So-net無料ブログ作成
検索選択

ヴィラ・デ・アグリ 「栃木県 宇都宮市」 [お宿]

安近短宇都宮旅行のお宿は

P5170984.JPG

天然温泉・露天風呂 湯処あぐりを併設しています (宿泊者無料)
P5181021.JPG



私たちが泊まったのは2階
P5170985.JPG

204号室の
P5170986.JPG

ツインルーム
P5170990.JPG

部屋は 思ったより広いです
P5170992.JPG

P5170991.JPG

洗面所
P5170989.JPG

ちなみにバス無しトイレ付 (ウォシュレット付)
 
ベランダもありまして
P5170987.JPG

新緑が とても奇麗でした (^^♪
P5170988.JPG

(朝は またまた鶯の奇麗な鳴き声が ♪)

酔った勢いで夜 ベランダから木立をパシャリ!
P5171017.JPG

P5171019.JPG

動物や 人間の顔に見えるのは私だけ? (森の妖精も写っているかも?)

ここは全10室

和室が6部屋 ツインの洋室が3部屋 和洋室が1部屋となります

(私たちが泊まったツインの洋室は 素泊まり一泊1人4900円
 
和室は もうちょい高くなります)

ちなみに 「湯処あぐり」

午後9時までは 宿泊者以外の一般の人も入浴出来るので

ちょっと込み合います (脱衣所と洗い場が小さい ○o。.)


そしてヴィラ・デ・アグリ

実は 「道の駅うつのみや ロマンチック村」 の中なのであります ( ゚Д゚)

nice!(12)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

四万たむら 朝御飯と館内徘徊 「群馬県 四万温泉」 [お宿]

鶯の奇麗な鳴き声で目覚めた私 (^^♪

(お袋と妻は 起きてから暫くして鳴き声に気付いたらしい ○o。.)

まぁ本音を言えば前の晩 呑み足らなかったのと
 
お袋のガサゴソという絶え間ない寝返りの音と鼾で よく眠れなかったのです (=_=)


それでは 朝食会場へ (^o^)丿
P5090813.JPG

お好み食堂とは ちょっといいネーミングですね!

会場内 ちょい暗め ○o。.
P5090823.JPG

ほとんどのメニューが和食系で 洋っぽいのはサラダとウィンナーだけ
P5090815.JPG

P5090814.JPG

こんな感じで盛ってきました
P5090817.JPG

みんな美味しい (^_^)/

旅館自慢の 月替わり源泉粥
P5090818.JPG

今月は?
P5090820.JPG

だそうです

さて 宿泊人数が少ないと和定食の場合がある との事でしたがバイキングで一安心

なんせ 普段私は一日2食
 
そして お酒を呑むので朝は余り食べたく無いのです

あ! 和食中心の朝食 あっさり食べられて良かったです (*^^)v


では 腹ごなしに少しだけ館内を徘徊 (^^)/

中庭が奇麗です
P5090824.JPG
 
東京あたりより半月ほど季節がずれているようで まだ八重桜が咲いていました

プール
P5090826.JPG

飲泉
P5090828.JPG

フロントで玉子を購入すれば ここで温泉玉子を作る事が出来ます

足湯
P5090827.JPG

ちょっと・・・入り・・・たく無い!

旅館の規模を かなり大きくしてしまった様で

あちこち手の行き届かない箇所があるのが残念 (''_'')

大浴場 甍の湯
P5090825.JPG

お風呂の写真は 残念ながらありません

とても古い造りなのですが その古さが良い雰囲気を醸し出しています

そして建物の2階が女湯 1階が男湯になっており
 
2階の女湯から1階の男湯が覗ける? かも ??? しれません (@_@。

四万たむら

温泉三昧の宿と謳っている様に お風呂が貸し切りを含め7ヶ所


ただし 洗い場があるのは甍の湯と岩根の湯の2ヶ所

野天風呂の竜宮の湯は混浴 庭園露天風呂の甌穴は脱衣場が男女兼用と

ちょっと ややこしいのであります

ちなみに泉質は ナトリウム・カルシウム - 塩化物・硫酸塩泉 (よく分かりませんが)

四万の湯は
 
メタケイ酸というコラーゲンの生成を助け 肌の新陳代謝を促進する
 
天然の保湿成分が豊富なんだそうです

そして 入ったお風呂は?

甍の湯 森のこだま 幻の湯・混浴野天風呂の竜宮 の3つ

(竜宮の湯 かなり虫や落ち葉が浮いていました ○o。. 掬う網などあれば !!!

そして 「森のこだま」 へ行く途中の通路 配管など放置されて 何とも殺風景な事 ○o。.)

まぁ1泊では 3つ巡れば十分でしょう!

それにしても お風呂もやっぱり部屋から・・・遠い ○o。. (私たちの部屋は赤☆)
たむら2.png

(茶☆ 甍の湯   緑☆ 森のこだま   紫☆ 幻の湯・竜宮)

nice!(10)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

四万たむら 夕食 「群馬県 四万温泉」 [お宿]

さて 楽しみな夕食 (^^♪

会場は 料亭の山桜
P5080808.JPG

個室なので マナーや周りを気にせず食事が出来ます (^-^)

それでは テーブルにあった献立どおりに御紹介 (-ω-)/

(分からない素材も そのまま記載 そして一部 リンクを貼ってあります)

左 箸附     右 寄せ盛
P5080775.JPG

箸附は 養老豆腐とんぶり餡 たたき小倉と生姜乗せ

寄せ盛は 蕨白和え松の実入り 鰻寿司 天豆 才巻海老 粽麩 ひじき真蒸

少量ずつで楽しい (^^♪

        食前酒 (ブルーベリー酒)       向附 (季節の盛り合わせ あしらい一式)
P5080779.JPGP5080777.JPG

ブルーベリー酒は さっぱりとした飲み口

ほとんどの旅館は甘い食前酒を出す中 これは私にとって高評価

だって普通 甘い物は食後なんですから!

向附の お造りは全て◎

献立を見たら 結構さっぱり系なので 白ワインにしました
P5080801.JPG

             お椀                          焚合わせ
P5080785.JPGP5080786.JPG

お椀は蟹すり流し椀で 具材は胡麻豆腐 エリンギ 新牛蒡 三度豆

焚合わせは 豆腐真蒸 里芋 椎茸 五三竹 青味を美味餡で

さて この牛肉と野菜は
P5080780.JPG

この中に入れ 温泉で蒸かします .。o○.。o○.。o○
P5080783.JPG

名物 たむらの源泉蒸し ('◇')ゞ

        牛肉と野菜を投入
P5080789.JPG

しばらく蒸かして出来上がり (-ω-)/
P5080793.JPG

                              自家製胡麻たれ 又は ポン酢で (^ム^)
P5080790.JPG

でも タレが何とも少な過ぎ ○o。.

              強肴                        蒸し物
P5080795.JPGP5080796.JPG

強肴は 竹の子饅頭まりも揚げ丸十巣籠り

伏見唐辛子&葛切りと
 
じゃが芋を細切りにして 揚げた物が添えられています
 
半分にしてみました (見た目が悪くてスイマセン)
P5080799.JPG

竹の子饅頭と書いてありましたが 中身はジャガ芋 ???
 
あ! でも 美味しかったです !!!

そして 蒸し物はプリンではありません (笑”

海老 銀杏 木耳 百合根の茶碗蒸しで 篭甲餡がかけられています
 
止め椀と食事
P5080804.JPG

止め椀には納豆昆布 刻み湯葉 手毬麩 乾燥蜆

食事は梅じゃこ飯

炊き込まれているのは枝豆 油揚げ 長ひじき

香の物は白沢庵 セロリ 長芋紫蘇漬

デザート
P5080806.JPG

湯葉塩プリン レモンジュレ乗せ


少量ずつですが品数も多く 野菜多めでヘルシー

とても美味しく頂きました (^o^)丿

食事の下に敷かれた紙も 季節感たっぷり .。o○
P5080803.JPG

nice!(10)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

四万たむら 水涌館766号室 「群馬県 四万温泉」 [お宿]

疲れているのか笑顔がまったく無い 研修生の仲居さんに案内され

私たちが通されたのは 水涌館の766号室
P5090812.JPG

766号室なので 7階の66号室だと思いますが大違い

7は建物 (水涌館) の番号で なので水涌館 (7) の6階の6号室 (?_?)

そして この766号室に来るまで

帳場 (緑の☆印) からロビーや食事処を通り木涌館へ
たむら建物.png

この木涌館のエレベーターで最上階に上がり 木涌館内を通り

更に連絡通路を通り水涌館 またエレベーターで6階に上がり

ほぼ最奥の部屋 (赤い☆印) が766号室

増築に増築を重ねたのでしょうか?
 
部屋番号といい 部屋の場所の分かり難さといい なんとも頭が (◎_◎;)

さて

部屋に入ると 細長い通路にガラス窓
P5080768.JPG

ガラスから見えるのは 何とも手入れのされていない坪庭が (@_@。ギョギョ

踏み込みを上がり
P5080769.JPG

左手に洗面所と
P5080809.JPG

お風呂
P5080810.JPG

部屋内から見ると こんな感じです
P5080811.JPG

バストイレは別々で
 
トイレ (ウォシュレット付き) は 踏み込みに入ってすぐの所にあります

部屋は 15畳ほどでしょうか
P5080770.JPG

窓が大きく取られ 明るく
P5080771.JPG

今の時期 新緑が奇麗でした (*^。^*)
P5080772.JPG

(下に目を向けると駐車場でしたが)

古さはかなり感じられますが
P5080773.JPG

部屋自体は 悪くありません (二部屋に分けても十分な広さ!)

ちなみに部屋置きのお菓子は
P5080774.JPG

甘い黒豆

nice!(11)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

四万たむら アプローチから帳場へ 「群馬県 四万温泉」 [お宿]

温泉街を徘徊後 今宵の宿に到着 (^o^)丿

P5080761.JPG

まずは田村坂がお出迎え
P5080762.JPG

芝桜や躑躅が咲いていて いい雰囲気~ ♬
P5080763.JPG

と言いたいところですが 足腰の弱った人には かなりキツイ坂道 ○o。.

短い距離とはいえ これから超高齢化社会になるのに送迎とか考えても・・・!

坂道の途中には?
P5080764.JPG

よろづや商店 ???

牛乳 サイダー ペプシコーラは分かりますが
P5080765.JPG

チーズにバター (?_?)

83歳のお袋も 無事入り口に到着
P5080766.JPG

天保五年 (1834年) に建てられた 入母屋造りで茅葺の玄関

この旅館のシンボル的存在

そして この旅館の元々の名前は
P5080767.JPG

賽陵館田村旅館なんだそう

たむらの祖

田村甚五郎清政が四万温泉に来たのは 室町時代の永禄六年 (1563年)

甚五郎清政は 山城として有名な吾妻の岩櫃城の

六代目城主 斉藤越前守基国に仕えていたとか

その年 武田勢に攻められ越後に逃れる時 四万山中に路を求めましたが

更に北上する城主の行先を守るため ここにとどまり追っ手を防ぐこととなり

やがてそのままこの地に土着し 四万川の中から湧出する温泉を発見して

湯宿を始めたのが四万温泉の始まり・・・

なんだとか

ちなみに岩櫃城
 
大河ドラマの真田丸を見ていた人は知っていると思いますが

四万温泉の近くです

さて 中に入りまして帳場付近
P5090831.JPG

こちらは上段の間
P5090829.JPG

五月なので? 五月人形が飾られています

それでは

まずは部屋で一休み (^。^)y-.。o○

nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

アパホテル 巣鴨駅前 [お宿]

今回の宿は 出来たばかりのアパホテル巣鴨駅前

(一駅隣の駒込に 実家があるのに何故? と思う人もいると思いますが まぁその辺は・・・)

2月14日 018.JPG

2月14日 019.JPG

2月14日 096.JPG

JR巣鴨駅から徒歩2~3分 都営地下鉄三田線A4出口からはすぐ

ロビー付近
2月14日 075.JPG

2月14日 020.JPG

出来たばかりなので とても綺麗です

部屋の広さはまずまず
2月14日 021.JPG

テレビが大きいのは良いのですが 向きが何とも見にくいのであります ○o。.
2月14日 025.JPG

ユニットバス
2月14日 022.JPG

コチラはちょい狭

バスの形が丸いのが独特です
 
備品は◎
2月14日 023.JPG

2月14日 024.JPG

緑茶&コーヒーのティーバッグ完備 (*^^)v
2月14日 031.JPG

もちろん湯沸かし器あり そして空気清浄機と空の冷蔵庫もあります

部屋からの眺めは?
2月14日 026.JPG

東京のビル群と

国道17号線
2月14日 027.JPG

朝起きてビックリ! ビルの合間から富士山 \(^o^)/
2月14日 076.JPG

ちなみに部屋番号は 1106号室

過日話題になったアパホテルですので モチロンあります
2月14日 077.JPG

「じゃらん」 で予約 一部屋素泊まり12000円

小さいながらも大浴場付き 立地にしては料金 かなりお徳かと

でも 建物の真ん中は吹き抜け 部屋を一歩出ると?
2月14日 032.JPG

ブルッ (>_<)

nice!(13)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

横浜ベイホテル東急 「神奈川県 横浜市」 [お宿]

前にも記事にしましたが せっかく宿泊しましたので再掲載

えのしま よこはま 125.JPG

みなとみらい線 みなとみらい駅に直結で便利

毎回 このオブジェが不思議 (・・?
えのしま よこはま 092.JPG

今回も パークビューのツインを予約
えのしま よこはま 093.JPG

ベイビュー (ベイブリッジが見える部屋) よりも 私はパークビューが好みです

夜景が綺麗ですし お安いのです !!!

バスルームは トイレ & シャワーブースと一緒
えのしま よこはま 095.JPG

風呂の向かいに シャワーブース (右) とトイレ (左)
えのしま よこはま 098.JPG

シャワーブースには 手持ちと頭上が完備
えのしま よこはま 097.JPG

だいぶ年季が入ってきましたが 部屋は中々お洒落です
えのしま よこはま 102.JPG

今回は18階という事で 今まで宿泊した中で最上階 \(◎o◎)/
えのしま よこはま 094.JPG

冬は寒いのですが ベランダがあるのは高得点ですね ◎
えのしま よこはま 099.JPG

眺め
えのしま よこはま 101.JPG

えのしま よこはま 100.JPG

(*^^)v


ちなみに

「じゃらん」 の16時チェックイン12時チェックアウト素泊まりプランで

一部屋 (二人分) の室料は 1万5千円

高いか安いかは 読者様の判断次第


あ!

アメニティも豊富
えのしま よこはま 096.JPG

\(^o^)/


さて? 夕飯 どうしよう ???

nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

あだたらの宿 扇や 朝食編 「福島県 岳温泉」 [お宿]

朝食は会場にて

周りを見渡すと 70歳から80歳くらいの方達ばかり w(◎o◎)w

従業員さん達から見たら51歳の私 きっと若く見えた事でしょう (V)o¥o(V)


基本セット
しらかわ にほんまつ 164.JPG

普段 朝御飯を食べない私ですが美味しそう \(^o^)/

野菜類が 別のテーブルに置かれています

茄子の田楽に温泉玉子
しらかわ にほんまつ 166.JPG

あれっ? ブレてる !!!

野菜の煮物に納豆
しらかわ にほんまつ 167.JPG

う~ん! どうしてブレブレ?

御飯と食べると美味しいとか
しらかわ にほんまつ 168.JPG

手振れが・・・続きます <(_ _)>

生野菜のサラダに茹でた野菜
しらかわ にほんまつ 169.JPG

まったく・・・もう!

ちなみに 二日酔いではありません (+o+)

基本セット以外に 茄子田楽と温泉玉子を頂き
しらかわ にほんまつ 170.JPG

お茶碗の御飯を一杯だけ

美味しく頂きました (^o^)

最後に温泉街にある パン屋のラスクと合わせてコーヒーを (#^.^#)
しらかわ にほんまつ 172.JPG


<追伸>

私の部屋担当の仲居さん

梅酒好きとあって 旅館に置いてある酒類にも詳しく
 
夜は 北会津ワインの赤を勧めて頂きました

ほがらかで 程よい距離をとっての接客が とても良かったのであります ◎

じゃらんの口コミも 評判の良い旅館です

また泊まりたいなぁ .。o○

nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

あだたらの宿 扇や 夕食編 「福島県 岳温泉」 [お宿]

温泉を満喫したあとは 楽しみな夕食 (#^.^#)

ちなみに 大浴場の画像はありません
 
↓ 興味がある方は HPを御参考にして下さい ↓



私のプランは 「夕食グレードアップ★★ワンドリンク特典」

部屋食なので 気兼ねなく一人で食べる事が出来ました

メニュー
さけ みやげ 012.JPG

美味しい料理が並びましたよ (*^^)v
しらかわ にほんまつ 135.JPG

食前酒は山葡萄酒です

ワンドリンクサービスは 赤ワインのミニボトル
しらかわ にほんまつ 150.JPG

ソフトドリンクやビールも選べます

モチロン これだけでは全然足りませんので

大竹ぶどう園の北会津ワインの赤をフルボトルで w(◎o◎)w
しらかわ にほんまつ 136.JPG

前菜
しらかわ にほんまつ 143.JPG

お造り                      蕪とサーモンのマリネ
しらかわ にほんまつ 139.JPGしらかわ にほんまつ 141.JPG

    えごま豆腐                   茶碗蒸し
しらかわ にほんまつ 145.JPGしらかわ にほんまつ 148.JPG

         煮物                       和牛サーロイン
しらかわ にほんまつ 157.JPGしらかわ にほんまつ 140.JPG

ジュウジュウ .。o○.。o○
しらかわ にほんまつ 151.JPG

綺麗なミィディアムに !(^^)!
しらかわ にほんまつ 152.JPG

お見事 \(^o^)/

牛肉の銘柄は忘れてしまいましたが 柔らかくて旨旨 !!!

鶏団子サーモン巻き スタイリングソース
しらかわ にほんまつ 155.JPG

ん! スタイリングソースって 何?

食事
しらかわ にほんまつ 158.JPG

五目御飯&私の大好物 なめこの味噌汁 (^-^)

デザート
しらかわ にほんまつ 161.JPG

パンナコッタ チョコレートケーキ クレームブリュレ

私は和菓子より この様な洋物が好きなので良かったです


さて 朝食は?

nice!(11)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

あだたらの宿 扇や 館内編 「福島県 岳温泉」 [お宿]

今回の旅で一番の楽しみ ♪ 温泉 ♪

岳温泉へは 二本松駅から路線バスで25分

坂上田村麻呂が 東征の折に発見したといわれる温泉だとか

そして温泉街は 急な坂道なのであります
しらかわ にほんまつ 122.JPG

しらかわ にほんまつ 123.JPG

土産屋や食堂も数件あります

バス停から坂道を登り 数分で

しらかわ にほんまつ 124.JPG

「じゃらん」 で 一人でも泊まれる宿を捜したら ここがありました

ここ岳温泉は 治しの湯として

強い殺菌効果のある 全国的にも数少ない酸性泉だそうです

ロビー
しらかわ にほんまつ 175.JPG

画像はありませんが 小さいながらも土産処 あります

廊下
しらかわ にほんまつ 132.JPG

館内 とても落ち着いた雰囲気です

私の部屋は?
しらかわ にほんまつ 133.JPG

一人静

部屋に入ると冷蔵庫が二つ
しらかわ にほんまつ 125.JPG

左側の小さい冷蔵庫は空なので 持ち込んだ飲み物を冷やせます

あ! アルコール類の持ち込みは御遠慮ください !!!

バス・トイレは別々
しらかわ にほんまつ 126.JPG

しらかわ にほんまつ 127.JPG

まぁ私 こういうのは使いません
しらかわ にほんまつ 162.JPG

建物は少し古いのですが 綺麗です
しらかわ にほんまつ 129.JPG

部屋から見える中庭には池や水車があり ちょっとした風情が味わえます
しらかわ にほんまつ 174.JPG

ただ 二つほど問題が・・・!

洗面台のお湯が ぬるま湯しか出ないのと

庭の滝音が 夜寝ている時に気になります ○o。.


さて 夕飯まで時間がありますので 牛蒡せんべいをポリポリ
しらかわ にほんまつ 131.JPG

では 全国でも珍しいといわれる酸性泉を楽しむとしますか (#^.^#)


<追伸>

事前に連絡すれば二本松駅から 旅館が送迎バスを出してくれます

nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行