So-net無料ブログ作成
検索選択

東亜酒造 「埼玉県 羽生市」 [お酒]

元々は埼玉県の秩父で 寛永2年に創業した

P8040548.JPG

表は近代的な作りですが 裏側には古い建物が残っています
P8040547.JPG

羽生市には昭和16年に本社を移し 今に至るそうです

残念ながら ここも蔵では販売をしていません

なので羽生市のイオンで 毎度の2本 (^o^)丿

特別純米酒 晴菊 (はれぎく)
P8100610.JPG

酸味が若干強めで キリッとした呑み口

あまりにも無色透明なのは もしかして濾過しちゃった?

ワイングラスでおいしい日本酒アワード2017 メイン部門 金賞受賞

だそうです

大吟醸 晴菊
P8100613.JPG

こちらは仄かな黄色

弱いながらもフワッと香る 優しく柔らかい吟醸香 .。o○

呑み口も同様に 優しい甘味と柔らかさがあります

純米では無いので 醸造用アルコール添加ですが

なんとも柔らかな旨口 (^.^)

ちなみに 晴菊の由来は?

16代目当主 肥土晴三郎の

名前の頭文字と 好んでいた大輪の菊に因んでつけられたとか

[46蔵]


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

買っちゃいました! [お酒]

8月1日のブログで 「ワインセラー 買っちゃおうかな?」

と書きましたが その夜 アマゾンでポチっとな! 購入してしまいました !!!

冷蔵庫の一番上の棚に 試しに電波時計を置いたところ
P8010508.JPG

この温度じゃ日本酒にしろワインにしろ 低過ぎますよね!

で 8月3日の夜に クロネコがピンポ~ン ♪
P8030518.JPG

しまった! 置く場所を考えて無かった (=_=)

取り敢えず和室に (^-^;
P8030520.JPG


横向きに9本 縦置きが3本入れられます

運良く ANAのマイルで交換したワインも同時に到着 (^_^)/
P8030519.JPG

エノテカが厳選した
P8030521.JPG

人気ブランド10本セット \(^o^)/
P8030524.JPG

とりあえず 私の好きな日本酒の温度は涼冷え (15度前後)

そして 赤ワインの適温は14度から18度 白ワインは9度から14度

なので 14度に設定しておきましょうか (^。^)y-.。o○
P8030525.JPG

(10度前後が美味しいロゼは 冷蔵庫に)


あ! そういえば

ANAのマイルで 宮崎牛のローススライスも来るはず (´▽`)

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

「冷や」 は死語? [お酒]

最近ちょっと気の利いた呑み屋へ行き 日本酒を頼むと
「常温? それとも冷酒で?」 と聞かれることがあります
(もちろん生酒や 冷やした日本酒しか無い場合を除きます)
私くらいの年齢だと ん! 常温?
せっかく気の利いた店なんだから 「冷や」 って聞いてよ! なんて思ってしまいます
ちなみに読み方は 「ひや」
冷たいという意味では無く 常温で呑む事を言います
「冷や」 って頼んだのに冷酒が出て来た! なんて事もあるそうで
ちなみに基本 夏場でも私の日本酒の呑み方は 呑み始めは冷や (もちろん生酒は除きます)
             th2FUFL5PS.jpg

何故なら常温の方が しっかり味が分かるから です
そういえば赤ワインも基本 常温ですね
そして次は 冷やしておいて呑みます 
人間の舌は温度によって こんな感じ方になるそうです
ondo_mikaku_graph.jpg

ちょっと生意気な発言ですが
日本酒を呑みなれてきて 冷やで呑むと最近なんとなく 
醸造用アルコールが添加されているのが分かる様な?気が ???
それにしても温度によって こんなに呼び方が変わるなんて
KURAND01.png 

何とも日本酒は繊細です
とは言いつつも 一番好きな温度は?
味も変えず吟醸香も香る 花冷えから涼冷えくらいがベストかもです
夏場は流石に 冷やで飲むと温度が高いので
温度設定が出来るワインセラー
cd-7x_gaikan.jpg

買っちゃおうかな?
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

私の 「お酒」 について [お酒]

特にブログネタも無いので 個人的なお話を (^o^)丿

私のブログを読むと さぞかし日本酒が好きなんだろうな!
と思う人が多いと思いますが 普段呑みは焼酎のお湯割り (夏でも) なのです
元々私の呑み方は
夕飯を食べる ⇒ 風呂に入る ⇒ ビール500ml缶1本 ⇒ お湯割り数杯 ⇒ 寝る
thKVYLKSB1.jpgthRL9SG2EL.jpg

というパターンでした
(他の呑兵衛の方みたいに チビチビダラダラ食べて呑んで風の晩酌はしません)
しかし 40代半ばから少しでも早く寝たくなり
はて どうしたものか?
では 夕飯時から呑み始めれば !!!
こうなると 白米に合う物と言えば日本酒かワインですよね!
th.jpgc.jpgthLJWM59NG.jpg
これが 今のパターンになりました

そしてチョイ調べてみたら?
近所に酒蔵が こんなにあるじゃないですか!
埼玉県の酒蔵マップ
酒蔵マップ.jpg

栃木県の酒蔵マップ
とちぎ蔵元.gif

(埼玉県北東部在住なので千葉県や茨城県 群馬県も程近いのですが
コチラは割愛させていただきます)
こりゃ 恰好のブロブネタ (もちろん ワイナリーは・・・無いです)
そして 必然的にビールは呑む回数が激減 (ウイスキーは元々呑みません)
という訳で 「お酒」 のカテゴリーも  ほぼ日本酒で50話を超えました

暑さが厳しく ブログネタが減るこの時期
たまには こういう記事でブログを繋ごう・・・かと ^^;
nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

門外不出・夏の純吟 & ミラクルわかざかり 「栃木県小山市 西堀酒造」 [お酒]

田んぼアートとヒマワリの間に いい具合に酒蔵がありまして (*''▽'')

P7250430.JPG

前にもブログにしましたので 細かい事は書きませんが

明治5年 (1872年) の創業です
P7250431.JPG

同じ物を買ってはつまらないので
 
前に何を買ったか考えながら 毎度の2本購入

ひと夏の純米吟醸
P7260457.JPG

なんとも涼し気なラベルです
P7260455.JPG

吟醸香はありませんが 美味しそうなお酒の香り .。o○

かなりすっきりめの酒 ほんの少し甘さを感じます

確かに夏の酒? キリッと冷やして花火を見ながら

なんて美味しそう (^-^)

「道の駅 まくらがの里こが」 で購入した

たこキムチでグイグイ行けます
P7230417.JPG

ミラクルわかざかり
P7260460.JPG

何ともビックリの 淡い琥珀色 \(◎o◎)/

色もビックリですが栓を開けたら なんだか燻された香り

ん! 古漬け?の香り ???

古代米を原料に仕込み 二年以上熟成させたそう

呑み口は仄かに甘さを感じるものの・・・酸っぱい ( ̄ー ̄)

うーん なんと言ってよいか?

まさにミラクル (@_@;)

nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

袖美人 「茨城県常総市 野村酒造」 [お酒]

過日 「道の駅まくらがの里こが」 で購入した日本酒です

野村酒造 紬美人ひやおろし
P7150366.JPG

ちなみに紬 読み方は 「つむぎ」 で 「そで」 ではありません (笑”

米のエグミを残しながらも 「ひやおろし」 という事で滑らかな舌触り

え! 夏を超える前に 「ひやおろし」?

なんて思いましたが 私には 詳しい事は分かりません

実は この紬美人の蔵元 野村酒造は

一昨年の鬼怒川決壊で甚大な被害を受けた蔵でして

廃業する日本酒蔵がある中 頑張っているみたいです

折角ですから 道の駅で購入した物を一緒に (^o^)丿

モンゴウイカ
P7150369.JPG

そのままでも美味しいのですが

お茶漬けにしても ◎
P7161155.JPG

松前漬けも (*^^)v なので
P7181156.JPG

ついつい酒が進んでしまいます ^^;

実は私 甘い物でも酒が呑めるのでありして (^-^;
P7150370.JPG

パウンドケーキ Mam のパウンドケーキです

旨っ!

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

加須の舞 「加須市の酒米と地酒協議会 & 釜屋」 [お酒]

「道の駅 童謡のふる里おおとね」 で売っていました

加須の舞
P7051145.JPG

P7051148.JPG
 
地元の酒蔵 「釜屋」 や酒店 農家の方々が協力し

すべて加須市産の原料で醸造されているそうです

酒米は 「さけ武蔵」 を使用

少し黄色がかっており 仄かな甘さと酸味が強い しっかり味な一品

釜屋

いかにも日本酒 って感じの酒が多いです
 
nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

宇都宮酒造 「栃木県 宇都宮市」 [お酒]

創業は明治4年

JR宇都宮市の郊外

宇都宮駅から東へ車で約20分 周りは田畑に囲まれた鬼怒川沿いにある
P6170189.JPG

P5181045.JPG

大東亜戦争中 物資統制令により休業 昭和22年に復活したそうです

P5181044.JPG

で、2本 (^o^)丿

夏 四季桜 特別純米酒
P6160179.JPG

蓋を開けて 香りは?

吟醸香ではありませんが すっきりとした美味しそうなお酒の香り .。o○

酸味が効いた辛口で (旨”

甘露煮や角煮等 甘めの食事に合いそう

四季桜 純米大吟醸 花宝
P6170187.JPG

吟醸香は殆んどありません

ですが 美味しそうなお酒の香り そして とてもすっきりとした呑み口 (´▽`)
 
ん!すっきりし過ぎ ???

この呑み口は 好みが分かれると思います

が 米の 「えぐみ」 を残した 旨口かなぁ・・・と私は思います (^^)/

こびとカフェ @ 陽だまりレンガ広場の

ピザやパスタに合わせたら (^。^)y-.。o○ かもです!

[45蔵]

nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

井上清吉商店 「栃木県 宇都宮市」 [お酒]

宇都宮市の外れ

白澤街道と呼ばれた道が通る 白沢町にあります

P5181042.JPG

商号である 「井上清吉商店 」 は 2代目当主の名から採ったそうです

P5181043.JPG

創業は比較的新しく 明治元年 (1868年)

またまた2本 (^v^)

山廃純米かすみざけ
P6080061.JPG

名前の通り うっすら霞んでいます

チト酸味が強い中にも 仄かな甘みが感じられる旨口

初夏限定の山廃仕込みの生酒で

栃木県産酒造好適米 「ひとごこち」 を100%使用

今年 新発売のお酒だそうで 少しシュワシュワ感 (発泡性) があります


特別純米 澤姫
P6100072.JPG

栓を開けると 美味しそうなお酒の香り .。o○

そして 仄かに甘さを感じる優しい舌触りの濃醇タイプ

生原酒という事で アルコール度数18度

呑み過ぎ注意なのであります (・ω・)ノ


ちなみに銘柄の由来は?

「地域に愛される酒を造りたい」 という願いから

地元の地名 白澤から 「澤」 の字を譲り受け

そこに愛される象徴である 「姫」 の字を合わせ 「澤姫 (さわひめ)」

と命名したんだとか

そして 澤姫のこだわりは?

コンセプトは 「真・地酒宣言」 \(◎o◎)/

澤姫は 普通酒から大吟醸 鑑評会出品酒まで

全製品の原料米に 栃木県産米を100%使用し

とことんまで地元 栃木県産素材にこだわっているそうです

[44蔵]

nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

虎屋本店 「栃木県 宇都宮市」 [お酒]

宇都宮二荒山神社 そして餃子の 「みんみん本店」 や 「正嗣 宮島店」 のほど近く

あ! 和菓子の虎屋ではありません !!!

P5181032.JPG

創業は天明8年 (1788年)

古い建物は 残念ながら空襲で焼けてしまったそうです

P5181033.JPG

蔵の入り口 この立て看板が無ければ分かりません

そして 販売している場所はかなり奥 普通の事務所みたいな所です

毎度2本 ('◇')ゞ

純米 菊
P5281086.JPG

少し酸味が感じられますが 柔らかな舌触り

栃木県産米100%使用だとか

純米吟醸 七水 55
P5301089.JPG

ほわっ と香る吟醸香
 
しっかりした酸味と仄かな甘味 しっかり味ながらも呑み易い一品

ちなみに名前の55は 精米歩合からとったもの

生酒という事で アルコール度数17度とちょい高め

菊 そして七水

どちらも虎屋を代表する銘柄です

(事務所内に飾ってある蔵の絵 可愛いので是非お見逃し無き様 !!!)

[43蔵]

nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog