So-net無料ブログ作成
検索選択

ぼくの伯父さんの休暇 [本 そして 時々映画? かな ???]

1952年フランス ジャック タチ監督 兼 主演

P6010008.JPG

とある夏の日

汽車に車にと ヴァカンスへ繰り出す人たち

のっぽな主人公のユロ氏もまた
 
♪ バタバタバタ ボンボンッ ♬

と壊れそうな音を出す 小さなボロ車で海辺を目指します

彼が泊まったリゾートホテルには 個性豊かな人々が!

(ちなみに ホテルのチョビハゲ支配人には笑えます ( ^^) _U~~ )

更に その個性豊かな人々を ユロ氏は引っ掻きまわしながら

この映画は とつとつと進みます

th.jpg

ラスト
 
皆が握手で別れの挨拶を交わす中 迷惑男のユロ氏のみ仲間はずれなのですが

彼とは 何故か波調が合うと思い込んでいる英国婦人と

おっかない奥さんの尻に敷かれながら 彼の様子を好ましく見つめていた

老紳士だけがそっと声をかけ 色々あった夏の休暇も終りを告げます


或る意味 日本の昭和初期 (事実 第二次世界大戦直後に作られた作品)

を彷彿させる 風刺も効いた おっとり笑えるフランス映画

時間に追われる今の日本人に ぜひ見て欲しい映画かも? です!


んでもって私 海に行って 波の音を聞くと?

テーマ曲の この音楽を時々ですが 思い出してしまいます

そして チャップリンにも多大な影響を与えた

thI8U5UW87.jpg

ジャック タチなのであります (^^)/

nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 8

コメント 2

濱の寅次郎

寅の観る映画とは抱腹絶倒とか痛快何んとかとか、切った張っただのそんなのばかりで文学作品とか推理、恐怖とかは観てないですね。
多分、シネ(死ぬ)マで観ないかも? 女房とは、まギャグ(逆)なんです
by 濱の寅次郎 (2017-06-09 17:09) 

けせらんぱさらん

濱の寅次郎さん

実は主人公のユロ氏
映画の中で喋るのは ホテルで自分の名前を言う時の一言だけ
或る意味 とても静かな映画なのであります

奥様とは真ギャグだという事ですが
抱腹絶倒 痛快 切った張った ではありませんが
シネマ迄には是非一度 ご覧下さいませ (^o^)丿
by けせらんぱさらん (2017-06-10 13:52) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: