

さて いったん駅に戻り (-。-)y-゜゜゜

駅前に喫煙所 そして横には とても綺麗な公衆トイレがあります

駅脇の 反対側へ行く連絡通路は・・・
しらかわ にほんまつ 014.JPG

・・・ちょっとした資料館 \(◎o◎)/
しらかわ にほんまつ 015.JPG

しらかわ にほんまつ 017.JPG

ちゃんと町のPRもしています
しらかわ にほんまつ 016.JPG

連絡通路を抜けると そこは小峰城

ここには白河集古館があり
しらかわ にほんまつ 076.JPG

普段は歴代の 小峰城城主等の歴史資料を展示しているらしいのですが

私が行った時は特別企画展が催されていまして (館内すべて)

これが 何ともつまらなかったのであります ○o。.


<追伸>

来年の1月31日まで駅前広場では

みんなの光~未来への道~ のイルミネーションが毎日点灯されるそうです
しらかわ にほんまつ 069.JPG



次は小峰城 (@^^)/~~~

nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

白河市徘徊 1 [福島県]

それでは白河市を ちょっとだけ徘徊してみましょう (^o^)丿

私が思うに白河市の見所は 徒歩で2時間もあれば充分だと思います

駅前
しらかわ にほんまつ 089.JPG

東北新幹線・新白河が出来 ちょっと寂しい・・・でしょうか? (涙”

まずは駅を背にして 左方向の町中を徘徊

ダルマの製造販売の店が数軒
しらかわ にほんまつ 057.JPG

店舗によっては 製作見学や絵付け体験が出来るそうです

澁木茶舗
しらかわ にほんまつ 049.JPG

何とも渋い建物ですね (渋渋””
 
明治20年に建てられた 重要文化財の建物らしいです


続いて駅を背にして正面あたり

天恩皇徳寺 (てんのんこうとくじ)
しらかわ にほんまつ 055.JPG

ここに 何があるかと申しますと?

♪ 小原庄助さん なんで身上つぶした?

朝寝 朝酒 朝湯が大好きで それで身上つぶした

あ~ もっともだぁ もっともだぁ ♪

「小原庄助さん」 の お墓らしいです
しらかわ にほんまつ 053.JPG

なので お酒が手向けられていますね!

墓の形は?

銚子 徳利 盃をモチーフ (笑”

戒名は 「米汁呑了居士」

米汁とは酒の事 辞世の句は?

「朝によし昼になほよし晩によし、飯前飯後その間もよし」

だとか (大笑””

会津の商人説 武士説 塗り師説があり 謎も多い人らしいです

このお寺の脇には 染物の蔵がありました
しらかわ にほんまつ 054.JPG

ん? ここは ???
しらかわ にほんまつ 058.JPG

しらかわ にほんまつ 059.JPG

町中の 道の駅みたいな施設です

あ! だいぶ長くなりましたね (汗”

- 続きますねんて -

nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

白河駅へ 「福島県 白河市」 [福島県]

ベックスで時間を潰した後は 久しぶりに新幹線 (嬉”
しらかわ にほんまつ 007.JPG

なすの257号で新白河へ
しらかわ にほんまつ 008.JPG

たぶん那須連山です (車窓)
しらかわ にほんまつ 009.JPG

それにしても 暖かくて良い天気 (#^.^#)

新白河駅に到着 (^o^)丿
しらかわ にほんまつ 010.JPG

しらかわ にほんまつ 011.JPG

そういえば最近 ゆるきゃらも廃れ気味ですね (ToT)/~~~

ここで在来線 (東北本線) に乗換え一駅
しらかわ にほんまつ 012.JPG

昼の時間帯は2両編成でワンマン運転

本線といえども ローカル線気分です

という訳で戊辰戦争の激戦地 白河口の戦いで有名な白河に到着
 
白河駅
しらかわ にほんまつ 013.JPG

なんと! 大正時代に創られた駅舎だそうです !!!

駅舎の左側 (カーテンの所) は 「えきかふぇ」

地元の人に人気だそうです

あ! 白河駅に来たのでしたら・・・
しらかわ にほんまつ 088.JPG

・・・上部のステンドグラスも お見逃し無き様 (^o^)丿



nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ほとんどの家が土産屋 「大内宿」 [福島県]

台風18号に伴う大雨 なんとも酷い被害に

被災地の方々 お見舞い申し上げます

私は一日遅れになりましたが 何事も無く家に帰れた事に感謝しないと


湯野上温泉の清水屋に泊まった後 翌日は湯野上温泉駅からバスに乗って
南会津&川治 066.JPG

猿遊号 (えーと読み方は確か・・・さるゆうごう? あれ?)

一日乗り放題で千円 でも片道だけでも千円の便利な? バスです ???

車内前方
南会津&川治 065.JPG

後方
南会津&川治 064.JPG

この女性は車掌さん 途中簡単な観光案内もしてくれます

15分ほどで大内宿に到着

会津城下から3番目の宿場町で 会津西街道と呼ばれていました

国道が違う所に造られたため発展せず 運良く古い町並みが残ったとか

適当に写真を載せます
南会津&川治 067.JPG

南会津&川治 073.JPG

南会津&川治 081.JPG

南会津&川治 068.JPG

南会津&川治 069.JPG

南会津&川治 075.JPG

南会津&川治 080.JPG

南会津&川治 077.JPG

南会津&川治 072.JPG

茅葺屋根 湯野上温泉駅と供に渋いのです

良くパンフレット等に使われるアングル
南会津&川治 070.JPG

軒下の物は?
南会津&川治 074.JPG

ほおずき
南会津&川治 076.JPG

近くの蕎麦畑
南会津&川治 078.JPG

南会津&川治 079.JPG

裏側はこんな感じ
南会津&川治 082.JPG

今回は荒天の為 ほとんどの店が閉めていましたが
 

ほぼ全部の家が 土産屋兼食堂です (凄”

ここ大内宿ではまだ雨は強くなく 普通に降ったり小雨になったり


再び会津鉄道普通列車にて来た路線を戻り 会津田島へ
南会津&川治 083.JPG

AIZUマウントエクスプレスもそうですが ローカル線にしては車内が綺麗

そしてどちらもトイレ完備でした

前の載せ忘れ AIZUマウントエクスプレスの綺麗なトイレ
P9080030.JPG


途中晴れ間も見え 順調に会津田島に着いて乗り換え なのですが

「これより先 倒木のため運転を休止しております」
 

とりあえず目的の地酒を買った後 今後の運転予定を駅員に聞いたら

「再開は いつになるか分かりません!」 と !!!

しょうがないのでタクシーのオジサンに聞いたら 川治温泉まで行ってくれるとの事

一安心出来たのは初めだけ

栃木県に入った頃から 叩きつける様な土砂降り (危”

そして1万3千円超という 人生初めての高額タクシー代を払い (涙”

なんとか星野リゾート 堺 川治に到着したのでありました
南会津&川治 130.JPG

(昨日の午後1時頃撮影 何処へも行けないので前日の車が停まったまま)
 

そして栃木県全域に 大雨特別警戒警報が (汗汗汗汗汗”””””

nice!(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

湯の神様が宿る温泉 「湯野上温泉駅」 [福島県]

「塔のへつり」 から一駅

湯の神様が宿る温泉 湯野上 (ゆのかみ) 温泉へ
P9090081.JPG

茅葺の駅舎で有名ですね!
P9080046.JPG

P9080048.JPG

駅舎の中の囲炉裏
P9080047.JPG

壁には漫画本がズラリ

そして ちょっとした土産も売っています

駅舎の隣には足湯
P9080045.JPG

駅前
P9080049.JPG

小さい土産屋が1軒

駅前通りには 温泉宿が数軒並んでいます
P9080050.JPG

他の旅館は 駅から徒歩10分から20分の所に散在しています


ここ湯野上温泉

昔から温泉は湧いていたらしいのですが

温泉宿としては明治18年 新日光街道 (国道121号線) が開通し

明治20年に 清水屋という温泉宿が開業したのが最初だとか
P9080051.JPG

そしてもちろん! ここに泊まりました !!!



さて 今現在の川治温泉

小雨が降ったり止んだり

ホテルの前の川の水量も減りましたが

(この川が後々合流して 茨城県常総市で決壊した鬼怒川になります)

まだ明日にかけて降るとか (汗"

明日には・・・なんとしても帰りたい!

湯の神様にすがります !!!


nice!(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

まさかの台風 「会津鉄道と塔のへつり」 [福島県]

昨日から2泊3日の一人旅

9月の4日に手配をした時点で 台風は無く まさかの (涙"

まずは東武特急スペーシアに乗って鬼怒川温泉
P9080019.JPG

座席の頭部分には?
P9080017.JPG

なんとも可愛いですね!

鬼怒川温泉からAIZUマウントエクスプレスにて
P9080021.JPG

あ! このマウントエクスプレス

こんな立派な車内なのに 別料金は取られません (嬉"
P9080023.JPG

鬼怒川温泉から やがん鉄道経由で会津鉄道の 「塔のへつり駅」 へ
P9080043.JPG

屋根も無い無人駅です
P9080032.JPG

「塔のへつり」 へは 徒歩5分くらい
P9080035.JPG

こんな所を少し歩きます
P9080037.JPG

昔はもっと奥まで歩けたんですが
P9080039.JPG

今は ほんの一部分しか歩けなくなってしまいました (悲"

ちなみに 「へつり」 とは

会津方言で 川に迫った険しい断崖の事だそうです

それぞれの岩には 名前が付いています
P9080034.JPG

小さくて分からないですね すいません!

ちょっとしたお堂もありました
P9080038.JPG

さてここ 「塔のへつり」

お土産屋も数軒あるのですが 見るだけなら30分くらい

食事したり土産を買ったりすれば1時間

電車で来た私は 時間を潰すのが大変でした !!!
P9080042.JPG

再度 会津鉄道に乗り一駅
P9080044.JPG

次は湯の神が宿るという・・・


ただいま川治温泉 土砂降りで明日の帰りが心配 (汗"


nice!(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog
福島県 ブログトップ