So-net無料ブログ作成
検索選択

四万たむら アプローチから帳場へ 「群馬県 四万温泉」 [お宿]

温泉街を徘徊後 今宵の宿に到着 (^o^)丿

P5080761.JPG

まずは田村坂がお出迎え
P5080762.JPG

芝桜や躑躅が咲いていて いい雰囲気~ ♬
P5080763.JPG

と言いたいところですが 足腰の弱った人には かなりキツイ坂道 ○o。.

短い距離とはいえ これから超高齢化社会になるのに送迎とか考えても・・・!

坂道の途中には?
P5080764.JPG

よろづや商店 ???

牛乳 サイダー ペプシコーラは分かりますが
P5080765.JPG

チーズにバター (?_?)

83歳のお袋も 無事入り口に到着
P5080766.JPG

天保五年 (1834年) に建てられた 入母屋造りで茅葺の玄関

この旅館のシンボル的存在

そして この旅館の元々の名前は
P5080767.JPG

賽陵館田村旅館なんだそう

たむらの祖

田村甚五郎清政が四万温泉に来たのは 室町時代の永禄六年 (1563年)

甚五郎清政は 山城として有名な吾妻の岩櫃城の

六代目城主 斉藤越前守基国に仕えていたとか

その年 武田勢に攻められ越後に逃れる時 四万山中に路を求めましたが

更に北上する城主の行先を守るため ここにとどまり追っ手を防ぐこととなり

やがてそのままこの地に土着し 四万川の中から湧出する温泉を発見して

湯宿を始めたのが四万温泉の始まり・・・

なんだとか

ちなみに岩櫃城
 
大河ドラマの真田丸を見ていた人は知っていると思いますが

四万温泉の近くです

さて 中に入りまして帳場付近
P5090831.JPG

こちらは上段の間
P5090829.JPG

五月なので? 五月人形が飾られています

それでは

まずは部屋で一休み (^。^)y-.。o○

nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 7

コメント 2

濱の寅次郎

四万温泉はいいよなぁ〜。田村、贅沢だよなぁ〜。
寅の聞いた話だと『国の始まりは大和の国でしまの始まりはあわじしま』って、何だったんだ。馬っ鹿だな〜 寅は ってか。
by 濱の寅次郎 (2017-05-15 19:27) 

けせらんぱさらん

濱の寅次郎さん

四万たむら旅館
良かったかどうかは これからのブログをお楽しみに (・ω・)ノ
四万温泉自体は静かで泉質も良く とても良い所だと思います

日本の島の始まり
伊邪那岐命 (イザナギノミコト) と伊邪那美命 (イザナミノミコト) が
空からアメノヌボコ (槍の様な鉾) を海に突き刺し 
出来たのがオノコロ島 これが最初らしいです
そしてその後 2人がまぐわって出来た 二人目の子供が淡島
これが淡路島になります
更に まぐわってまぐわってまぐわってまぐわって 出来たのが順番に
四国 隠岐の島 九州 壱岐島 対島 佐渡島 大倭豊秋津島 (本州)
なんだそうです そして島だけでなく たくさんの神様を産んだんだそうです

邇邇芸命 (ニニギノミコト) が
九州の高千穂に天孫降臨 (てんそんこうりん) し その曾孫の
磐余彦尊 (イワレヒコノミコト) が三本足の八咫烏に導かれ大和に入り
国を開いたとか そして最初の天皇 神武天皇になります
(間違っていたらゴメンナサイ m(__)m)

ちなみに八咫烏 日本サッカー協会のマークなのであります
by けせらんぱさらん (2017-05-16 16:55) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0