So-net無料ブログ作成
検索選択

四万温泉 母の日一泊旅 つむじ と ミュゼ 「群馬県 中之条町」 [群馬県]

「四万たむら」 の温泉と 美味しい食事を堪能 (*^^)v

でも ねぇ ところどころが なぁ ○o。.

老舗で それなりにお高い旅館なので も少し頑張って欲しいです (''ω'')ノ

それにしても1泊という事で あっ! という間に帰る時間 ○o。.

で 帰りもバスなのですが 中之条駅で2時間近くも時間が余ってしまうので

どうしよう? (;O;)

ちょいっと調べて 博物館前というバス停で途中下車すぐ

tsumuji_top01.jpg

ちょっとしたカフェや 食事処があります
P5090835.JPG

P5090836.JPG

建物の形は・・・つむじ?
P5090837.JPG

無料の足湯もありました (^_^)/
P5090838.JPG

ここ 「つむじ」 から徒歩1分位の所には

P5090841.JPG

明治18年 (1885年) に吾妻第三小学校として開校

昭和53年 (1978年)  明治初期の洋風学校建築の数少ない建造物として

群馬県指定の重要文化財となり
P5090839.JPG

その後 町の歴史民俗資料館となったそうです
P5090840.JPG

館内は撮影禁止ですが この一部屋だけは撮影可
ばあさん.jpg

そういえば私が小学校低学年の時は まだ木の机でした (古っ””

樹齢400年のケヤキ
P5090842.JPG

入館料200円にしては なかなか見応えのある資料館です

さて ここから中之条駅までは徒歩で15分ほど

(駅から来ると殆んど上り坂なので ちょいキツイかも?です!)

途中 なんとも古い家がチラホラ
P5090843.JPG

そして 何も無い中之条駅に戻り 草津2号で上野駅へ

母の日一泊旅は 無事終わったのでありました (^^)/~~~

nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

楓月堂 (四万温泉) 「群馬県 中之条町」 [群馬県]

立ち寄り2軒め

柏屋カフェから徒歩数十秒

P5080745.JPG

P5080746.JPG

創業して70年以上だそう

温泉まんじゅう
P5090846.JPG

妻は まぁまぁかな と言ってましたが私は好み ♪
P5090845.JPG

餡子は甘さ控えめで 皮はホクホク (#^.^#)

夢まくら
P5090848.JPG

一口サイズです
P5090850.JPG

とりあえず柚子餡を (くるみ餡もあります)
P5090852.JPG

まぁ 端的に言いまして餅菓子なのですが なかなか美味しいです

ちなみに夢まくらは 10日間ほど日持ちします

nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

柏屋カフェ (四万温泉) 「群馬県 中之条町」 [群馬県]

温泉街で徘徊中2軒ほど寄り道 まずはそのうちの1軒

P5080734.JPG

P5080742.JPG

四万局バス停の近く (ほぼ前) です

店内 (1階)
P5080740.JPG

(2階もあります)

店内からテラス席の眺め
かしわや.jpg

昭和初期に建てられた 衣料店を改築したそうです

↓ これを飲みたくて訪れました! ↓

温泉マークカプチーノ
P5080737.JPG

なんとも絵になります (^^♪

そして 私が昼に食べた駅弁

炙り金目鯛と小鯵の押寿司が 余りにも酢っぱかったので

アイスクリームを (#^.^#)
P5080739.JPG

前に載せた 焼きまんじゅう島村の写真も 店内からです
P5080735.JPG

私達のあとから入店した人達がカレーを注文 (軽食もあります)

とても良い香りが!

四万温泉に来て時間があれば 是非お勧めのカフェなのであります (^o^)丿

nice!(9)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

四万温泉 母の日一泊旅 温泉街徘徊 「群馬県 中之条町」 [群馬県]


平安時代の初め 蝦夷征伐に向かう征夷大将軍の坂上田村麻呂

この地で入浴した説と

989年 源頼光四天王の1人として勇名を轟かせていた

日向守碓井貞光による発見説の二つがあるそうです

碓井貞光がこの地を訪れ野営したとき 夢の中で現れた童子が

「私はこの山の神霊です あなたの読経の誠心に打たれたので

四万の病を治す霊泉を授けましょう」

と言ったことにちなんで 「四万温泉」 となった

とか

そして昭和29年

青森県の酸ヶ湯温泉 栃木県の日光湯元温泉と共に

国民保養温泉地第一号に指定された温泉地なのであります (^o^)丿


さて 土産物店街を抜けると 四万グランドホテル
P5080750.JPG

私たちが泊まる 「四万たむら」 の姉妹旅館です

渋い建物の 食堂兼土産物店
P5080751.JPG

↑ この建物 渡り廊下で四万グランドホテルと繋がっています ↑

すぐ先には またまた渋い建物
P5080752.JPG

ここは宮崎駿の 千と千尋の神隠しのモデルの一つ (らしい)

積善館です
P5080757.JPG

いやはや
P5080756.JPG

なんとも
P5090832.JPG

渋過ぎ
P5090833.JPG

なのであります (^0_0^)
P5090834.JPG

も少し足を進めると 四万グランドホテルの裏手に再び温泉街
P5080758.JPG

こちらは主に飲食店やスナック
P5080759.JPG

二次会処ですかね!

時間が無くて奥まで行けず 写真もありませんが

スマートボール遊技場もあるみたいです

ん! 何でも屋さん?
P5080760.JPG

んで いよいよ今宵の宿に到着 (^o^)丿
P5080761.JPG

あ! その前に?

nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

四万温泉 母の日一泊旅 中之条駅から四万温泉街へ 「群馬県 中之条町」 [群馬県]

中之条駅からは バスで四万温泉へ向かいます (^o^)丿
P5080730.JPG

市街を抜け 四万川沿いを30分ほど走ると山口停車場

ベンチ上の旅館の案内看板が なんとも渋いのであります ('◇')ゞ
P5080732.JPG

旅館でしょうか? こちらも渋いですね!
P5080733.JPG

このバス停近くには プロが選ぶホテル・旅館 総合28位の四万やまぐち館があります
P5080731.JPG

(上記3枚 バス内からの撮影です)

私たちが泊まる旅館のバス停は終点なのですが

一つ前 (四万局前) で降りて 温泉街を少しだけ徘徊してみます
P5080743.JPG

飲泉所
P5080744.JPG

四万温泉は 宮城県蔵王の峩々温泉 大分県の湯平温泉とともに
 
日本三大胃腸の湯として有名らしいです

食べログで星3.35の 焼きまんじゅう島村
P5080735.JPG

何とも渋い商店
P5080747.JPG

とある洋品店のウィンドウには?

ヒェー ~゜・_・゜~
P5080748.JPG

お口直しに 奇麗な四万川をどうぞ (^o^)丿
P5080749.JPG

も少し温泉街を徘徊します (´ー`)

nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

四万温泉 母の日一泊旅 上野駅から中之条駅へ 「群馬県 中之条町」 [群馬県]

5月という事で

ここ数年恒例の お袋を連れて一泊の母の日旅行

上野駅の中央改札前で集合し
P5080716.JPG

改札内のエキュートで駅弁を購入
P5080717.JPG

ここ 駅弁から総菜 お酒も揃っているので便利 (*^^)v

では 12時12分発の草津3号で いざ (^o^)丿
P5080718.JPG

(スワローあかぎ と表示してありますが 駅到着後に草津号に変わります)

さて 購入した駅弁は?

妻 サーモンハラスの蒲焼重
P5080725.JPG

私 炙り金目鯛と小鯵の押寿司
P5080719.JPG

P5080724.JPG

金目鯛は 程良い酢加減でしたが小鯵の方は・・・酸っぱ~い (@_@;)

食べ進むうちに汗が (;O;)

妻の弁当の方が美味しかった ○o。.

ちなみに お袋の弁当の画像は撮り忘れ ○o。.

最近ボケ過ぎ (;゚Д゚)

ちょっと肉も食べたいですね!
P5080720.JPG

つくね 皮 いかだ ねぎ塩風味ささみ菜の花 すべて塩です

こんなワイン発見!
P5080722.JPG

何故か 赤は売っていませんでした (何故?

天候にも恵まれ
P5080727.JPG

定刻に中之条駅に到着 (^.^)

ん! 駅前には?

小さい食堂や喫茶店が
P5080728.JPG

P5080729.JPG

数軒だけ (''_'')

nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

農産物直売所 ぽんぽこ 「群馬県 館林市」 [群馬県]

つつじが岡公園のすぐ近く JAの農産物直売所の

P4210635 (2).JPG

目印は この看板 (^。^)
P4210634.JPG

何とも可愛い名前ですが 品揃えは道の駅と同じ

なのですが この近辺はキュウリが名産品
P4210638.JPG

あ! レストランとか食堂等ありません !!!

農産物は かなり多く販売されていますが

一番多いのがキュウリ 次にトマト そしてナスなのでありました (笑”

地元の商店の総菜も 多く販売されています
P4210637 (2).JPG

店舗内の約半分が農産物 あとは総菜や乳製品 肉類ですかね

パンも美味しそう (#^.^#)
P4210636 (2).JPG

数点購入しました (^o^)丿

イカの唐揚げ
P4210642.JPG

まぁ旨し (^.^)

くるみレーズンパン
P4210640.JPG

歯応えあり なかなか旨し (^^)v

いちご大福
P4210643.JPG

大粒のイチゴが甘くてジューシー ('◇')ゞ

群馬県に来たら豚を食え!
P4210646.JPG


群馬県の特産品なのであります

こちらは明日の夕飯 「ナスと豚バラ肉の炒め」 にする予定 (^ム^)

舘林を訪れる機会がありましたら

饂飩 上州麦豚 キュウリ ナス タヌキ そしてこの時期はツツジ

館林市市内 酒蔵も3軒あります です はい (^o^)丿

nice!(11)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

つつじが岡公園 「群馬県 館林市」 [群馬県]

分福茶釜と饂飩で有名な館林市

この時期になると もう一つ有名な物が奇麗に咲き誇ります

P4210599.JPG

普段は入場無料ですが
 
この時期は 花の咲き具合によって入場料を取られます
P4210600.JPG

入り口を入ると 数件ほど土産店
P4210601.JPG

今日 (4月21日) の入場料は620円

まだ 全体的には七分咲き というところでしょうか
P4210602.JPG

でも所々 奇麗に咲いています
P4210612.JPG

P4210614.JPG

P4210616.JPG

P4210617.JPG

P4210618.JPG

P4210625.JPG

満開になると公園中央の小山が 色とりどりのツツジで奇麗に染まります

今咲いている主な品種は

霧島ツツジ ヤマツツジ 琉球ツツジ 大山ツツジみたいです
P4210603.JPG

P4210609.JPGP4210615.JPG

桜色で何とも (#^.^#)
P4210619.JPG

ユリみたい (*^。^*)
P4210626.JPG

舘林という事で 御狸様もおわします
P4210611.JPG

↑ このメス狸 おっぱい垂れ過ぎ (汗” ↑

一方 こちらの左端のメス狸の股間は
P4210623.JPG

葉っぱで隠されています ●~*

公園の奥には 城沼 (じょうぬま) があり
P4210621.JPG

ボートや 向こう側に渡る 「渡し」 があります

こんな言い伝えも (@_@;)
P4210622.JPG

きっと見頃は来週? あたりでしょうか ???

nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

分福茶釜の茂林寺 「群馬県 館林市」 [群馬県]

以前にも記事にしましたが せっかく訪れたので (^-^;


室町時代中期の応永33年 (1426年) に開山

「分福茶釜」 で有名な 曹洞宗の寺院です

1468年に建立の総門 (黒門)
P4100445.JPG

総門をくぐると 狸たぬきタヌキ
P4100446.JPG

P4100447.JPG

この中の一つ 一升瓶を抱えた狸に何とも親近感 (*´▽`*)
P4100449.JPG

台座の下には 色々お言葉が書いてあります
P4100450.JPG

山門 (赤門)
P4100448.JPG

こちらは 1694年の建立だとか

山門近くには でっかい狸
P4100451.JPG

それにしても タ〇がデカっ (@_@;)

本堂は なんとも素朴です
P4100454.JPG

P4100455.JPG

境内の桜

枝垂桜は5分咲き
P4100456.JPG

八重桜は まだ蕾
P4100453.JPG

茂林寺の八重桜
 
とても奇麗ですので 時期が合えば是非 (^o^)丿

お寺の前には シャッター土産物店街 (寂”
P4100457.JPG

そして 駐車場のトイレ前の立札
P4100459.JPG

わっ! 金袋が・・・裂けてる (゚д゚)!
P4100458.JPG

nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

茂林寺公園の桜 「群馬県 館林市」 [群馬県]

桜前線北上中

ということで 群馬県の茂林寺公園へ行ってみました (4月10日)
P4100435.JPG

茂林寺川沿いに桜が植えられています
P4100460.JPG

川の上には鯉のぼり
P4100437.JPG

ちょっと気が早い感じですね!

幹に直裂き咲
P4100439.JPG

東京よりも 若干遅く咲くだろうと思って行ったのですが散り始め ○o。.
P4100436.JPG

もう 散っている木もありました (東京と変わらないじゃないか "(-""-)")

隣は沼と湿原になっており
P4100444.JPG

準絶滅危惧種の 「のうるし」 が群生していました
P4100442.JPG

葉や茎を傷つけると 漆に似た白乳液が出る事から名付けられ

その白乳液は有毒だそうです

う~ん! なんとも立派な桜 !!!
P4100443.JPG


この立派な桜の奥は 分福茶釜で有名な茂林寺という事で

茂林寺川に架かる橋には狸様
P4100440.JPG

P4100441.JPG

折角ですので 行ってみましょう (^o^)丿

nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog