So-net無料ブログ作成
検索選択

二本松城 (霞ヶ城) 2 「福島県 二本松市」 [城]

元々は山城だった二本松城

思ったより登りがきつく 息切れが止まりません ○o。.

木々の合間に やっと見えてきました

本丸
しらかわ にほんまつ 106.JPG

ここでは ちょっと変わった石垣を見る事が出来ます

本丸直下の大石垣
しらかわ にほんまつ 107.JPG
 
城郭石積み集団 穴太衆 (あのうしゅう) によって築かれた

二本松城で最も古い石垣の一つなんだとか

天守台
しらかわ にほんまつ 108.JPG

しらかわ にほんまつ 109.JPG

あ! この辺りの石垣は 復元らしいです

またまた ここにも
しらかわ にほんまつ 111.JPG

しらかわ にほんまつ 112.JPG

もちろん 天守台に上がりました
しらかわ にほんまつ 113.JPG

周りの山々の眺めが・・・なんとも \(^o^)/
しらかわ にほんまつ 115.JPG

こちらは安達太良山
しらかわ にほんまつ 114.JPG

雲があって見えませんが 頂上が ポコッ 凸

別名 乳首山 (ちちくびやま) とも呼ばれています

この日 天気はとても良かったのですが かなりの強風

天守台で 飛ばされそうな気がして焦りました !!!

城の必需品ですね
しらかわ にほんまつ 117.JPG
 
しらかわ にほんまつ 116.JPG

他にも見所はあるのですが 疲れたので駅に一直線

ちなみに

二本松城は日本百名城
 
安達太良山は日本百名山と花の百名山に選定されています

そして実は

二本松城は 本丸の直下まで車で行けるのであります (駐車場有)


では今宵の宿 岳温泉へ (^o^)丿

nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

二本松城 (霞ヶ城) 1 「福島県 二本松市」 [城]

それでは悲劇の城 二本松城へ いざ!

和菓子の店 日夏の左の道をしばらく行くと
しらかわ にほんまつ 093.JPG

しらかわ にほんまつ 178.JPG

通称 坂下門

初代藩主 丹羽光重が二本松に入府した際 大手門を造りたかったらしいのですが

財政難の為 実現出来ず

やっと9代目藩主 丹羽長富の時に完成したそうです

さぁ~て ここからは きっつ~い登り坂 (汗汗汗”””
しらかわ にほんまつ 094.JPG

そしてナント 登った分だけ一旦下り

(あ! 下った所に セブンイレブンがあります 小休止しました)

家と家の合間に見えてきました!
しらかわ にほんまつ 095.JPG


ココまで来るのに・・・息切れ ○o。.

二本松城

古くは応永21年 (1414年) に 畠山満泰が山城を築いたのが始まりだとか

畠山家

畠山義継の代に伊達政宗の父親 伊達輝宗を拉致

これを 伊達政宗が父親もろとも畠山義継と共に鉄砲で射殺してしまう

という 粟ノ巣の変の話が有名ですね

その後 伊達政宗の猛攻に耐え切れず 二本松城は落城

そして畠山義継の子 義綱は会津の葦名氏を頼りましたが

その葦名氏も伊達政宗に攻められ 実家の佐竹家に逃亡しますが

その途中に足手まといになるとされ 殺害されたとか

葦名氏も 畠山氏も滅亡してしまったそうな

なんとも 悲劇の城みたいです

さて やっと 三の丸高石垣の前に到着しました (疲”
しらかわ にほんまつ 096.JPG

ここまで 徒歩で20分弱 (息切れ 収まりません ○o。.)

二本松少年隊群像
しらかわ にほんまつ 097.JPG

↑ 平成8年に 寄付金により製作 ↑

箕輪門の前
しらかわ にほんまつ 098.JPG

箕輪門
しらかわ にほんまつ 100.JPG

× (バッテンマーク) は 進入禁止の意味ではありません

丹羽家の家紋です

合戦のあとで 血の付いた刀を袖で拭ったら

バッテンの様に血糊が付いていたので 豊臣秀吉から

「これを家紋としたが良かろう」

との言葉により この紋に定められた

も一つは

丹羽長秀の馬印 (大将の馬印) が 戦のあと短尺が散り

そして2枚だけが残り バッテン状に残っていたので

それが家紋になった

とか

それにしても石垣&松 立派なのであります \(^o^)/
しらかわ にほんまつ 101.JPG

しらかわ にほんまつ 102.JPG


戊辰戦争の際にここで
しらかわ にほんまつ 103.JPG

丹羽一学 服部久左衛門 丹羽新十郎の3人の藩士が自刃したそうです

ん? 掘り切り ???
しらかわ にほんまつ 104.JPG

城内の連絡通路でした
しらかわ にほんまつ 105.JPG

長いブログになってしまいましたが

次は いよいよ本丸で御座います (^O^)/

nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

小峰城 1 「福島県 白河市」 [城]

小峰城 白河駅のホームに降り立つと 目の前に鎮座しております

入り口はコチラ
しらかわ にほんまつ 018.JPG

ここ小峰城は14世紀後半 結城親朝が築城したのが始めだとか

名前が結城という事で 栃木県結城市の結城氏と親戚?らしいです

いつも通り 余湖くんのお城のページからお借りしました m(__)m
よこ 小峰.jpg

今残っているいるのは オレンジ枠内となります (寂”

東日本大震災の影響で 今現在も修復中
しらかわ にほんまつ 019.JPG

しらかわ にほんまつ 022.JPG

なので 見学出来る場所は限られます

桜御門脇の横矢をかけた石垣 立派 \(^o^)/
しらかわ にほんまつ 021.JPG

そして二の丸 広いです!
しらかわ にほんまつ 020.JPG

前御門と 本丸の三重櫓
しらかわ にほんまつ 023.JPG

絵図や発掘の成果をもとに 忠実に再現したとか

無料で中に入れます
しらかわ にほんまつ 031.JPG

入り口を入ってすぐに 修復の為の募金箱があったので少しだけ (^。^)

転げ落ちそうな階段 (怖”
しらかわ にほんまつ 028.JPG

人数制限あり

おっと ●~*
しらかわ にほんまつ 027.JPG

長くなりますので 2話に分けさせて頂きます

nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

唐沢山城 4 「栃木県 佐野市」 [城]

佐野藩主 佐野信吉の時 江戸で大火が起きました

この唐沢城から大火に気付いて急行し 消火作業に活躍したとされます

これが逆に 無断で江戸に参府したという事で 幕府に咎められたそうです

関ヶ原では東軍に属しましたが 豊臣家に縁が深い大名が

江戸の変事にすぐ気付き 急行できる存在が危険視され
 
佐野氏佐野藩は 廃絶させられてしまいました

とさ


さて唐沢山城 最後のブログです

御姫御殿 (右側) と北城 (左側) の境の堀
唐沢山城 さる 063.JPG

物置でしょうか? コンテナが置いてあります

ちなみに 北城は薮だらけ

更に 先に行くとキャンプ場
唐沢山城 さる 064.JPG

この辺りが城の端だと思います ここから戻り

武者詰などといわれる所を眺めながら
唐沢山城 さる 067.JPG

あ! この辺は奥に土塁がありますね

二の丸へ
唐沢山城 さる 068.JPG

ここもちょっとした くい違い虎口になっています

二の丸から本丸に向かう階段を登ると?
唐沢山城 さる 069.JPG

もしかして この巨石 上田城の真田石と同じ意味なのでしょうか?

それにしても本丸の石垣 立派です
唐沢山城 さる 070.JPG

んで 二の丸
唐沢山城 さる 072.JPG

唐沢山城 さる 071.JPG

石垣 妻と比べても高さが分かると思います
唐沢山城 さる 073.JPG

続いては
唐沢山城 さる 074.JPG

唐沢山城 さる 075.JPG

帯曲輪
唐沢山城 さる 076.JPG

以前 アメーバブログにも書いた唐沢山城

そのまま転記しようかと思っていましたが 国指定史跡になったという事で

改めて訪れ 以前行かなかった最奥まで行き

記事にしたら4回にまでなってしまいました <(_ _)>

普段あまり運動等しませんので ちょっとした運動を兼ねての探訪です


<余談>

唐沢山神社の宮司さんは なんと 佐野家47代目の当主

世が世なら? お殿様~ \(◎o◎)/


この唐沢山城のブログを書くに当たり お世話になったサイトです




 
nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

唐沢山城 3 「栃木県 佐野市」 [城]

さて いよいよ本丸です

本丸脇の高石垣
唐沢山城 さる 049.JPG

関東では数少ない 石垣がある城なのであります

本丸には 唐沢山神社
o0800060012453711746唐沢山城.jpg

祭神は初代城主と云われる 藤原秀郷
唐沢山城 さる 051.JPG

唐沢山城 さる 050.JPG

幕には佐野家の家紋 三つ巴が写ってます
三つ巴.png

城の最後の砦ですので 周りには石垣が積まれています
唐沢山城 さる 052.JPG

本丸のあとは いったん南城へ戻り脇道へ

脇道の途中には車井戸
唐沢山城 さる 057.JPG

今は枯れています
唐沢山城 さる 058.JPG

先に足を進めると
唐沢山城 さる 059.JPG

金の丸へ!
唐沢山城 さる 060.JPG

今は 金の丸ロッジがありますが

名の通り お宝蔵があったとされます

それにしても・・・このロッジ 使われて・・・る?

とある窓に こんな張り紙が !!!
唐沢山城 さる 061.JPG

禁断の覗き見 \(◎o◎)/
唐沢山城 さる 062.JPG

使われて無い様な ???

金の丸の隣には御姫御殿
唐沢山城 さる 065.JPG

説明看板等無かったのですが お姫様の住まいだったのですかね?

ちょっと前までは 唐沢青年の家があったそうです

北条氏 そして上杉謙信には10回以上も攻められながらも

一度も落城しなかった唐沢山城

なんとも堅牢な造りだったようです
 
― もう一回 続きます ―

nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

唐沢山城 2 「栃木県 佐野市」 [城]

<余談>

しょっぱなから余談なのですが

ます形に入ると なんとも松茸の良い香り (^^♪

ここには唐沢山荘があり
さの 052.JPG
 

そしてこの近辺 何故か ねこネコ猫 (=・ェ・=? ホエ
さの 062.JPG

さの 051.JPG

これは・・・眠り猫 ???
さの 053.JPG

車の前にも猫が (=・ェ・=? ホエ と鎮座しておりまして 帰りも大変 ●~*
 
余談は終わり

ここで城内図を
唐沢これ.jpg

ます形の奥には 今でも枯れる事の無い
唐沢山城 さる 045.JPG

唐沢山城 さる 044.JPG

そして ここからは大手道
唐沢山城 さる 043.JPG

と・・・すぐに!
唐沢山城 さる 077.JPG

唐沢山城 さる 046.JPG

目が4つある訳では無く 一つ目堀から四箇所目の堀だから? みたいです

桜の馬場
唐沢山城 さる 047.JPG

馬の鍛錬場と書いてありましたが 私が思うに竪堀で

上から 下にいる敵に向かって守り手が急降下

えいっ! ( ゚ロ゚)ノ∝━━(゚ロ゚)━(゚ロ゚)━(゚ロ゚)━∈ サクサク串刺し三兄弟

そして

(o ̄ー ̄)o∮→ 弓矢攻撃! ( ̄ー ̄)o∫ シュッ ‥… →;゚o゚) グサッ!

と 私は思うのです

更に大手道を進むと南城
唐沢山城 さる 056.JPG

今は 唐沢山神社の社務所になっています
唐沢山城 さる 055.JPG

大正天皇が皇太子の頃 行啓されたとか (眺めが良いのであります)

この南城脇の階段を上がると
唐沢山城 さる 053.JPG

唐沢山城 さる 054.JPG

そして奥の階段を上がると
唐沢山城 さる 048.JPG

いよいよ本丸 \(^o^)/

― もうちょい続く ―

nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

唐沢山城 1 「栃木県 佐野市」 [城]

平成26年3月 国指定史跡に指定された唐沢山城 (からさわやまじょう)

城がある唐沢山は 標高247メートル
唐沢山城 さる 038.JPG

関東七名城の一つに数えられ 佐野市の郊外にあります

道路が2方向から通っていますが 家臣の屋敷があったらしい

この矢印の方向 (大手口) から行きました (もちろん車です)
からさわ地図.gif

ちょうど矢印の辺りが 家臣たちの屋敷だったみたいですが今は?

荒地や
唐沢山城 さる 040.JPG

介護施設が造られています
唐沢山城 さる 039.JPG

↑ この盛り土は遺跡では無く 介護施設の盛り土と思います ↑

昔は ここから登城したのでしょうか?
唐沢山城 さる 041.JPG

つづら折の急坂を登るとレストハウス (駐車場)
唐沢山城 さる 080.JPG

このレストハウスの直下に 上杉謙信が攻めて来た時に西日を反射して輝き

上杉軍の目を眩ませた? という 鏡岩があります
唐沢山城 さる 079.JPG

昔は道路を遮る様にあったそうですが 道を造る為に削られてしまったそうです

そして この鏡岩の反対側に大手門があったとか
唐沢山城 さる 078.JPG

ここ 何回か来た事があるのですが 国指定史跡になった という事で

石碑が新しくなっていました
さの 049.JPG

さて 駐車場の脇には
さの 056.JPG

くい違い虎口
さの 050.JPG

こちらが ます形
さの 055.JPG

「ます形」 の一画には
さの 057.JPG

さの 058.JPG

物見櫓があったとかで なんとも良い眺め ♪
さの 059.JPG

さの 060.JPG

この唐沢山城

延長5年 (927年) 藤原秀郷の築城とされます

一時廃城となりましたが 藤原成俊が再興し 佐野氏と名乗ったそうです
 
以上の話は 伝承だとか
 
― 続く ― 

nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

赤見城 「栃木県 佐野市」 [城]

人丸神社から もうちょい佐野市の郊外へ!

余湖くんのお城のページで気になっていた

赤見城
唐沢山城 さる 027.JPG

安元元年 (1175年) 足利俊綱によって築かれた とされます

最終的には佐野氏の支城 (本城は唐沢山城) になったとか

ちょっとした住宅街にありまして 駐車場は無し

そしてなんと今現在 本丸は保育園 変なオジサンと思われても困る?
唐沢山城 さる 031.JPG

という事で チャチャッと数枚だけ写真を撮ってまいりました

初めの写真 (赤見城跡の石碑の写真) を撮った場所から1枚
唐沢山城 さる 028.JPG

写真では分かり難いのですが けっこう高い土塁です

上に登ってみました (階段有り)
唐沢山城 さる 029.JPG

土塁が 保育園のグランド (本丸) を囲っているのが分かります
唐沢山城 さる 030.JPG

一周ぐるっと回れる と思うのですが

保育園と 周りの住宅から丸見えなのであります (汗”

場所によっては堀が残り 今だ水を湛えているそうです

昔は こんな感じだったのでしょうか?
赤見城.png

いつも通り


から お借りしました 感謝 (*^^)v


勇気がある方

二重堀など ちょっとした遺構が残されておりますので

訪れてみて下さい! (写真も宜しくお願いします m(__)m )

nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

忍城 「埼玉県 行田市」 [城]

豊臣秀吉が唯一落とせなかった城

かねつき堂 ハス 忍城 043.JPG

過日 大河ドラマの真田丸にも出て来た城です

室町時代中期に 成田氏が築城したと伝えられます

なんて仰々しく書きましたが ご多分にもれず開発され
 
遺構は殆んど残っていません

 
本丸土塁
かねつき堂 ハス 忍城 035.JPG

かねつき堂 ハス 忍城 036.JPG

武家屋敷から移築 復元された門
かねつき堂 ハス 忍城 038.JPG

かねつき堂 ハス 忍城 039.JPG

櫓の石垣
かねつき堂 ハス 忍城 040.JPG

かねつき堂 ハス 忍城 041.JPG

復元された 時の鐘
かねつき堂 ハス 忍城 042.JPG

こちらも 復元された門
かねつき堂 ハス 忍城 044.JPG

またまた復元された 三層櫓
かねつき堂 ハス 忍城 045.JPG

ちなみに この様な櫓は

きっと 徳川の世になってから造られた物かと思います

鳥瞰図を見ると まさに忍の浮き城
忍城鳥瞰図.jpg

いつも通り 余湖くんのお城のページよりお借りしました

休日には時間によって

忍城おもてなし甲冑隊が お出迎えしてくれます
おもてなし.png

私達が行った日は

柴崎 和泉守と
かねつき堂 ハス 忍城 049.JPG

甲斐姫&正木丹波守が 紙芝居を行っていました
かねつき堂 ハス 忍城 048.JPG

ちなみに たった5分で終わり (笑”


この忍城を舞台にした 「のぼうの城」

けっこう面白いですよ!


<余談>

復元された土塀なのですが (城の内側からの写真)
かねつき堂 ハス 忍城 037.JPG

ちょっと見では分からないのですが 良~く見ると
かねつき堂 ハス 忍城 050.JPG

狭間の向きが逆

(普通は内側が狭く 外に向かって広がるのであります)

nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

諏訪の浮城 高島城 「長野県 諏訪市」 [城]

上諏訪駅から 15分ほど歩いたでしょうか

丸高蔵からは数分

突然 こんな景色に出くわします
上諏訪温泉 038.JPG

1970年 (昭和45年) に復興された高島城の天守です

左手には隅櫓
上諏訪温泉 040.JPG

冠木橋と冠木門
上諏訪温泉 039.JPG

これらも全て復興されたもので

築城当時の物は 堀と石垣のみだそうです


元々の領主の諏訪家が 徳川家康の関東転封に従い武蔵国へ

その後 豊臣秀吉の武将 日根野織部正高吉が諏訪に転封

文禄元年(1592)に着工
 

慶長3年 (1598年) まで7年ほどかかって高島城を築城

そして 関ヶ原の戦いで徳川方に属した諏訪家

家康の恩恵により諏訪に帰り 藩主にとなった

とさ
上諏訪温泉 045.JPG


本丸 二之丸 三之丸などの主要な郭 (くるわ) を

直線状に連続して配置した 蓮郭式と呼ばれる造りの高島城

城の際まで諏訪湖の水が迫り 湖上に浮いて見えた事から

別名 諏訪の浮城と呼ばれていました

今は 本丸以外は埋め立てられ 周りは普通の住宅街に (涙”

本丸内は 高島公園となっています

藤が綺麗でした
上諏訪温泉 042.JPG

上諏訪温泉 043.JPG

本丸内には他に 明治33年創建の 諏訪護国神社
上諏訪温泉 046.JPG

や ブランコ等 子供の遊具もあります


この天守
上諏訪温泉 044.JPG

安土城天守に 似せて造られたとの噂も !!!

nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行