So-net無料ブログ作成

四万たむら 水涌館766号室 「群馬県 四万温泉」 [お宿]

疲れているのか笑顔がまったく無い 研修生の仲居さんに案内され

私たちが通されたのは 水涌館の766号室
P5090812.JPG

766号室なので 7階の66号室だと思いますが大違い

7は建物 (水涌館) の番号で なので水涌館 (7) の6階の6号室 (?_?)

そして この766号室に来るまで

帳場 (緑の☆印) からロビーや食事処を通り木涌館へ
たむら建物.png

この木涌館のエレベーターで最上階に上がり 木涌館内を通り

更に連絡通路を通り水涌館 またエレベーターで6階に上がり

ほぼ最奥の部屋 (赤い☆印) が766号室

増築に増築を重ねたのでしょうか?
 
部屋番号といい 部屋の場所の分かり難さといい なんとも頭が (◎_◎;)

さて

部屋に入ると 細長い通路にガラス窓
P5080768.JPG

ガラスから見えるのは 何とも手入れのされていない坪庭が (@_@。ギョギョ

踏み込みを上がり
P5080769.JPG

左手に洗面所と
P5080809.JPG

お風呂
P5080810.JPG

部屋内から見ると こんな感じです
P5080811.JPG

バストイレは別々で
 
トイレ (ウォシュレット付き) は 踏み込みに入ってすぐの所にあります

部屋は 15畳ほどでしょうか
P5080770.JPG

窓が大きく取られ 明るく
P5080771.JPG

今の時期 新緑が奇麗でした (*^。^*)
P5080772.JPG

(下に目を向けると駐車場でしたが)

古さはかなり感じられますが
P5080773.JPG

部屋自体は 悪くありません (二部屋に分けても十分な広さ!)

ちなみに部屋置きのお菓子は
P5080774.JPG

甘い黒豆

nice!(11)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 11

コメント 4

濱の寅次郎

以前に四万温泉へ行った際にたむらの玄関先まで見学に行ったことがありましたがこんなにも大きく感じられませんでしたが奥が広いんですね。
たむら程の大規模な旅館になるとお風呂も多くて四万(暇)つぶしにはいいやねぇ~。
by 濱の寅次郎 (2017-05-16 20:33) 

けせらんぱさらん

濱の寅次郎さん

四万たむら なんか増築に増築を重ねたみたいで
宿泊する建物が3つ 金涌館 木涌館 水涌館があり かなり大きいです
まぁ普段 運動不足の人には 館内だけでもいい運動になるかも (^。^)

確かに お風呂だけでも7つあり 四万潰しになります
ん? 訛り過ぎ (笑”
by けせらんぱさらん (2017-05-16 21:20) 

ぼんぼちぼちぼち

そうそう、増築に増築を重ねて、部屋に行くにも食堂に行くにもえらい歩く旅館ってありやすよね。
あっしも昔そういうとこに泊まったことありやす(◎o◎)b
by ぼんぼちぼちぼち (2017-05-16 21:48) 

けせらんぱさらん

ぼんぼちぼちぼちさん

もしかしたら バブル期に奮発し過ぎちゃったのかも \(◎o◎)/ です!
なので ちょっとした所に手がまわらないのかもしれません ○o。.

でも宿泊料金 それなりにするので泊まる側としてみれば
設備 サービスは期待しちゃいますよね! ちょい残念な旅館です ●~*
by けせらんぱさらん (2017-05-16 22:04) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0