So-net無料ブログ作成
検索選択

飯沼銘醸 「栃木県 栃木市」 [お酒]

創業は文化8年 (1811年)

P5170886.JPG

P5170887.JPG

門を含む建物は 200年以上前のものだそうです

P5170889.JPG

創業者は 新潟県の越路町の出身で

「出稼ぎ酒屋者」 と呼ばれる
 
出稼ぎでこの地に来て 酒蔵となった一人だと言われています

ちなみに 栃木には越後出身の蔵元が多く

近江商人 または越後出身の蔵元で大半をしめるそうです

いつも通り2本

栃木県内の土産店で よく置いてある銘柄です
P5201073.JPG

純米吟醸生酒 杉並木

すっきりとしたお酒の香り

仄かな甘さを感じる柔らかい舌触りの旨口

純米吟醸無濾過生原酒 姿
P5211077.JPG

仄かに香る甘い吟醸香 香りと同様 微かに甘い舌触り

こちらも 呑むとこんな顔に (^○^) ちょい辛料理に合いそう

アルコール度数が17度から18度 生原酒ということで高めです


酒造りを行うのに 一番重要なのはチームワーク

イライラした環境だと 良いチームワークが出来ません

小さなミスを発見しカリカリ注意するより
 
和やかな環境で酒造りをしたほうが良い酒が出来る

そのような考えのもと 蔵人たちと酒造りをされているそうです

そういえば 対応して戴いた女将さん 物静かですが 朗らかな感じの人でした
 
[42蔵]

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

清水酒造 「埼玉県 加須市」 [お酒]

埼玉県の加須市 騎西 (きさい) 町地区にある

P5030687.JPG

1874年 (明治7年) 創業

江戸時代に廃業になった酒蔵を 清水さんが買い取って酒造りを始めたそうです

家族経営の小さな酒蔵で生産量も少なく 取り扱っている酒屋が少ないのが難点

(酒蔵で販売している時は 「生酒出来ました」 のノボリが立ててあるとか)

今回は 玉敷神社の藤まつり会場で購入

いつもですと四合瓶2本なのですが 今回は一升瓶を1本

まぁこれしか無かったですし 最後の1本 w(◎o◎)w

きさいの穣
P5050715.JPG

加須市に統合される前 この地は騎西町という町なのでありまして

騎西町農業青年会議所と ここ清水酒造が

騎西産の米にこだわり 造ったお酒なのであります
P5050713.JPG

ちょっと黄色味がかってます
 
しっかりと米の旨みを残した 舌触りのまぁるい呑み口
 
旨口 ('◇')ゞ

吟醸香は感じられません

呑み方のお勧めは ぬる燗か冷やだそう

(あ! 冷やは冷やしてじゃありません 常温の意です !!! )

ちなみに メイン銘柄は亀甲花菱
38hanabishi.jpg

[41蔵]

nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

結城酒造 「茨城県 結城市」 [お酒]

過日の武勇からは意外と近所

P4170530.JPG

残念ながら 蔵では上記の銘柄 (ゆい) は販売して無いそうです

P4170531.JPG

1594年 (文禄3年) 創業 なんと関ケ原の合戦の6年前 (@_@

結城駅から 徒歩10分くらいらしいです

 
駐車場が無く 門の中の敷地内に無理やり (1~2台ほど可) 停める感じでして

車の出し入れに四苦八苦していて 店舗の外観を撮り忘れました (T_T)

毎度お馴染み2本

富久福 特別純米酒 (五百万石を使用)
P4270652.JPG

吟醸香ではありませんが すっきりした香り

しっかりした味で 少し酸味が強め

昔の写真をラベルにしたのでしょうか?

なんとなくレトロな感じでいいですね

富久福 特別純米酒 (山田錦を使用)
P4250651.JPG

ちょい酸味が強いのですが 甘辛酸が程よく調和して旨味

ん?
ゆい.png

こういう意味だったのですね !!!

[40蔵]

nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

武勇 「茨城県 結城市」 [お酒]

JR水戸線 結城駅からも歩いて行けます

P4170527.JPG

店舗は白壁で奇麗 こちらも有形文化財の建物です

それにしても 何とも勇ましい名前ですね!
P4170528.JPG

店内の酒林
P4170524.JPG

P4170526.JPG

酒樽の右に なんとも怖い・・・お面が・・・ !!!
P4170525.JPG

お面がある事 ブログを書いている時に気付きました (汗”

創業は1867年

毎度お馴染み 2本 (^o^)丿

純米吟醸 和 (なごやか)
P4190598.JPG

吟醸香ではありませんが しっかりとした酒の良い香り

爽やかな甘さと 米を感じる旨口

純米吟醸 しぼりたて
P4170551.JPG

ややっ! うんまい !!!

何ともフルーティーで爽やかな呑み口

日本酒は和食の刺身や天婦羅に・・・なんて思いますが

爽やかな吞み口は こってり肉類にも合いそう


対応して戴いた店の女将 (たぶん)

ちゃきちゃきした とっても可愛い方でした (^.^)

[39蔵]

nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

杉田酒造 「栃木県 小山市」 [お酒]

過日載せた 三福酒造のすぐ近く

三福! 289.JPG

創業は明治9年 (1876年)

店舗は新しく奇麗ですが 奥に古い 有形文化財の建物があります

(店舗の場所は かなり分かり難いのであります ○o。.)

毎度おなじみ 2本

発光路強力 (はっこうじごうりき)
P3290429.JPG

栃木県産の強力米を 100パーセント使っているとか

甘辛酸のバランスの良い どっしりとした味

黄色がかった色合いで 吞んだ後 爽やかな甘みが口に残ります

ラムサール ふゆみずたんぼ米
P3310432.JPG

小山市内の渡良瀬遊水地周辺で採れた コシヒカリ100パーセントで造ったそうです

すっきりした甘さを感じる 柔らかな旨口

それにしてもコシヒカリのお酒
 
酒造好適米じゃないのに こんなに旨いとは驚き w(◎o◎)w

ちなみに吟醸香は どちらも殆んどありません


あ! 小さいのを1本 おまけで頂きました !!!
P3310433.JPG

後ほど 味わって頂きます

感謝 (^^)/

[38蔵]

nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

三福酒造 「栃木県 小山市」 [お酒]

JR宇都宮線の間々田駅 東武日光線の静和駅 両駅のほぼ中間にある

三福酒造
三福! 288.JPG

明治29年 (1896年) 創業

ん! 営業してる?
三福! 287.JPG

あ! 前以って電話してあるので大丈夫です !!!

中に入ると ちと強面のオジサン

「うちは今風のお高い酒じゃ無く 普段呑みの酒しか造って無いよ!」

いいんです 呑んで美味しければ .。o○

いつも通り二本

三福
三福! 290.JPG

ラベルを見てみると 醸造用アルコールの他に糖類を添加

一昔前の三増酒? あ! 今は造ってはいけないので二増酒ですね


口の中に少し甘さが残りますが 醸造用アルコール感はあまりしないです

大手メーカーと比較しても 遜色無い味です

(大手メーカーの 安価な日本酒も二増酒です)

ちなみに ここの代表銘柄なのでしょうか?
三福.jpg

純米吟醸 ハゲ親父の隠し酒
おやじの隠し酒 001.JPG

初め 瓶にラベル等 何も貼っていない状態で持ってきて

「あれ? なんか もしかして ここでしか呑めない酒?」

なんて思っていたら おもむろにラベルを糊で貼っていました

意外にも メロンの様な吟醸香が仄かに

米のえぐみがしっかり そして すっきりとした甘みの旨口です

いかにも酒 って感じでした

ちなみにラベルの絵のオジサンは?

ご主人だそうです (^。^)y-.。o○

強面なのですが実は気さくで 結構話好きな方です

ナント韓国にも 金箔入りを輸出しているそうです (韓国用の紙パック)
P3170412.JPG

ちなみに ハゲ親父の隠し酒の裏ラベルには?

「40路半ばを過ぎた頃 楽しみといったら酒造りと酒飲みになってきました

物作りの原点は 消費者を意識しないものであり それでいて 人の心を打つものである

この様な観点から 道楽と思えるような酒を造ってみました

上品な芳香と えも言われぬ旨み わずかな甘味
 
そして酸味が程よく調和し まさに甘露という趣のお酒が出来上がりました

酒好きの友人知人に勧めましたところ

・・・一人隠し飲むべからず・・・ との有難い御言葉を頂き

今回の似顔絵ラベルにて お届けしようということになりました」

[37蔵]

nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

檜物屋 「福島県 二本松市」 [お酒]

明治7年創業

しらかわ にほんまつ 120.JPG

二本松駅から 徒歩5分くらいです

定番通り2本

千功成 純米酒
純米 001.JPG

なんともふくよかで 米を感じる呑み口

吟醸ではありませんが 完成度の高い一品です

千功成 純米吟醸
純米吟醸 002.JPG

こちらも ふくよかな呑み口

前述の純米を更に磨いた旨口で 吟醸香も仄かに香ります


ちなみに 千功成 (センコウナリ) という銘は

旧二本松藩主丹羽公の先の君主 太閤秀吉の “千成ひょうたん” にちなんで

千成と名付けたのが始まりで その後、千の功 (いさお) (手柄 勲功 功績)
 
が成るという意味から 「千功成」 となりました

だとか

お正月に 美味しいお酒を頂く事が出来ました


[36蔵]

nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

大谷忠吉本店 「福島県 白河市」 [お酒]

創業は明治12年 (1879年) 白河駅から徒歩7分ほど

しらかわ にほんまつ 047.JPG

この酒蔵は かの有名な詩人

萩原朔太郎の妻である 美津子さんの生家なんだとか

毎度同じ 2本

じゅんまいぎんじょう 白陽
はくよう ある日の夕飯 てんや 008.JPG

呑んだ瞬間 ちょっと甘酸っぱい そして とてもさっぱりとした呑み口

吟醸香も 仄かに香ります

ちなみに白陽とは?

「白」 河の太 「陽」 なんだとか (らしい)

純米吟醸にごり 白陽にごり
にごり 109.JPG

にごり と謳いながら 濁りはほんの微か

ちょいフルーティーな味と香り

ん? 梨 ???

微かな酸味が◎

ジャガバタと一緒に (^。^)
じゃがバター.JPG

私は ジャガイモを新聞紙に包みレンジで

♪ チン ♪

です


[35蔵」

あ! 私が訪れた蔵数です (忘れてしまう為 今回から記入することにしました)

nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

千駒酒造 「福島県 白河市」 [お酒]

創業は大正12年 (1924年)

しらかわ にほんまつ 048.JPG

白河駅から 徒歩10分くらいです

純米吟醸 千駒
さけ みやげ 003.JPG

なんとも まぁるい舌触り

さらっとした ほのかな甘みが (^^♪ そして ふくよかな吟醸香

白河産の五百万石を 100パーセント使用だとか

純米吟醸 びゃっこいの泉
さけ みやげ 013.JPG

なめらかな呑み口 そして すっきりした吟醸香

う~ん こちらも (*^^)v

ん? びゃっこいの泉って ???

「原料のお米は 北半球に白河市表郷にしかない珍しい植物

ビャッコイ が生息している 神秘的な湧水が下った田んぼで作っています」

だそうです


今回 びゃっこいの泉は さば缶を肴に呑んでみました
さけ みやげ 015.JPG

家中とはいえ 一昔前の角打ち? みたいで何とも (^v^) でした
 

ちなみに

白河市は 昔から馬市が盛んな城下町だったそうで

「いならぶ若駒の様に たくましくあれ」

千駒の名には そんな思いが込められているそうです



nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

吉井酒造 「栃木県 佐野市」 [お酒]

佐野厄除大師から徒歩5分

佐野駅からも 徒歩7~8分だそうです

さの 039.JPG

なんとも趣のある建物 創業は明治7年

建物内も かなり渋いのであります \(◎o◎)/
さの 038.JPG

いつも通り2本

江戸酵母を使った日本酒 久し振りです!
初戎 江戸酵母 001.JPG

明治時代 (1895年) に発見された

清酒の発酵を司る 清酒酵母を使ったお酒だそうです

けっこう酸味を感じる なんともどっしりした味

今風の流行りの すっきりではありませんが

濃い味の料理と合いそうです (でも 田中正造の絵が ???)

もう1本は?
初戎 はつえびす 008.JPG

精米歩合が70パーセントという事で ちょっと雑味が残っていて

そして ちと 酸味が強いですかね ○o。.

ラベルの絵が可愛い 佐野の酒蔵です
ぷちとろ 吉井 003.JPG
 

<本音>

江戸酵母仕込み 今まで2回ほど購入しましたが ???

私的には もう次は買いません ○o。.

クセ 強過ぎ・・・です !!!
 
nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行