So-net無料ブログ作成

霊場 岩船山 高勝寺 「栃木県 岩舟町」 [栃木県]

こびとカフェ @ 陽だまりレンガ広場から 車を走らせる事約30分

岩船山が見えてきました
P6110118.JPG

この山 江戸時代から採石され こんな形になってしまったそうです

荒々しく削り取られ切り立った岩肌を背に 舗装されていない地面が広がり

時代劇もののセットや

戦隊物の爆破シーン アクションシーン等の撮影が良く行われるそうです

だいぶ近づいてきました
P6110101.JPG

車1台がやっと通れる こんな細い坂道を登り
P6110102.JPG

(正直言って 途中で引き返そうと何度か思いました!)

目的の場所 ホントにあるの ???

なんて思っていた頃 無事到着 (^-^;

日本三大地蔵尊の一つ 岩船山 高勝寺です
P6110104.JPG

P6110105.JPG

仁王門
P6110103.JPG

P6110106.JPG

仁王門の後ろには賽の河原
P6110107.JPG

水子供養の場所で
P6110108.JPG
 
オモチャや玩具が備えられており なんとも寂しげな雰囲気です


「これはこの世のことならず 死出の山路の裾野なる

賽の河原の物語 聞くにつけても哀れなり

・・・

一重積んでは父を呼び 二つ積んでは母恋し

・・・」


賽の河原の 先の階段を登ると

西院の河原堂
P6110109.JPG

P6110110.JPG


仁王門へ戻り 次は本堂へ
P6110111.JPG

高勝寺の本尊の秘仏 「生身の地蔵尊」 が中に納められており

普段は仏壇に入れ扉を閉めて 人目に触れないようにしてあるとか

彼岸供養の時にご開帳するそうです

そして 「生身の地蔵尊」 は 死者を暖かく懐に抱いてくれると同時に

子授け 子育て 安産の地蔵尊なのだそうです

本堂の脇は霊場 (;゚Д゚)
P6110112.JPG

卒塔婆が積み上げられています !!!

高勝寺は太古の昔より

死者の霊の集まる処 霊魂の故郷といわれているそうです \(゜ロ\)(/ロ゜)/

えっ! お地蔵様に・・・洋服 (''Д'')
P6110113.JPG

昔は 亡くなった子供の服を着せていたそうですが

最近は 普通の洋服を着せる様になったとか

赤い文字にビビります (;´д`)
P6110114.JPG

三重塔
P6110115.JPG

寬延4年 (1751年) に建立された高さ19メートルの宝塔

手の込んだ装飾に 少しホッとします (^^;)

奥の院
P6110116.JPG

子授け祈願が満願となった方が

生まれた子供を連れて お礼参りをする場所だとか

お子さんの足を地蔵尊の台座に乗せ

願いがかなった事を報告するのだそう

大仏様
P6110117.JPG


なんとも明るい 「こびとカフェ @ 陽だまりレンガ広場」 から一転

関東にも こんな場所が !!! ・・・の 岩船山 高勝寺なのでありました (◎_◎;)

nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

こびとカフェ @ 陽だまりレンガ広場 「栃木県 野木町」 [栃木県]

以前ブログにした 栃木県野木町の

P6110097.JPG

ここに併設されている 野木ホフマン館
P6110098.JPG

ここの一画が こびとカフェ @ 陽だまりレンガ広場になっています
P6110100.JPG

店頭の看板メニュー
P6110096.JPG

う~ん! 何にしましょう?

店内は ちょい可愛く明るい作り ですが かなり席間が狭いですかね ○o。.
P6110086.JPG

P6110085.JPG

妻 レンガサンドランチ
P6110088.JPG

野木町の野菜と BLTが挟んであります
P6110089.JPG

「のぎのん」 の焼き印入りで御座います
P6110095.JPG

私 窯焼きピッツァランチ C 週替わりスペシャル
P6110091.JPG

ピッツァはクアトロフォルマッジォ
P6110094.JPG

モッツァレラ カマンベール チェダー ゴルゴンゾーラ

生地モチモチで 手作り感たっぷりの4種類のチーズのピッツァです

味は どちらも (*^^)v

パンも売っておりまして
P6110087.JPG

カマンベールチーズぱん
P6110164.JPGP6110166.JPG

つぶあんぱん
P6110168.JPGP6110170.JPG

こちらの味は?

まずまずでしょうか (^-^;

ん!
P6110099.JPG

前回来た時は こんなの無かった・・・はず (゜o゜)

さて 天気も良いので 少しドライブです (^o^)丿

nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

宇都宮二荒山神社 「栃木県 宇都宮市」 [栃木県]

駅前大通りに かなり目立つ鳥居
P5181034.JPG

宇都宮市 この神社の門前町として発展したそうです

P5181035.JPG

運動不足の私にピッタリ!
P5181036.JPG

階段の途中左側に お社が三社
P5181037.JPG

手前から剣宮 十二社 菅原神社

右側にも お社が三社ありまして 一番手前には?
P5181038.JPG

私が一番大事にしなければいけない神様かもしれません !!!

何とも渋い門
P5181039.JPG

社殿
P5181040.JPG


第10代崇神天皇の第一皇子で 天皇の命で東国を鎮めたとされます

毛野国 (けのこく) (のちの下野国・上野国) の開祖だそうです

神楽殿
P5181041.JPG

社殿等の主な建物は何度も焼失し

今あるものは 明治10年に再建したものだそうです

ちなみに宇都宮の名は この神社が 「一の宮」 と呼ばれており

「いちのみや」 が いつのまにか 「うつのみや」 になった という説もあります

そして昔の地名の毛野に流れる川 毛野川が鬼怒川に

そういえば 両毛なんて呼ばれる地域や 東武鉄道の特急がありますね!


<おまけ>

日本の神様 (神話) をライトノベルにしてあるサイトを見つけました

ちょっと面白いので 興味がある方はどうぞ (^^)/


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

餃子舗 宇都宮みんみん本店 「栃木県 宇都宮市」 [栃木県]

宇都宮と言えば もちろん餃子 (^◇^)

その宇都宮餃子の中で 人気1~2位を争う

P5181024.JPG

訪れたのは 平日の午前11時15分ころ

11時半開店で 私たちの前には既に8人ほどの行列 w(◎o◎)w

ここのメニューは商売敵 正嗣より一品多い 「焼 揚 水」

(正嗣は 焼と水だけですね)

妻と二人なので 焼 揚 水の 全メニューを注文してみました

まずは揚
P5181029.JPG

サクッとした軽い揚げ加減

味は まぁ って感じでしょうか!

続いて水
P5181027.JPG

ラー油と醤油を 好みの量入れて頂きます (酢もお好みで!)

餃子の味がスープに移るので スープもお好みでです

なんだかんだいっても やっぱり焼が一番でしょうか
P5181025.JPG

正嗣と同様で野菜多め そして あっさり

でも 正嗣よりは少し こってり? かなぁ ???

あ! ライスも注文しました (お新香も付いています) !!!
P5181031.JPG

私が思うに 御飯に合う餃子 というより

ちょっと小腹が空いた時に食べる感じ? 或いはビールのツマミ ???

このビールには 特に合いそうです (^o^)丿
P5211081.JPG


P.S

私の個人的好みの餃子は も少し肉多め
 
そして も少し大きくて焼いた皮目がパリパリ そしてモチモチの?

珍来 北千住店のが好みなのであります ('◇')ゞ

まぁもし宇都宮に行ったら 名物ですので一回位は?

nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

道の駅うつのみや ロマンチック村 「栃木県 宇都宮市」 [栃木県]

元々は 農業体験施設としてオープンした

P5170976.JPG

なので 敷地はとても広いです
map.png

黄色い枠が 宿泊棟やスパを含む湯処あぐり

赤い枠が道の駅エリア そしてこの一帯が集落のエリアと呼ばれます

他に 森のエリアと里のエリアがあります
 
私たちが訪れたのは集落のエリアのみ
v_mapマップ?.png

ロマンチック村市場・情報センターの 「あおぞら館」
P5170982.JPG

P5170977.JPG

地元の野菜だけで無く 地元の酒類も豊富
P5181022.JPG

もちろん 宇都宮クラフトビールも売っています (^o^)丿

アイス&総菜DELI と 村のパン工房
P5170978.JPG

フードコートとちのは
P5170979.JPG

「そば処くにもと」 と 「ラーメン餃子処にっさと」 が入っています

道の駅に行くと 地元の野菜を買ってしまうのはモチロン

ついつい玉子も
P5181064.JPG

買ってしまうのであります ('◇')ゞ
P5181066.JPG

美味しそう (#^.^#)

温泉もあって泊まれる道の駅うつのみや

ちょっといいかも ??? です !!!

nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

麦の楽園 「栃木県 宇都宮市」 [栃木県]

今月2回目の温泉を楽しんだあとは もちろん夕食

P5170981.JPG

P5170980.JPG

ヴィラ・デ・アグリからは 少し歩きます

ヴィラ・デ・アグリの部屋には浴衣が用意されていますが 着用は館内のみ

なので温泉に入った後ですが また服を着て出かけねばなりません

ちなみに 湯処あぐり館内には和食処があり こちらは浴衣で大丈夫です

そして前以て連絡すれば 2食付きに出来ます (夕食 又は朝食の どちらかだけでも可)

店内
P5171001.JPG

客は 私たち以外二組だけ ガラガラ状態

まずは 地ビールで乾杯 (^o^)丿

ここ麦の香り 隣にブルワリー (ロマンチック村クラフトブルワリー)を併設しています
P5171002.JPG

妻 餃子浪漫
P5170998.JPG

宇都宮餃子会と共同開発

カラメル麦芽の上品な香ばしさと 麦芽をふんだんに使用したメルツェンタイプ

とても呑み易いです

私 IPA (インディアペールエール)
P5170999.JPG

(ちなみに IPAは月毎に変わります)

通常のビールの2~3倍の量のホップを使用

爽やかな柑橘系のホップの香り そして ちょっと強い苦味

吞み口は癖がありますが 何とも爽やかな良い香りがします

さて ビールを飲み始めて数分 早くも料理が着席 (早っ””

妻 ごろごろ野菜と鶏カツソース丼
P5171006.JPG

野菜たっぷりで妻いわく 「なかなか美味しい」 そうです

私 栃木牛100パーセントのハンバーグプレートセット
P5171009.JPG

こちらも野菜たっぷり (同じ野菜) で ハンバーグが旨し .。o○

あ! 御飯と味噌汁付きです
P5171010.JPG

どちらの料理も美味しかったのですが

あまりの着席の速さに ある程度は出来合い (チルド) なのかもしれません

私は もう一杯おかわり (^ム^)
P5171012.JPG

名前は麦太郎

宇都宮産麦芽100パーセント & チェコ産ザーツホップを使用したピルスナータイプ

麦の味を堪能できる逸品 (ちなみに麦の味 分かりませんが ○o。.)

妻が 餃子浪漫を飲みながらボソッと一言

もう少し食べようよ!
P5171015.JPG

食べ過ぎでしょ !!!

nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

大谷資料館 2 「栃木県 宇都宮市」 [栃木県]

大谷石資料館の周りには採掘跡
P5170970.JPG

ちょっと圧巻です (゜o゜)

あ! そういえば一昔前

大谷石の採掘跡が陥没 民家等が落ち込んだ災害がありました (怖”

自販機も採掘跡内に!
P5170975.JPG

自然に冷えそうですね (^○^)

そして ちょいとお洒落な

P5170969.JPG

P5170973.JPG

カフェや雑貨を売っています
P5170974.JPG

愛の泉
P5170972.JPG

大谷資料館の坑内

映画やドラマのロケ アーティストの演奏会場によく使われるそうです

知る人時知る 宇都宮市の人気観光スポットなのであります

nice!(10)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

大谷資料館 1 「栃木県 宇都宮市」 [栃木県]

大谷石の産地に来た という事で 折角なので見学していきましょう (^_^)/

P5170971.JPG

大谷石の 地下採石場跡を見る事が出来ます

P5170946.JPG

ちなみに坑内の温度は約8度 寒いのでブランケットを借りられます

では 入ってみましょう (^o^)丿
P5170966.JPG

なんだか
P5170947.JPG

パリのカタコンブを思い出します
P5170948.JPG

かなり広いです
P5170949.JPG

おっと ビックリ w(◎o◎)w
P5170950.JPG

昔の作業風景ですね

古代ギリシア時代の神殿と見間違えます (@_@;)
P5170951.JPG

そして 時々オブジェ
P5170953.JPG

P5170956.JPG

掘った跡が くっきりと浮かび上がっています
P5170954.JPG

ドンペリです
P5170962.JPG

中身 入っているのかなぁ?

あれ! 坑内に車 ???
P5170965.JPG

これもオブジェ (?_?)

昔は さぞかし大変だった事でしょう (''_'')
P5170967.JPG

では 地上へ戻ります (^o^)丿

nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

大谷平和観音 「栃木県 宇都宮市」 [栃木県]

大谷観音のすぐ近く

この様な 切り取られた大谷石の間を通っていくと
P5170935.JPG

大谷平和観音があります
P5170938.JPG

高さ27メートル
P5170936.JPG

昭和23年より6年の歳月をかけ完成した

大東亜戦争の戦死者供養と世界平和を祈って 総手彫りで彫られた観音様です

ここ 元々は採石場でした
P5170934.JPG
 
今は大谷公園として整備されており 平和観音以外にも

こんなオブジェ (かな?) や
P5170937.JPG

親子がえる
P5170939.JPG

「天狗の投石」 等を見る事が出来ます
P5170940.JPG

ちなみに前のブログの 大谷観音とは関係ありません

ちょっと寂れた土産店街
P5170942.JPG

なのですが 可愛い雑貨等の 新しい土産店も出来ているようです
P5170943.JPG

大谷石のトイレ
P5170941.JPG

なかなか立派 \(-o-)/

nice!(12)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

大谷観音 「栃木県 宇都宮市」 [栃木県]

まちの駅 新鹿沼宿からは
 
次の目的地 大谷観音まで車で数十分の距離
P5170925.JPG

天台宗の寺院で 天開山大谷寺が正式名
P5170924.JPG

奈良時代後期から平安時代初期の創建と云われます

山門をくぐって左側には資料館があり
 
境内の洞窟の 古代遺跡から発掘された縄文人の人骨 (本物) 等が展示されています

庭園の一角には弁天堂があり
P5170926.JPG

白蛇を撫でると 御利益があるとか
P5170927.JPG

鳥居の様な 違う様な 動物が飾られた謎の物
P5170928.JPG

さて ここ大谷観音

大谷石の洞穴内に堂宇がある 日本屈指の洞窟寺院
P5170932.JPG

P5170929.JPG

写真撮影禁止なので画像はありませんが 本尊は千手観音で

観音堂の内奥 大谷石の岩壁に掘られています

810年 弘法大師の作と云われ  国の特別史跡 重要文化財に指定されています

この千手観音を含め 全10躰の石仏は必見です @_@

苔むした石仏様たちもお出迎え
P5170933.JPG

こんな歌が詠まれています

「名を聞くも めぐみ大谷の 観世音

               みちびきたまへ 知るも知らぬも」



あれ! 妻の姿が見えないと思っていたら?

こんなところに (゚Д゚;)
P5170931.JPG

おん ばさら たらま きりく

nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog