So-net無料ブログ作成

ホイアン&ダナン 12 「ホイアン 昼の徘徊 1」 [ホイアン&ダナン 2017]

いよいよ というか やっとここでホイアン観光の話になります (遅っ””

ホテルのロビーで現地ガイドと待ち合わせ いざ!

まず向かったのは

ベトナム 156.JPG

ベトナム国営のシルク製品の店

あ! ホイアンの町中 放し飼いの犬が闊歩しているのであります !!!

実はホイアン シルクが有名なのだそう

日本語ペラペラの店員さんに案内され 実物の蚕や

(ベトナムの蚕が出す糸は金色 \(◎o◎)/)

蚕が出した糸を紡いだり 織る実演を見たりと少し勉強になります

ここで 土産を1品だけ購入しました
ホイアン土産 018.JPG

(写真は色褪せていますが 実際はもっと綺麗です)

絵ではありません シルクの刺繍製品なのであります
ベトナム 154.JPG

↑ こんな感じで縫っています ↑

小さいものでも数週間 大きいものは数ヶ月かかるそうです

なので価格は ベトナムにしてはビックリ料金? (詳細は後ほどブログに)

そしてここでは 民族衣装のアオザイや男性のスーツをオーダーメイド出来ます

出来るまで約半日ほど

翌日には 泊まっているホテルまで配達してくれるそうです (早過ぎでしょ””””””

シルク製品以外にも 民芸品や小物も販売しています
ベトナム 155.JPG

ちなみにこの店 商品は撮影禁止なのですがネットで検索すると

みなさん しっかりと商品を写して・・・ルールは守りましょう・・・ね !!!

ぷらぷらと町中を散策しながら 次の目的地に向かいます

ベトナム有数の観光地とあって土産屋や お洒落なカフェが軒を連ねます
ベトナム 157.JPG

ベトナム 158.JPG

ベトナム 159.JPG

ベトナム 160.JPG

ホイアンの町 所々に可愛い色の家が建っています

もしかしたら フランスの植民地の名残かなぁ? なんてイロイロ思いながらの徘徊

なんせベトナムは 中国の王朝 フランス 日本に次々侵略 そして植民地化され

最後はアメリカに 泥沼の戦争を体験させられている国ですから


さて続いては ホイアン最大の見所

Lai Vien Kieu 來遠橋 別名は日本橋 (1986年に修復)
ベトナム 162.JPG

橋の入り口
ベトナム 161.JPG

さすがに観光客で ごったがえしております

橋の中には寺院があります
ベトナム 164.JPG

日本人の建設と言われていますが
 
中国人やベトナム人と共同で造った との説もあります

下流から見た橋をもう一度
ベトナム 163.JPG

ガイドさんによると 下流から見て左側が中国人街 右側が日本人街 (うろ覚えです)

だったそうです (間違っていましたら m(__)m)

そして こちらは橋から下流を見た写真
ホイアン ダナン ブルー 096.JPG

すぐ先でトゥボン川と合流していますが この川の手前が旧市街

その川向こうは新市街 昔はベトナム人街だったとか

ちなみにベトナムの20000ドン紙幣の裏側には?
ドン 001.JPG

この橋が描かれています

そして 全ての紙幣の表側には?
ドン 002.JPG

建国の父 ホーチミンさん